2007年11月17日 宇宙と地球を繋ぐ祈り

宇宙の意識時間軸の崩壊

宇宙空間に無限に存在している”時の流れ”を太陽暦・月(陰)暦・グレゴリオ暦・マヤ暦などのように、三次元に置き換えたさまざまな暦の意味は、 実は、「宇宙の次元ごとの時の流れ」を表しているものです。この”時”というあらゆる次元との繋がりを示すものさしは、2007年3月12日に地球の核を開けた事で地球が宇宙の中心の光の星になり、宇宙空間すべての”時(次元)”のチャンネルにつながる”時の責任”を人間が持つことになりました。しかし、 現状の地球の状態を見てもわかるとおり、このままの人間の集合意識では、2009年1月11日から 始まる”宇宙全体の縮小”をくい止めることができません。この ”宇宙全体の縮小” とは、地球を含めた宇宙全体の星と宇宙空間の消滅 を意味しています。

祈りの目的と意味

未来を創る大切な子供たちの命を守るためにも、地球全体の愛と調和の波動を上げるために、過去から人間が犯してきた全ての罪を許し、大きな愛で全てのことを受け止め育むためにも、私達一人一人の意識を ”ひとつ” に合わせることが、今、とても重要なことになっています。この地球という大きな生命体の意識に大きく影響している人間の ”集合意識” を、歓びへと変化させるためには、一人一人 がこの地球を、そして、すべての宇宙空間を自分が守るという強い意識を持ち、祈りという集合意識のなかで宣言することが、全てを分離させた要素である”個”という概念を超える ことができます。


この祈りの目的は、私達人間の本質に眠っている”もともとひとつ”という集合意識を想い出すキッカケ とし、それが大きな愛の光エネルギーとなって宇宙空間に広がり、宇宙のすみずみまで届いたときに、この全地球を守っている宇宙のすべての神々と意識が重なりあいます。 これは本来、人間の意識が、「愛そのもの」であることを想い出すことを目的としながら、地球を守るために生まれてきているたくさんの地球の子供達に注ぐ光のエネルギー の祈りとしてご理解いただいて祈りにご参加下さることをお願いいたします。


「日本は、世界の雛形」と呼ばれる理由のとおり、日本に生まれた皆様の意識が集うことで、新しい世界の意識を生み出すことができるのです。日本人に生まれた意味を思い出すためにも、どうぞ、あなたの行動をこの祈りから始めてください。なおこの祈りは、宗教・民族・国家の違いを すべて問わず、地球に存在するすべての人間を対象として呼びかけています。どうぞ、あなたの知人へへ、”宇宙と地球をつなぐ祈り”の情報を お伝え下さい。

祈りの時間(龍球王国発祥の地 沖縄の満潮時間)



2007年11月17日(土) 
昼食時間 午後12:10分 ~ 37分間

祈りの場所

あなた自身が祈りをささげたいと感じる場所で祈ってください。お仲間と集うことも、一人で部屋で行うことも、形式を問わず、すべて は、あなた自身の魂の祈りとして行ってください。沖縄各地と北海道の各地では、神人たちや一般の方々が、島の岬の先端に立 って、その島のエネルギーをつなぐ祈りを行います。

日本全国の祈り

※日本全国でこの祈りに参加して下さった方の場所をポイントしています。

祈りの言葉

※強制はいたしませんが、お願い事は一切せず、次の言葉を唱えて、感謝の祈りのみを繰り返してください。


「すべての存在が、宇宙と一体になりますことを感謝いたします」「そして、私がこの地球を守ります」 「ありがとうございます」「ありがとうございます」「ありがとうございます」

宇宙メッセージ

『皆様の本日の祈りによって、宇宙と地球の時間軸のつながりは、正しくつながりを復活することができました。これにより、この全ての次元をつなぐ時間軸を守る責任と役目が、人間の役目となり、その責任はとても大きなものになりました。この”完全自己循環エネルギーによって、すべての責任を自らが問われる世界は、あなたたち人間が、本当に何を望むかで決まります。どうぞ、その血の証を、明日の日の出と共に宣言して下さい。2007.11.17



2007年11月18日 日の出祈り 

皆様の宣言、確かに受け取りました。これからの地球と全宇宙の未来は、皆様一人一人の意志と責任とともに、私たち神々、そして、宇宙すべてを守護する存在たちの意志と同じくなり、その目的を果たすために共に働きます。すべての人間の意識が”ひとつ”となりますことを心より願っています。ありがとうございます。2007.11.18