スピリチュアル大学校

Spiritual college


設立趣旨

2016年1月からスタートするスピリチュアル大学校の基本的な考え方は、「吉岡学」という個人が、2002年に受け取った啓示「地球創生」の実現のために、今日まで日本全国で行っているセッションや勉強会、神事ワークを通じて、多くの人たちの共感を得ながら、人間の生き方や考え方を神や先祖の視点から学ぶ体験型の活動に基づいています。

世界のスピリチュアルリーダーとして、21世紀の新しい意識の方向性を世界へ伝える役目を持つ日本人の目覚めのために、新しく「学問」として精神世界や宗教で学んだ概念を、誰もが理解出来る段階へ引き上げる必要があるからこそ、これまでにない全く新しい目的で「スピリチュアル大学校」を設立いたしました。

現実に起きている問題をどのような視点で考えると道が開けるのか、人間同士の愚かな争いを見守る神々の視点はどのような思いなのか、私たち日本人が今、気づかなければいけないことは何なのか?

過去に経験した思いに囚われてしまう人間の習性を超える新しい愛の創造のために、歴史の考え方や起きていることの多面的な考え方を身につけて、「自らが生きることを喜び」にし、「生きることを喜びにできる人たち」をはぐくみ、育てる人材が、今、求められてるからこそ、日本国家を作り上げた人たちの思いを正しく学び、新しい時代を生きる強い心と考え方を身につける学校として開校いたします。

インターネットを使ったライブ授業ですので、世界中のどんな場所からでも同じように学ぶことができますので、第1期生として参加される皆様の行動が、未来につながることを心から祈り、共に、地球を救う仲間として学びたいと思っています。


目的

◎希望溢れる平和な世の中にするために、社会貢献できる人材を育成します。

◎地球創生活動の継続のため同志を育て、魂を継承します。

◎精神世界全体を引き上げ、科学や宗教の概念を超える新しい「学問」を確立します。


吉岡学のスピリチュアル大学校設立の思い

①これまで吉岡と共に活動し、深い学びを受け取り、生き方が変化したからこそ、後続者を導き、職業として活かす側(ステージ)に立つべき仲間がいます。 さらに多数の精鋭が参入し、優秀な人材を育成することが地球創生 1000 年プロジェクトの急務なのです。

②吉岡学が神との対話、神事で得た叡智を体系化し、生きた内容を厳選して教授します。既存のスピリチュアリズムでは得られない真実を伝えてきたことは、既に多くの方にご理解いただいているところですが、今後は更に吉岡学の 神の視点を明確にし、大もとから創造する真の学問を開示します。 (例:初級クラス「人神学」「自然神学」「宇宙神学」「人間関係修復論」)

③本学生の力を社会で発揮することを目的とした実践的な大学にします。