• スピリチュアル最高峰の学校、上級クラス始動!

受講者の感想

Voice

受講者の感想

ご覧になりたいクラスをクリックしてご覧ください。

image
40代女性(東京都出身)
初級クラス受講者

何故宇宙が出来たのか、何故今日本なのか、それぞれの生きている意味は何なのか…。知りたいけれど、本当のことを言っている人がわかりませんでした。勉強会に参加した時に吉岡さんはすべてを知っている人だと感じスピリチュアル大学校の参加を決めました。
宇宙神学については自分がアカシックを受ける前と後では感覚が全く違っていました。アカシックを受ける前は自分と他の人とは違うという見方でしたが、受けた後は全て自分事の様に聞こえていました。
皆で瞑想できたのはとても気持ち良かったし、単独で瞑想だけのセミナーがあったらまた参加したいです。ろうそくの火、森や木などの繋がり方はすぐに実践できることだったので、続けてやってみたいと思います。

image
40代女性(埼玉県出身)
初級クラス受講者

人間も全てのものの一部にしかすぎないのだという事。
日本のこの時代に生きている意味。男性社会と男性の脳の仕組み(本能)→男の人は子供と同じと思って接していたら”うつ”が改善されて来ました。
半年間ありがとうございました。体調を崩されながら全国で講義をしてくださっているお姿は講義の内容はもちろんの事、その行動されていること自体に感動と感謝と、そういった気持ちでいっぱいになりました。仕事でも家庭でも、少し自分が変わったせいか、特に家族の健康面で実感します。自分の思いと行動が知らない間に、いつのまにか周りに影響を与えているのだなぁと。だからこそ素敵な自分と日本と未来を思い描く重要さを日々思っています。

image
40代女性(北海道出身)
初級クラス受講者

◉宇宙神学 「マスターは何故存在したのか?」と思っていましたが、マスターも同じことを考えていたことが宇宙神学でわかったことが印象深かった。プレアデスの過去の歴史や水星、金星などからの転生の理由がわかりすっきりした。
◉自然神学 実践ワークの自然の中へ入る時、必ず下の方からご挨拶する。角ばった石は波動が荒い。丸く整った石は波動が柔らかい。神気を浴びると木の皮が曲がって伸びてくる。太くなる。いちばん太い木を切ってしまうと山が死んでしまう。木や石に触れゆっくり呼吸し、その物と意識を合わせる。(ふっと心に感じたことがメッセージ)ということが知れて良かった。できれば実際に各内容の実践ワークがしてみたかった。周波数の意味をふに落とせずにいましたが、人格神、自然神、宇宙神の周波数の違いや地球上で人がいちばん使っている鉱物が鉄で、人間の中にも鉄があるので、共鳴させることができる。同じものを持ってる同士は通信できる。同じ周波数。という説明で少しわかってきました。ただ、これで良いのか?実践で確認ができるといいなと思った。
◉人神学 何故、古墳は鍵穴のような形をしているのか?小学生の頃から不思議に思っていましたが、その理由がわかりました。宗像三女神の本当の意味が衝撃でしたが複雑すぎて、自分の理解をいったん確認できる場があればよいな〜と思いました。あまり神様の名前を覚えるのは得意なほうではないので五、六の回はたくさんの方々の名前がでてきて歴史がありすぎて頭の中がごっちゃになってきました。何度も聞いてなんとなくはわかってきました。後半は大巫女達の思いが重く感じてズシーンときました。
◉人間関係修復学 人間関係修復学がいちばんリアルで面白かった。学んでよかったと思う内容は全部。親という絶対存在の学び。兄弟という相対の他人の学び。男女も絶対と相対の学びがありそれらが根底にあるということ。人間関係で一番大事なことは自分が思う社会性と社会があなたを大事にしたい社会性とのズレを正しく知ること。どの場所において、どういう位置にいるかによって立ち位置を柔軟に変えると人との関係も変わっていくというところ。自分が思う狭くてガチガチな社会性を修正できたり、柔軟に、立ち位置を考えるようになった。完全とは不完全を含んでいる。過去は変えられないが今の自分のこだわりや考え方を変えられれば、今後の体験することは変わっていく。思考、視点、とらわれを外すこと。日々実行中です。最も印象に残った内容は病気・ケガ・事故で健康を損なった人は気づくチャンスと思え。というところ。ただいま真っ最中なので◎突然ストップかかるのは足も心も止めて考えろ!ということ。◎恩返しのため今学んでいるんだな。◎生きて戻れたのは何かしなきゃいけないことがあるんだな。これらは本当に理解できました。

image
40代女性(愛知県出身)
初級クラス受講者

◉宇宙神学 マスターの意思により無から有になり始まったということ。星のカルマをずっと繰り返ししているということ意思をもつ大切さ。マスターの思い、母の思い、女性が意思を持って創造していくことが大切なことだと学びましたありがとうございます
◉自然神学 自然 太陽 月 動物などすべてにテレパシーで繋がり影響し合って生きているということを知りました。火水風大地のエネルギーは陰陽合わさって循環していることを知り、人間も自然と共にすべてを受け入れてエネルギーを感じ読み取って創造していくんだということを学びました
◉人神学 大巫女様たちの思い、神功皇后、応仁天皇、竹内宿禰やたくさんのご先祖様たちのすべてを受け入れ大切なものを守るため大きな思いに感銘しました自分が今ここにいることすべてに感謝しかありませんありがとうございます
◉人間関係修復学 男女は根本的な本能が違うということを知りました。本能と理性をコントロールしていきバランスをとることの大切さや自然界に人間が認められること。地球が人間を認めてくれるか本能を生前説で考えられるかが大事であり、過去を越えるために生まれてきたと学びましたありがとうございます

image
50代男性(愛知県出身)
初級クラス受講者

◉宇宙神学 宇宙神学とは、このスピ大に学ぶにあたり、一番未知の分野でありました。4次元・5次元・6次元・・・とあるとは知っていました。5次元があの世であるとは知っていましたが、その上の次元について学べた事は大変光栄です。特にマスターの存在についてが大変興味深い。マスターが生まれた。なにも無い漆黒の闇の中に突然生まれた。マスターは自分が何者か何なのか?を知りたくて、その後マスターが望んだ。すると、0のマスターが生まれた。意識のない自分のコピーである。その後、マスターは0の自分のコピーが1になる様に望むとコピーは1になった。そのコピーは沢山増えたが全部同じ自分。そこで変えたいと望んだ。進化。そうしたら、1から1 が生まれた。そして更に望んだ。すると1 から1 が生まれ1が生まれ増えた。そうやって変化・進化して行った。沢山増えたが漆黒の闇の世界である。マスターは漆黒のその宇宙でそのコピー達を見たいと望んだ。それが物質化して星となった。というくだりは非常に興味深く思いました。宇宙はイメージの世界であり、思考の世界であり、情報の世界とは聞いていた。望めばそれが現実になる。そう聞いてはいた。マスターが望んだ物が生まれたという事は、それが人間の思考のパターンなんだ。これがその本質なんだと知らされた。宇宙のカルマ。2度の大きな宇宙戦争、宇宙連合の存在。昴プレアデスに王族がいた。その王族はマスターの申し子を生む家系でそれを守る種族であった。プレアデスには父星と母星があった。2度目の戦争の時、同族同士の戦争だった為、母がマスターの申し子の女の子を連れて誰も知らない星に隠した。それが地球。これは、とっても驚愕でした。そして、マスターの申し子が地球の核に入った事により、地球はマスターと同じ意味となり、0と1を持つ星となった。地球は新たに始められる事が出来る希望の星である。愛と喜びを発信する星。希望の星である。宇宙のカルマを解消し愛に変えることが出来るリセット出来る希望の星である。私達地球に生まれてきた魂はその役目がある。これが最も素晴らしい地球の役目である。そして日本人は最も選ばれた魂の人達である。そして、地球がこの宇宙の存続の最後の砦であると判った。有機物と無機物との関係。有機物は有機物同士で振動し通信できる。そして無機物(鉱物)とも通信が出来る。実際に自分でやってみたが、少し判る気がした。月は地球を守っている存在で、命を生みだすシステムのもっとも大事な物。植物が夜に根を生やし発芽するように、夜の闇と月のエネルギーがそれに作用している。命を生みだす循環のエネルギー永遠の力である。一番大事なものである。それは回転する力が生みだす。意識は反物質である。無限で可能性のある反物質エネルギーが私達の意識だと理解します。人の意識が、物と物、物と人、見えるものと見えないものを繋ぐ大切なカギだから、人に喜ばれる意識を持ち、人と人を結び共有しあい、愛へと進化し未来を作ると学んだ。心地よい同じ意識の仲間と共有し合い、自分という概念の違いを認め合い学び合う。創造と破壊はセット。古い星が破壊され新しい星が出来る様に。自然の摂理。ならば、創造するとはなんぞや?それはわくわくしている事。考えずわくわくしていると創造される。人間の愛の創造は宇宙の調和にも繋がっている。私達人間は無限の創造の力を与えられているからこそ、浄化とリセットの意味でブラックホールという物がある。忌わしい思いや記憶はブラックホールで浄化される。ブラックホールは愛の存在である。パラレルワールドとは、並行して存在している。ハチの巣の様に並び隣接している。核分裂と良く似ている。元は同じ宇宙のコピーであっても、一から進化をそれぞれに行わされているから、同じであっても同じでない進化をした宇宙である。その宇宙に我々は移る事はでいない。他の宇宙・並行宇宙はバックアップシステムである。そして、我々の宇宙がもしダメなら消滅させられてしまう。とてもショックの真実でした。
◉自然神学 神の種類?というか?それを分けて考えた事は無く、一色たんに考えていました。その根本を教えられました。人格神といえば、その字からするに過去の生きた人の魂の神という事は想像は出来ましたが、龍を代表に木々や山などの自然に宿る神々の事は、判ってはいたが自然神という考え方をした事がなく、只神!とだけでした。宇宙神!これは宇宙人?なんて勘違いもする程であり、その意味は全然判っていませんでした。ですから、この自然神学については、面白く学べる事が出来ました。自然のものには全て波動がある。すべて原子・電子・素粒子が動き振動をしている。それが神であるともいえる。オーリングの事は現在活用中です。食べ物を持ってそれが自分に必要なものかどうか調べています。地元の友人にもオーリングを奨めています。エネルギー=周波数=音(香り)である。山も木も動物も川(水)も全て連動している。石ころが山の一部でもあり、木は山を守り山の一番古い大きな木が主である。木同士は全て土の中から通信しあっている。全ては波動により繋がっている事。意識がすべてにあるという事を学んだ。そして、自分なりに実践し、木と対話したり、石と対話したりとやってみた。なんとかその対話は出来たと思います。ありがとうございます。
◉人神学 人神学で言われていた天照の事も、三種の神器の事も、大巫女達の事も、天皇家の事に関しても、知らない知識、または、知っていたが意味を間違えていたものなどがあり、それらを正しく学べた事は大変嬉しく思います。特に大巫女達の事は衝撃的でした。歴史上にアカデミック方面から考えると到底知らされる事のない事実であり、これは吉岡氏がサニワをして導き出せないと出てこない本当の歴史であるはずです。遥か遠い西の国でマスターから受けた啓示を受け、大巫女達の思いは、あらゆる生命を循環であり、神の概念を正しく伝える事でもあり、その精神世界の正しい統一国家を造る事である事。宇宙のカルマを解消するためもあり、その希望の国家を東の果てに造る事であったという事。また、日本国内でも多くの巫女達が犠牲となっても守ろうとした神の概念。その事に感服いたしました。地球は希望の星、宇宙のカルマを解消する為の大切な星。そして、その地球の日本が最終的目的の地であるから、大巫女達は東へ東へと移動した。民族も移動した。だから、この日本は、世界で特別な国であり、天に繋がり祈る天皇がいるからこそ国民は精神性も高い国となっている。今、日本人はそのリーダー的存在として進まなければならない。生まれようと思っていても、生まれる事が出来ないこの日本に生まれる事が出来た私達は、これからの人生を世の為人の為に役立て、リーダーシップを取って行く必要があるのではと考えさせられました。天皇を崇め、国を愛し、人を愛し、神の存在の意味が判ったようです。
◉人間関係修復学 人間関係修復学で一番印象に残ったのは、権限委譲です。リーダーが信頼を前提として誰かに責任ある立場を託す事であり、会社では課長や部長の役職になることであり、家族では親が子に全てを託す事と同じである。夫婦や恋人のおいても最初の頃の立場を変更して、新しい関係にする時も同じである。それまで守っていたルール・位置・役目を変える事、これを権限委譲という。これはとっても大事なことであり、家庭においては普段の生活において、時間の流れにより自然に移り変わるが、この事についてあいまいにせず深く考えておくべきだと痛感した。会社においても権限委譲は大切であり、リーダーがそれをうまくこなす事は大事である。人を育成する立場の人は、この権限委譲をうまく使いこなす事が出来たならば、有能なリーダーと判断される。その代表が沖縄のおばーたちである。沖縄のおばー達が何故子供の数よりも孫の数を言うかと言うと、それは自立をさせた実績があるという事。そして社会において、自分の守るべきものをしっかり作らせたという事になるからである。沖縄の女性たちの価値観は社会性である。個や女性ではない。会社にとっての権限委譲とは、その人の特異性と総合力が全体に貢献出来るかを見極め委譲することである。セックスは、苦しみや悲しみや魂の思いを浄化や男女のエネルギー交換の方法であり、愛に転換する方法である。また先祖の思いやエネルギーの交換でもある。完全である女性が不完全さを悟り、その不完全さを埋める為に男性との交わりのよって、新しい愛の創造と進化が出来るのである。だからこそ、人間のセックスは魂記憶の浄化と進化の為の愛の創造の方法である。という考え方が興味深く思いました。

image
50代男性(三重県出身)
初級クラス受講者

これまでの吉岡神事で行われてきたことの内容がよくわかった

image
40代女性(兵庫県出身)
初級クラス受講者

私の中で、点と点が繋がりました。ありがとうございます。
実践したい事 天皇家の想いを大切のしていきたいと思います

image
50代女性(京都出身)
初級クラス受講者

時系列ってT史を整理しながら、教えてもらったのが一番でしたが、正直に言うと講義が始まった時からあまりに大きなエネルギーが身体を包み込み浮き上がりそうでした。ほとんど思考停止状態
すみません、頭が全く動きません、まったく!手足がジンジン、頭は膨張しまくっています。異次元に居る感じ!

image
50代女性(大阪府出身)
初級クラス受講者

古事記は真実を知りたかった。神とは何か知りたかった。アカシックを受けて受講を決意
内容は、大変良かった。ここ数回の総まとめのようである。なのでとても素直に頭に入った。
UFOの真実。天皇の大切さ・大巫女たちの想いを大切に受け止めて祈っていきたい

image
40代女性(広島県出身)
初級クラス受講者

ちょっと難しい💦部分が私には…ありました。が…後になり、理解出来るようになるのかな…とも思いますので、まとめて頂きありがとうございます。
日本人に生まれた意味、改めて…考える機会になりました。天皇家についてもう少し(もっと…)知りたいと思いました。

image
40代女性(愛知県出身)
初級クラス受講者

雨の中でも光を感じられるし、多くの母の大木の中に男性の存在が感じられ、人のバランスもそうなのかなぁと、役割で半々だと思いました。
実践指定きたことは、"両方感じる" 例えば引き立っているものと引き立たせているもの。活かしあい。大きな木にはありがとうだけ言います。

image
50代女性(愛知県出身)
初級クラス受講者

自然界から頂くばかりではなく自分が自然界に出来る事があるか知りたかった。受講し、自然界からも出迎えの準備がなされていたことを強く感じました。
山に入る時の心構えをしっかり実践していきたい
今回はご神気の高い場所に行きましたが、壊れている場所に入った時の対処方法(お詫びなど)出来ることがあれば知りたい。

image
50代女性(愛知出身)
初級クラス受講者

自然界の様々な形(岩、木々、空、雲、風、空気、香、陰陽、産み出し、龍、木霊、精霊、等)とそのエネルギーを体感、感応(官能)することで、自然界と地球への感謝、またあ自分との繋がりを感じ取ることをワークとして学びたかった。そしてその体験を他の人にも伝えていく為に、吉岡さんがどのように動き、感じ取り、どのように私たちに伝えるのかも学びたかった。
内容も大変良かった。前回に続き、この日もしとしと雨模様でしたが、龍王(吉岡さん)と龍番(愛知メンバー)が揃えばいつものこと。晴天もいいけれど、しっとりしたお天気も私は好きです。森の精霊たちや、木々の息吹を感じられ、自然神のご神気が溢れていました。特に今回は、優しい女性性、母のエネルギーを多く感じました。砥鹿神社奥宮が鎮座されます本宮山は、人神と自然神、そして宇宙神も感じられる、とてもエネルギーの高い山。この山を見つけ、神のエネルギーを下して下さった先人たちに感謝いたします。近くにこんな素晴らしい場所があり、今も守られていることがとても嬉しく、ありがたく思います。こちらの来られる方がいらっしゃっるなら、喜んでご案内させていただきます。吉岡さんから学んだすべてのことと、ちょっぴり私の甘いスパイスを入れて、楽しく感応(官能)し、神々さま、みなさまと戯れたいと思います。
自然界へのお詫びと場のエネルギーの整えを実践していきたい。
吉岡さん、半年間のスピ大講義と実践ワーク、本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。後世に残るスバラシイ内容です。この学びを、必要としている人達へ伝えていきたいと思います。それはもう始まっています。喜びを感じています。ありがとうございます。

image
30代男性(滋賀県出身)
初級クラス受講者

神様に「お前は日本を守れ」と言われ、どのように守ればよいのか全く分からず、吉岡さんにお会いさせて頂き、お誘い頂き、大学にいれば分かると思い参加させていただきました。
内容についても、大変良かったです。こんなに山からのエネルギーが出ていて、そのエネルギーを自分のたくさん頂いていている事が初めて知れ、感謝する事が出来ました。木々や岩、ほんとに1つ1つが生きていて、山々にエネルギーを放出し、子供の山々に伝わっている。自然の摂理循環を肌で感じさせていただき、すごく愛を感じる事が出来ました。
自然の母の山からの愛あるハートを頂いてことです。2つの山で頂きましたが、山を降りてもどこにいても自分の周りにある草木から自分にいつもエネルギーを出していただいていることに気づき、大地からもエネルギーを頂き、感謝を木、大地などに自然と伝える様になり、その反応を自然がまた返してきてくれる。すごく循環している事に感動しています。心が大きく、優しくなれています。
自然の中で、陰陽五行も少し理解することが出来ました。

image
50代女性(神奈川県出身)
初級クラス受講者

ブログを読んでもっと理解する為に基礎から学びたいと思いました。
とても強力なエネルギーを感じていましたが、自分にはそれをきちんと受け取れる力が身についていないのかなと思いました。まだまだ左脳で考える習慣から抜け出せていないようです。
皆さんと手を繋いでエネルギーを回したり、増幅増大させたりすることを実践していきたい。

image
30代女性(千葉県出身)
初級クラス受講者

これまで神世の世界、神社仏閣に興味がなかったのですが、去年、自分の土地の事を調べ始めたのを機に神の世界や歴史に興味を持ち始め、これまでに見た夢や、調べながらさらに夢やメッセージを繋がるようになりました。ただ調べて行くうちに、真実を言われている情報が混乱していき、正しい情報を知りたいと思ったのが、参加の動機です。
アカシックを受けた方々の壮大な宇宙の記憶に繋がり、今ここに、この地球で、同じ場所で、その情報を共有している事。その奇跡がまずすごい体験で、アカシックを読み上げている時、場の空気が変わっていき、溶け合っていくのを感じました。最後は昇華したエネルギーがアクアとなり、グランブルーの海の中で再生していくイメージが広がりました。
個人のアカシックですが、情報を共有する事に大きな意味を感じました。共通の認識を持つ事、これが個人から全体へ意識が変化し、進化への流れを作っていくのだと思います。個人のカルマも公開する事と、周りがうけ止める事で解放に繋がり、地球も軽くなり、シフトしやすくなるのではと思います。
3回目のアカシック体験ワークも期待しております。宇宙神学も、こういった体験型ワークが他にもあったら良いなと思います。

image
40代女性(東京都出身)
初級クラス受講者

人ななぜ存在し、何のために生きるのか? 人間を中心にここまで高度に発達した世界。 全ては進化の過程の偶然のたまものなのか? 人間の存在、人間を取り巻く世界そのものが不思議でたまらなかった日々。
ダーウィンの進化論の説明だけではどうしても納得できず、30年以上も疑問を抱き続けてきた私ですが、この講座を得て自分では絶対に知り得ることのなかった情報を教えていただきました。
「宇宙の始まり」「人間誕生のわけ」 そのすさまじい真実を知れただけで正直「元が取れた!」と思ったほどですが、実際にはその何十倍にも匹敵する壮大な情報(宇宙の歴史、宇宙を通した自然界の摂理・人間のあり方)を体系的に教えていただけました。
この講座は人間・自然・宇宙の摂理を知るための講座。この講座を受講するかしないかで、生きる意味も世界も180度変わります。(180度というよりは360度。一回周って生まれ変わるくらいな内容です)講座で学んだ内容全ては、人生の財産、生きる上での大切な指針です。
素晴らしい情報を世に出していただき、本当にありがとうございます。

image
40代女性(大阪府出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 以前より思っていた、子供の育て方は難しいということ。自分がいかに歪んでいたかを実感しました。他人との違いを学ぶということを知らずに生きてきました。他人との関係で自分が快、不快どちらを感じるかという方向で生きてきたのかもしれません。社会で通用しない、自分の役割もわからない。ルールに沿って生きてきて真面目と言われ、いつからかルールなんてと思うも、やはり社会のルールに則ることことは大事。自分が沿ってきたルールは自分の家、私のルールだったのだなと思いました。もう一度、受講したいなと思います。
◉人類進化学 エジプト、アトランティス、マヤに興味がずっとありました。大変興味深く、楽しく受講できました。
◉読み取り学 理解したようで、出来ていないのかもしれないと思いまが、何か変わったかなと感じます。読み取るということは難しいです。近所でこちらの生活状態を読む人らがいるので、感じが悪いのですが、それは読み取るひとにとったら自然なこと、難しくないことであり、こちらが気にせず、恥ずかしくない生き方をしていたらいいのかもしれなくて、また、読み取られることを引き寄せたのも自分なのかなと思います。自分次第ということをより実感できました。本当に何か軽くなった気がします。ありがとうございました。  

image
50代女性(大阪府出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 今回の授業の中で一番難しい科目でしたが、学んで良かった事は以下の事が分かった事です。☆指導者としての自分の立ち位置を認識し、ブレずに居る。☆認識したら自信を持つ。☆報告、連絡、相談が必須な土台。☆常に広い視野で、相手が1人でも数人でも、全て1つの輪の中に居る事を忘れない。☆自分が迷い困った時は信頼する先輩に 相談する。指導者としての基本的な事を学べたと思います。この基本が大切なのだと思いました。
◉人類進化学 今回は、初級の人神学で学んだ事の中で、より細かく深く学ぶ授業が多かったです。 その中でも第6回の、全て意識は繋がっている。と言う言葉を聞いた時、目が開いた感覚になり心に広がりました。1番知るべき事であり心に落として置くべき事です。何故なら、だからこうだよと繋がるからです。伝えていきたいと思いました。そして、何千年も変わらない、全ての愛を進化させなくてはいけないと思いました。
◉読み取り学 読み取り学とは、聞こえる見える感じる事の勉強かと思っていました。どの授業も、そうでは無くて現実に起こる事の意味や対応で面白かったです。読み取りとは、起こった事を自分の心で判断してみる。そして行動する。自分が出来ない問題なら(土地の因縁など)出来る人にお願いする。その為に必要な事は、自分が完全な愛になる事。そうであると信じる事。そうなると、愛が欲しかったと手繰り寄せ無くても繋がる全てが愛に変わるからだと分かりました。自分自身を読み取る事が出来てこそ、他の人を愛で包めるのだと分かりました。愛と言う言葉を照れたり恥ずかしがる人が多いと思いますが、どんどん伝えていきたいと思います。この授業の根底にあるのが愛だと分かったからです

image
40代女性(京都府出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 これまで、こどもを尊重するということと、自由にやらせる、ということの違いが曖昧でしたが、学べました。周りと協調すること、マナー、ルールを守ること、困った時は助けてと言う、違いを認めた上で自分の意見をもつことなど、社会に出たときに困らないように伝えていってやりたいです。入りたい会社がないと就活もしませんでしたが、会社に求められているものもわかっていませんでしたし、まさに自分がこの世代の1人なのだと自覚しました。父、主人はこの社会の中で生きてきてのだと感謝の思いがわきました。リーダー、親が広い価値観を持つことが仲間や家族に影響を与えるということ。楽しみ歓びだけが苦しさを乗り越えられるということ。ありがとうございました

image
40代女性(兵庫県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 本当に「人が一人を育てる」と日々実感してます。いつもこの講座で学んだ事が役に立ち、アウトプット出来る状態に感謝でした。実践していくたびに心も穏やかになっていくのがわかります。体験からしか学べないということ。人とのコミニュケーションや社会のルールなど、多くの事から学ばさせて頂いている事に・・また改めて気が付かされ、周りにいる人達の存在がどれだけ大切かに気づかされた内容でもありました。相対関係の学びなど、視点を変えていく大切さなど勉強させて頂きました事を肝に入れながら、歩んでいきます。指導者養成学も本当にありがとうございます。
◉人類進化学 何もない宇宙の始りから感じたのは、一人では何も成し遂げれない、喜びも悲しみも美しさも分からない‥。だからこそ全てが必要であり、たくさんの人々と一緒に生きていく必要性やまたあらゆる存在達と一緒に体験から感じたり学ぶからこそ、繋がりを持って生きていく大切さを思いました。そして命より大切なものや、日本人達は自分のためだけに生きない、喜びと希望を持ってバランスよく進化していく事が大切だという事に気付かされました。また、ほんの小さなミスが、想定外の大きなダメージが起きる、という内容に、魂が響きわたりました。今、また改めて視聴して感じた事ですが、本当に凄くて深いを教えていただき学んだのだな~と奥深さを感じてます。私自身の進化、もっともっと楽しみたいと思います。全てにありがとうございます。
◉読み取り学 読み取り学では、全ての思いを(良い悪い・好き嫌い)で判断せずに、自分の視点や思考パターンに捕らわれず、全てそのまま受入れる事の大切さを思いました。その練習をしていく必要性を凄く感じてます。また全ては自分次第、誰のせいでもなく、自分が変わっていく事で環境や回りがドンドン良くなって行くことも、そうだと思う日々です。ご先祖さまの思い、土地の思いにも意識しながら、また私の喜びも大切にしながら共に進んで行きたいと思います。出会う全ての人達に感謝します。一緒に学べる事に喜びに気付いた私にもありがとうございます。

image
30代女性(埼玉出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 講座拝見しました。指導者養成講座との事で、自分は指導者という器では無いし、特定の方やそれを学びたい人が学ぶものかと思っていました。講座を見て、逆に今、1番自分には大事な学びだと思いました。私自身は、それぞれの立場や位置、役割が理解出来た事で、まだまだ自分の中に沢山有ったタガが外れていくかのようでした。家庭でのルール作りをする。社会のルールなど、家庭の中の環境がとても大切な事なのが理解出来ました。この学びを家庭に生かしていきます。ありがとうございます。
◉人類進化学 「知れて良かった」この一言に尽きますが、2回目のエジプトの話しでは、涙が溢れていました。愚かだった母が、最後に我が子へ毒を飲ませた事、全てを知りながらそれを受け入れたツタンカーメン。胸が詰まりました。また、ムーやアトランティスの話しでは、そんな感じで沈んでいったのかと思いました。変化し、進化し変わっていく自分を何よりも自分が信じてやっていきます!「喜びの設定をすること」「自分中の設定を変えること」なんかますます楽しくなってきました!意識は全て繋がっている。人類進化学の最後の学び、とても勉強になりました!ありがとうございます!
◉読み取り学 スピリチュアル中級と言うことで、すごく難しいイメージでしたが、難しく考えていた自分の中の疑問を一つ一つ丁寧に教えて下さった講座でした!どれもすぐに実践したりもしますと、とても変化が目の前に現れるものばかりでした^^体感ワークの動画にも感動しました!やはり最後のインナーチャイルドの最後のあたりにふと、「傷の修復」と出てきたので、これから、自分もインナーチャイルドのノートを作成して、やってみます。中級読み取り学クラスとても楽しかったです!ありがとうございます!

image
50代女性(愛知県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 家族や社会の中のルールを正しく理解することやルールがあることにより守られていることなどなど、知る大切さなど子供に親が教えるべきことなど、基礎となるものが、知っているようで自分の中でのみ理解していることが多かったと思います。自主性や協調性の教えは大変参考になりました。ありがとうございます。
◉人類進化学 支配と従属、嫉妬や恨みのカルマの始まりが進化学第2回の所とされていたことに正直なところ驚きました。過去を変える為に生まれたこと改めて心したいと思いました。女性は自分の生き残りを考える強部分が本能にもって生まれていることを知ることができ良かったです。純粋さゆえの愚かさの部分は何か不思議な感覚で聞いていました。
◉読み取り学 インナーチャイルド療法講座にて家庭環境、人との関わりの中にて形成された思いなどが一瞬で意味が変わった体験は言葉では説明がつかず、素晴らしい体験でした。どうにかしようではなく、感謝をする。先祖祈りの大切さや体調不良などの原因と対策など身近に実践できるのでとても参考になりました。ありがとうございます。

image
40代女性(愛知県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 相手との立場の違いを尊重しながら何を目的に話ししているかを明確にする。目的を明確にしないと結果がうまれない。受け取り方がそれぞれ違うので確認が必要。相手を尊重しながら自主性を伸ばす大切さ。歓びを創造させ生きて行くうえの権利、愛情をかける時期、自立させる時期に教える段階があるということと実践できたか確認する責任もあるんですね。先に生まれたものが伝え導いていくことを学びました。ありがとうございます
◉人類進化学 風が起き回転エネルギーが始まり自然の循環システムを作るのに巨石人の力があったこと。その循環によって地球内部も回転が生まれ、それによってバクテリアなども生まれ地表に生命が生まれたなんて宇宙のエネルギーは凄いとおもいました。人間は何度も同じことを繰り返していますが、もう全てと一体になり、認め、受容して許し、自分を100%愛しそのエネルギーを回転させて創造していく事が大切だと学びました。ありがとうございます
◉読み取り学 全ては、道理。仕組みを理解する。粒子を動かせるのは人間の意識ということと摂理道理を理解して意識でうごかせるということなんですね。そして自分の視点を変え相手の視点・神の視点で考えることや思い込み、感情移入しない、冷静に判断する、相手の背景を見て考えてあげられるかどうかが大切だと知りました。親子の場合自分が自分に対して向き合っていけば家族まわりに問題が起きていることに対し読み取りをしていくと様々なことが解決されていくんだと学びました。ありがとうございます

image
40代女性(北海道出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 人を導いていく際に必要なポイントが、濃くぎゅっと詰まっており、とても良い内容でした。特にすぐ実践したことは、①失敗はしてもいいこと、そしてそこからの新しい目標設定のやり方がとても参考になりました。褒めることで、ずっと見守っているよ、と伝わることや、再トライのチャンスや機会を与えてあげることで、自信と自立に繋がるなど、自分に自信を持てない子供に繰り返し伝え、実践中です。②「目的を明確にしないコミュニケーション」をやめると決めました。話がスムーズに運ぶようになり、伝えたいことが通り易くなったため、時間に余裕が生まれました。この講座では、相手の背景を汲み取る重要性と方法が、いろいろな角度から学べたのがとても良かったです。そこを知っておかないと「指導者」として足りないこと、互いを知り、違いを認め合うことから、目的達成への道が開けるんだと言う事を念頭に置き、これからの自分と周囲の成長のために、使っていきます。
◉人類進化学 LIVEで受講できました。受講中、何か記憶の奥底を触られているような、不思議な感覚に何度かなりました。2回目に録画で視聴した時は、感覚的に受け取ることに慣れたためか、最初に受けた時よりも、意識に入っていくスピードと量と深さ、そして印象がかわりました。これから私達が未来へ進むために必要な情報が、これまで人類が歩んで来た軌跡を辿りながら、一つ一つ噛み砕いて学ぶことができ、特に「男女」の役割や立ち位置についての捉え方が、今までとは、ぐるんと全く変わってしまいました。また6回目の講義はLIVEということもあり、場の波動がグングン上がっていき、付いて行くのに必死でしたが、とても濃く深く、そしてワクワクさせられる素晴らしい内容でした。人類進化学での学びは、フワフワしていたのが、地球に降り立って、ちゃんと自分の足で歩いて行けるように、どこに向かっているのかがわかる地図を頂いたような感じです。おかげでようやく最近になって、今の自分に100%を出せる状態を、キープできるようになってきました。今、何を創造していくのか?そのために、きちんと知ること。これからのすべてに関わっていく学びをありがとうございました。
◉読み取り学 2回視聴しました。1回目は、情報量が多いため、頭で処理をしていく感じでしたが、2度目では、各内容について自分の捉え方の視点が変わっており、スっと体に入り、感覚で掴んでいくことができました。講座のすべてがまさに、今知っておきたい、自分にとって、とても必要な内容でした。今までは身体の感覚のみで受け取ることが多く、それが何のお知らせなのか、又意味するものなのかが解らず、常に(これは恐い、恐いことなんだ)と思っているだけでしたが、目に見えないいろいろなものの、想いを汲み取っていく手順や方法があることにまず驚き、そして学ぶことが出来たことが、とてもありがたく、解放された気分です。そしてつい先日、4回目の講座の中で示されていた、全て相手や周りの視点から自分を見てみるロールプレイをやってみました。私の持っている、「人に伝える」ことにかかっていたブロックが、周りの人の立場から自分を見、そして前世で違う立場だった時から見ることで突然、「もしかして、とても大切な、重要で必要なことを、知ってる人から、知らせて貰えなかったの!?私!?」と、真逆の立場だったことを思い出し、呆然としてしまいました。それで一瞬で外れてしまったことに驚き、そして感謝です。ありがとうございます!指導者養成学と読み取り学の両講座は、内容がリンクしている箇所が多いことで、意識の世界も現実事も、捉えて、向き合っていくことは同じだと言うことが腹に落ちました。「自分を知ること」そして、「向き合うものの背景を正しく受け止めること」。読み取り学を学んで得ることができたものを、指導者養成学でのスキルを使って、周りの方々に伝え、導いていくことこそが、求められていることだと感じました。今出来ることからやって行きます。この講座は、今いる自分の立ち位置で、受け取れる内容の幅が変わるので、繰り返し見たい講座でした。

image
50代女性(千葉県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 絶対的関係・相対的関係、関係性の中での立ち位置・役割、兄弟の順番の特徴と意味、共通目的意識等、人とのおつきあい、コミュニケーション、人を導きまとめるためにも、最も重要なことを学ぶことができました。講義の途中何度も、自分が両親の価値観・考え方を正しいと信じ込み、それに支配されていたこと、それ以外を受け入れにくくなくなっていたことに気づきました。そしてその都度、自分で選んだ価値観を再設定し直しました。中でも、人間関係においての「運用ルール」という考え方は初めてで即実践しました。家族関係、特に夫婦関係が良くなりました。ありがとうございます。
◉人類進化学 地球が誕生する過程、星の時代から神話の世界、人類の進化を学び、それは繰り返されるカルマの歴史でした。そして、今、そのカルマを超えるために地球の日本という国に生まれてきているということ。あまりに壮大なスケールの話だったので、最初の方は現実とつながりにくかったのですが、回を追うごとに、まずは自分から目の前のことから始めるのが大切なのだとわかりました。特に女性に関する歴史は興味深く、自分が考えていたものとはかなり違っていました。また、今の女性は、特に都会では、女性間の結束・つながりが希薄になっていると感じ、それと同時に代々、女性たちが受け継いできた(命を守る)智恵を失っていると思いました。昔のように親子・地縁でのつながりが難しい今、女の智恵を拾い集めながら、縁ある女性たちと「助け合い・分け合い」を軸に意識してつながっていこうと決心しました。ありがとうございます。
◉読み取り学 見えない存在との関わり方を、わかりやすく学ぶことができました。特に、先祖祈りについて詳しく学ぶことができ、9代前のご先祖様のいらした山形の地で先祖祈りをすることができました。行くと決めた時から現実が変わり始め、日々ご先祖様からのお守りとサポートを感じるような出来事を体験させていただいています。神仏に関心のなかった主人も、ご先祖さまを意識し受け入れるようになりました。精神的な土台が整ってきた感じです。先祖祈りを受け継ぎ伝えていきます。ありがとうございます。

image
50代男性(愛知県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学
吉岡さんが言っていた仕事をする際に、やれなかった事がある場合は、残ってやります。サービス残業をしていきますというのは、絶対ダメという観点はとても良く分かります。しかし私もスーパー大手に勤めていて、その会社では、人よりも黙って隠れて多くの事をやる事が良い事という風潮があり、それはよく行われていました。上司・先輩もそれが誇りであり自慢でもあるかの様に指導され、それが当たり前でした。風邪をひいても38度5分以下は風邪ではないと言われ、ふらふらになりながら出て仕事をした覚えがあります。今では懐かしくも思いますが、しかし、人を指導するにあたり現在では、その根性論は通用しません。自己流も結構ありました。その結果が良ければ良い!と風潮でもありました。これは今考えると、人を成長させる為には成長具合がバラバラになり、手順も方法もバラバラで、それは会社が大きくなるに辺りデメリットであると思えます。良い点をあえて言うと個性がその店舗店舗にあり、特色が多様していたという事でした。また、地域性もあり、その地域に合わせる事が簡単にできるという点でした。しかし、やっぱりOJTとOFFJTは必要な事です。また、共通した考え方を有して、お互いが成長するにあたり、決まった教育方法を取る事は必須であります。特に今の若い世代において、指示待ち。考えない。教え貰った事しか出来ないから応用が利かない。などが起こります。それを個人個人が考えてやれる人になる為には必要であります。
OFFJT(事前教育)
1、 目的の明確化
2、 成功例を教わる
3、 報告、連絡、相談
4、 起承転結と期限
5、 覚えた事を教えられてゴール
この事は確かにその通りであります。特に報告、連絡、相談は必須であります。責任は一人で背負わない。上司に報告し相談し、皆に連絡し合い、責任の分担するはその通りだと思います。起承転結の件で、確かに仕事が早く手早く何でもこなす人は天才タイプが多いので、その過程と手順を説明できない人が多いです。昔はその人のすることを見て盗んでやるという事が多かったからこそ、技を盗んだものです。そうするようにとも教わりました。そして、天才タイプは自分が何気なしに出来るからこそ、人に教えられない事は多々。その反対で、努力型は苦労をしたからこそ、その手順を事細かに説明する事が出来るのです。努力するからこそ人に聞くという事も起こります。それで仕事を覚えるはずですし、考える事も覚えるはずです。此処では事前教育なので、自分がどのタイプかを把握させたり、考えさせたりして、自分なりの起承転結を組み立てさせる事を事前に考えるべきだと教えるのも必要であると思います。期限は、やっぱり必要です。それが目標になる事もあり、技量を上げる事にも繋がる。また、期限を守る事は信頼にも繋がる事はその通りであり、それこそ一番大切でもあると思います。また、最後の人に教える事が出来て初めて一人前である。その通りであります。人に教える事が出来るという事は、仕事をきちっと覚えてこなしてこそ初めて出来る事であるので、人を指導するに辺り、そこまで出来てゴールだという事を事前教育で教えるという事は納得です。
OJT(現場教育)
1、 自分が実践し見せる
2、 実際にやらせてみる、失敗もさせる
3、失敗しても褒めるポイント見つける
4、 アドバイスのタイミングを見つける
5、 反復させて失敗を減らす
6、 教えさせる
7、 質問された時だけ答える
8、その後の確認
山本五十六氏の語録は私も心がけ仕事をしていました。3の失敗して褒めるポイントを見つける。確かにそうでありますが、人を褒めて働かせるという事はなかなかやれない人が昔は多かった。私の祖父が言葉は悪いが「人はおだてて使え」と言っていたが、これはちょっとニアンスは違えど、人は褒めなくては成長しないと思います。そして、ベストタイミングでのアドバイス。これは必要であり、これが出来る上司になる事が望まれます。6の教えさせる。これは確かに仕事をしっかり把握していないと出来ない事であり、教える事により気づきというものが生まれる。そこで改善すべき事が見つかり、また、自分の仕事のあり方も再度確認する作業になるから、教えるという事は大切です。7の事は、上司は部下のやる事の責任を負う事を前提に、口を出さずやらせる事は絶対に必要である。口を出さずという事は、信頼しているという事でもあり、部下のやる気も出させる事になる。そして8の事は大切である。責任を負うという事は、確認も取らずまかせっきりではダメ。自分の指示が末端まで伝わっているかを把握することは大切である。吉岡さんの体験した事で、末端の人に聞く事とは確かにその通りです。年上の部下を扱う場合の気をつける事は、確かにその通りです。年上であり先輩なのだから、そこはちゃんと敬意を持って接し、仕事を遂行するべきです。年上を褒める。確かにその通りでした。私も経験があります。OJTをする事により、仕事の手順や方法、その他効率が良くなる事例の共有が出来ますので、報告、連絡、相談をして仕事をするのは必須です。テキストで重要とされている所。
1、結果重視、気持よりも結果を出さなくてはならない。過程重視、お互いの気持ちや考えを話し合う事は過程である。その事を重視する事。この二つは明確に相手に伝えなくてはダメ。夫婦でも親子でも同じ。それを明確にする事。
2、早さと明確さの身につけさせる指導。
3、どこに気を配れば良いかに重点をおいての指導。
4、「誰もいないところで叱る」、「大勢の前で叱る意味」の使い分けは大変難しです。その人その人の性格もかみして考えないと大変な事にもなりかねない。大勢の前で叱る=恥をかかせる事になるから。大勢の人にいけない事の意味だけを知ってもらう為に、個人名は伏せ叱るやり方をする場合もありだと思う。
5、親分タイプの人。リーダータイプの人は資質がある訳なので、導く喜びを指導すると素晴らしいリーダになる。
6、コツコツマイペースの人は、基準に沿う事は教えて、沿えない部分は違う長所として見出してあげる事が重要。
7、和が持てない人。人間関係を壊してしまう人。こういう人は、ある分野のプロになる道を指導したり、サポーターになる喜びを見つけてあげる。
8、指導する人は、多くの知識見聞を広げる努力をして、自分の出来ない事は他人の力を素直に借りる勇気を持つ事が大切です。指導している様子を公にしならが指導する事で、指導者を目指す人材も育ちます。
9、自分の優秀な能力がある事を得意気にする愚かさというものを教える事で、周りの人に喜ばれる人となる様に、長い目で指導することにより、親や上司の視点を超える成長が望めます。
これら上記の事を教えて下さり、ありがとうございます。
人間は成長する過程の目安として3カ月。長期としては、3ヵ月、6ヵ月、1年、3年、というサイクルで変化するので、その時期に必要な目標の見直しをする。言った事と伝わった事の違いを把握する事。言ったが言いっぱなしで相手に伝わっていない事は言った事にはならない。指導者は相手が理解しているかの確認を必ずとるのは、上司や親や人を導く人の責任である。パートナーを見つける。自分が成長するにあたり、先輩パートナーを見つける事は、自分の成長において大切である。人選ポイントは3年以内の人を選び、相手の長所と短所を最初に教えて「指導するポイント」を学ぶことは、自分の体験と相手に伝わるかどうかという大切な事を学べます。パートナーから学んだ人は、恩返しという感情が湧きますので、新たな新人の指導するパートナーになる役目をさせてあげる。そうする事で判ったことと、伝わった事の違いを学べ人間成長の視点を学べます。目的別コミュニケーション方法の違いで、宴席での席順などにこだわっている話ですが、本当に役に立ちます。神の世界がそうだからという事もあるのでしょうが、席にどういう意味があるのか、自分はどの立場でどこへ座れば良いか、を自然と読み取り、席順を決めるという事は大切である。また、それが出来てこそ社会人でもあり、世間で恥をかかなくて済む。また、もてなす方への配慮でもある。権利と平等は、正しく理解するべきであり、平等であっても序列はある訳で、また、「平等な権利」「立場の平等」の違いもしっかり把握しておくべきである。社会ルールや縦社会ルール、友達仲間において、それぞれその立場によってコミュニケーションの取り方は違い、会社等の縦社会はトップダウンや年功序列型である。塾や医者と患者の関係などは、絶対的な上下関係はなく、相手を尊重しながら自主性伸ばす形もある。この場合は立場の違いを明確にする事。但し、指導資質が問われるので、幅広い経験や知識が求められる。怒る、叱る、の違い。怒るは、ただその時の感情を表しているだけであり、相手の心や立場の事を思ってはいないので、コントロールする必要がある。叱るは、その相手の長所・短所を把握し、叱るべきポイントを確認しそれを伝え、何がいけないのか、どうしてか、等を理解させ、根気良くその人の成長を助け思いやり、少しでも良い方向へ行くようにとする方法である。人は褒められた時に自信を持ち、相手を信頼し、未来に希望を持つ生き物です。怒る、叱る、どちらも後のフォローは必要です。指導者が指導方法の間違えに気づいた時には「素直に謝る心」も大切である。・育った環境の違いを理解する重要性、・性格的な特徴の違いを把握する重要性・思いを伝える前に相手の状況や性格を見極めることの重要性・兄弟姉妹の人数や順番によって違う思考パターン。上記それぞれ指導者にとっては把握するべき大切な事である。この4つの重要性の項目で、今回一番知って良かった所は、兄弟姉妹の人数や・・・である。テキストにも書かれていたが、その内容については、私の知らない兄弟姉妹関係での立場や考え方の違いが判り、大変参考になりました。これからの指導者は、昔のやり方である、見て覚えよ!盗んで覚えよ!強制的にやらせる!という事は無理なので、その人の立場、環境、性格、社会的ルールをしっかりかみし、お互いに影響し合いながらひとつの目標へと到達する事が出来るように、その時その時のコミュニケーションを大切にして、新しいゴールの達成の喜びを創造していく事が大切である。どんな事が起きても、新しい人生の喜びを与える事が出来る指導者になれるよう目指し学んで行くべきである。また、自分のゴール、まわりのゴールは違う事もお互いに認め合う事も大切である。親子・上司などの絶対関係論。親子であっても、学校や会社など自分に教えをして下さる方には、「尊敬の念」を持って接する事が重要であるという事を指導する事が重要です。これは最低のマナーであり、人として社会に出てからの基本姿勢であるからです。親が子供に対して期待が大きく、その為に起こる過剰な世話焼きや必要以上の教えをするがため、一方的な親が言う事は受け入れる事は学びますが、自分を上手に表現できない大人になってしまうケースがあります。親や学校の先生が感情的になって教えをしてしまった場合は、相手は言葉に対してYESを言うかもしれませんが、心ではNOと判断していることは多々あります。人間は理性でYESを理解しても、本能がNOの理解を示すからです。本能が自分でYESを体験したいと思うように出来ているからです。その為、子どもたちは親や先生の言葉を信用しなくなり、素直に自分の思いを伝える事ができない感情表現が苦手な人に育ってしまいます。上記の為の対策として、教えた事を相手に言葉にさせる「確認の時間」をとらせる。その確認の時間は、不安や迷い、それらを相手が受け止めてくれる雰囲気を思い出す。そして、良い結果を選ぶ事が出来るような方向に向かいます。親や先生も間違える事はあるという事も認識させ、間違えた事が気がついた時のその際は、素直に謝る認める事も重要である。これは子供たちが間違えた時に素直にすぐ謝る心を養う事が出来ます。これらの事が上手く行かない場合は、尊敬する祖父母や他の人の力を借りる事も重要な事であります。ルールを教える時に注意する事がある。なぜそのルールが出来たかという理由を明確に判り易く伝えることと、ルールを破った時の「罰」を明確にしておく必要性があります。ルールは、その社会や会社、サークル等を運営するに辺り皆が守るべきものであり、それは自分たちが守られるものである。決まった一定の規定によりその範囲内で活動をする事は、どんなところでも存在し、それは一つの方向性に行くと共に、安全な暮らしや生活をする為のものであり、喧嘩や意見の衝突などを防ぎ、手を取り合って一つのものをやり遂げる為の大切なもの。だから結局は自分たちを守って貰えるものであると理解させる必要がある。兄弟姉妹・同僚などの相対関係論。ここでの一番印象が残った事といえば、やっぱり最後にある「魂の経験から見た相対関係の学び」です。魂があの世で自分の足りないものや足りない経験を考慮し、ショッキングな体験も含みながら人生設計をして降りて来るという事は判ります。・過去世で支配的な「絶対的な位置」を体験した魂ほど、次男・次女に生まれて「2番目という位置」で人を支え導く事を学ぶ為に生まれて来ています。・逆に長男は、過去世で多くの人を支えて来た経験があるからこそ、今度は絶対的な存在に大切にされて多くの人を導く「責任」を学ぶ為に生まれて来ています。・男女という「性的な違い」の選択は、自分の魂の目的がなんであるかをかみし、その生まれる時代にとってそれが最も有効な体験が出来る方の性を選び、自分の目的を思い出す様に、人生の超えるべきいくつかの壁も設定し、過去の自分をより高い所へと成長させる為の体験をするため男女の違いと選択があります。魂レベルで学ぶもっとも大切なことは、俗世間の価値観とは違い、男女の違いはおろか、もっとも尊い「自らの魂の役目」を気づく為に何度も何度も生まれ変わって来ているである。現在自分が足りないと思っている経験でさえ、実は体験済みの事であることは多々。しかし、足りないと感じている事があるとしたら、それは、お互いの力を与え合い学び合いをする為に、子どもを産むのです。
これらの情報ありがとうございます。
新コミュニケーション論。
1.「好奇心と創造力」がコミュニケーションの基本
2.コミュニケーションの基本は「信頼関係の構築」※男性的な「合理的結果主義」と女性的な「感覚的思考」の融合
3.「両者の違い」を認め合う事
4.「目的と立場」を明確にする事。
5.新しい「共通価値観」を作り出す事 ※「共通目的」を持たないコミュニケーションは必ず崩壊する
6.自分の役割・立ち位置を早く自覚する事
7.全ての場面で活用できる「新・コミュニケーション論」
1の好奇心と創造力は、人が好きという好奇心と安全を確保という本能から来る欲求であり、自己防衛本能による好奇心の二パターンがある。この二つの行動原理が違うもの同士が係わると、自分ひとりではないから新しい可能性が生まれるかもしれない事により「創造力」によって愛を学びます。
2は男性的な「合理的結果主義」と女性的な「感覚的思考」の融合が大切である。相手の立場や年齢、性別、経験度と序列を正しく理解して、お互いを尊重し合い努力する事が重要。また、個人の学びの全体的ゴールを明確にしている事。そしてその同じゴールを目指している事を常に確認し合うことである。
3.両者の違いを認め合う事は、学ぶ事に素直になり素直に受け入れる、同じものを学んでも人により理解度が違うから、シェアし合う事で違いの理由を一緒に考える事により、気持ちを寄り添う気持ちが育まれ、共通価値観が生まれます。ここで大切なのは、頭ごなしに相手を否定せず、なぜそう思うのかの違いを見出し、寄り添い一つにしていく事により、自分の発言に対する責任と他者との違いから多くの視点を学ぶ事が出来て、自分視点ではない全体視点をも学ぶ事が出来る。
4.目的と立場とは、自分の存在理由と一緒にいる理由を明確にしていないといけません。サークルでも会社でも、お互いが共通するものがあるからこそ出会い一緒にいるのです。同僚は兄弟姉妹と同じ様な関係で横の関係。上司部下は、親子と同じ様な関係で上下関係である。共通目的とは、変わる事ないゴールであったり、物事の精神性である場合もあります。そのゴールに導く指導者は、目的を自覚させ、個人ごとのゴール設定にアドバイスが出来るようにしておかなければなりません。
5.共通目的を持たないコミュニケーションは必ず崩壊するとは、相違点を見出し新しい共通の価値観を設定する事が大切であります。共通の目的が明確にされていないと、お互いの考えや方法が違ったりする事に摩擦が起き、崩壊するという事になるのです。金銭感覚もおなじです。本当の信頼関係は、あいまいにせず、的確に違いを指摘する関係であり、新しい共通の目的を持つべきです。
6.自分の役割・立ち位置を早く自覚する事とは、家庭、会社、学校、サークルにおいて、自分がその集まりに対し役割は何なのか?立つ位置はどこか?を把握して、どう活動し?どう発言するか?を考えていることである。自分の得意分野と不得意分野を理解し、自分に足りない面を他人から学ぶ心を持つ事は、人間的にも成長していきます。7.全ての場面で活用できる「新コミュニケーション論」○いずれの人間関係にせよ、その集まりの共通するものを明確にして指導すること○教える側と教わる側の二つの視点で教える事○知識+実体験で得た体験談で教える事○指導者が判らない場合は、正直に判らないという素直な心が大切である。
新しいリーダーシップ論。
ジェネレーションギャップという新しい言葉がありますが、価値観は時代により移り変わっていきます。確かにこれからの時代の教える立場の人は、「教える人の価値観を理解する努力」が必要です。昔堅気の考え方を今の若い人達に押し付けても理解されませんし、若い世代の人の価値も、年齢の高い世代の人間には理解しがたいものがあります。お互いにお互いが考える価値観というものを把握し、指導する人も指導される人もそこを理解する必要はあるのです。それを認め合いながら、企業も家庭も『同じ目的』というものを確認し合う必要はあります。しかし、企業や組織には明確な「設立目的」がありますので、仕事の中で個人の思いを主張する場面は少ないかもしれませんが、指導者は自分が知らない分野のことも興味を持って学ぶ姿勢が必要になります。新しいリーダーに求められる資質の能力とは、
1、 自己評価と他人評価の違いを他人に教えられる能力。自分の評価はしても、他人の評価を納得出来ない人ではダメ。二人がいて二人の意見が違えば、その違いを見出し納得させまとめる事が出来る能力が必要である。
2、多くの大人たちや自分に無い面を持っている人から学ぶ謙虚な気持ち。自分が知らない事や足りない事、そういうものを周りの人を観察し、素直に聞くという態度を持って謙虚に学ぶ姿勢が求められる。価値観が変わって行く早く時代が動く時代だからこそ、そこにアンテナを張り、昔学んで来た事の価値感だけで話さない。
3、 自分より優秀な人と信頼関係を作ることの大切さ。いわゆる人脈である。仕事や学校、サークル等で知り合う何の脈略の無い人でも信頼関係を築き、自分から交友関係を広める努力が必要である。特に優秀な人を見つけたら時間を割いてでもその人との交友を深める関係に努力する事。多くの事を学びます。
4、 どんな場面でも「目的と役割」を明確にする事。自分は何故これをしているのか?どういう役割なのか?という事を把握し考える事。自分の役割が判れば、人の役割も判るようになる。そうすれば自分が何をするべきかが判る。
5、 結果以上に求められる人間としての大きな器作り。どんなものにも成功と失敗がある。その成功よりも失敗をどうして対処し対応したかにより人としての器を作る。これは人を育てる為にもっとも大切の事。
6、 命より大事なものが何かを知っている事。企業が大事なのはお金。現代の人はそのお金が大事になって来ているので、命と金が同等になって来ている。しかしお金よりも大切なものがある。それを説明できるようにならなくてはならない。
7、 自分の夢を誰にでも話せる事。昔は不言実行が良いとされていたが、今は有言実行でないと認めてもらえない。周りに自分の夢を語る事は大切である。言っておくとそれを認めてくれて見守ってくれる。
8、 大切な時に素直にお願い出来る事。大切な時だけども、「お願いします」という言葉を素直に言える事である。一人でやっていてもやれない事は多々。人に「お願いします」が言える事は大事。
9、 損得を超えて他人に協力できる事。損得を考えて行動していてはやれない事は多々。人に協力を得る為には損得抜きで人の為にやらないと協力は得られない。
10、 新しい仲間意識を作れる事。同級生等の古い友達や頻繁には会えない。新しい友達を作る能力があるか?そういう姿勢でいるか?が大切。新しい所でそういう仲間を作る事により自分の成長が見込める。年代を超えて友達を作る事により成長する自分が出来る。
11、 コミュニケーションより大切な資質を身に付ける事。コミュニケーションはその場で上手く接している事が出来れば良いが、しかし、その場が良ければ善いという事ではなく、皆が大切にしているものを把握しているかという事である。共有価値観。
12、 相手の言葉の裏にある「背景」を理解出来る事。人は言葉にする前に理由があり思いがある。それを汲みとれる事が出来る人が大事にされる。その能力を身につけ教える事が出来るようになる事。
13、 個人個人繋がりを深めた仲間意識を大切に出来る人達は、普段の生活の中でも、企業の中でも、社会の中でも、貴重な人と人の「立ち位置」を知っています。その為のポイントは、年上の人には「敬語」で接する事。自分の価値観よりも先輩の価値観を尊重出来る事。部下や年下の面倒を見れて不足面をサポート出来る事。指導者は言うばかりが指導者ではない。人が言う事をしっかり把握し受け止められる事が大切である。教える側は教わる側の背景が判っていなければならない。その逆もそう。お互い背景を知って、自分がするべき立場を判ってやっていく事が重要である。優秀な指導者は、上からの命令を下に指示する場合、その人に合わせて咀嚼して指示出来る人が優秀な指導者である。受け入れられる為の努力をしていない人は、人に受け入れられない。受け入れられる努力をしている人が受け入れられる人になる。教える教えられる二面性を把握している事が大事である。信頼関係が出来るか出来ないかが大事である。
これらの事を教えて頂きありがとうございます。
◉人類進化学
プレアデス星団の叡智・過去の苦悩を変える。女性優位社会も平等社会も男性優位社会も経験してきた人類。女性が全ての物を持ち、人類が進化する為にその設定をした女性が気付き、愛の世界にする必要がある。命以上に必要な物を守るため進化するべき。戦わない知恵、生きて行く為に必要なルールと神仏。その新しい概念を築く必要がある。ギリシャ神話もエジプトのツタンカーメンの話も興味はあったが、その殆んどの意味が因果因縁やカルマの事と判り、日本の神話もしかり、いわゆるそのカルマを変えて愛の未来に繋げて変える事が必要だという事が判った。日本の神話は先人の戒めが書かれていると思っていたが、ギリシャもエジプトもか?そして、それがギリシャの神話が先か?とちょっと驚愕でした。シュメール文明の神官が12名いて、その方々か宇宙・星から情報を得て文明を築き上げた事。その12名が12支族の始まりであった事。宇宙からの情報の最初は数字である。足し算で判るようにこの世はプラス(在る)世界でありが、マイナス計算の様なものは見えない世界を表し、それを表すためにはゼロという概念が必要であった。見えない世界が判るのは神官であり、見えない世界は神を表し、その力を時の王達は欲しがった。その為、12支族は神官を筆頭にしてバラバラに散った。数字の世界のもっともシュメールの神官が守っていた重要なカルマがあった。それはゼロである。ゼロを使えるという事は、マイナスの正解を扱える事になる。ゼロはマイナスの世界の入り口である。数字の意味:1、始まり 2、相対 3、現実の始まり 4、 5、 6、 7、現実の終わり 8、無限。1点と1点を結ぶと線、その線は点の無限の集合、もう1点を結ぶと三角形が出来る。それは面になる。これが物質できる意味。4は2と2を足した数字でもあり、1と3を足した数字でもあり、123にエネルギーはある。6も同じ意味である。割れない数字素数にはエネルギーがある。アトランティスとムー大陸は一番知りたい情報でした。アトランティスが水晶を使っていた事は知っていましたが、それがほんの些細な事で消滅したのはビックリです。女性たちが守っていたその水晶の教会に、純粋な少女を入れて見せた。その純粋無垢な子供がほんのちょっと触った事により、次元を少しずつ変化させ、地球の核と魂連動と人類意識の調整バランスのエネルギーが崩れ、一日で崩壊したとの事。アトランティスは、次元上昇をして地球上の空間に存在する事になった。肉体も物質も全て無くなり次元上昇して3次元から無くなったという事は興味深いです。その学びとして、エネルギーバランスの均衡は「純粋・無垢」という僅かな清らかなもでも崩壊をしてしまうという事であるから、人間の「純粋さ」扱いを正しくすると共に、学ぶという事を表し、現代の私達に教えてくれているという事を学ぶ必要がある。また、科学の急速な進化によって「生と死の考え方」がかわり、命を尊ぶ生き方でなかったそうだから、そこが人類進化の重要な事で学ぶ必要があるという事も重要。ムー大陸は、太平洋上にあったとされている。日本もその大陸一部であると他で聞いていたが、そうではないのか?でも、宮古島やその周辺の島々はムー大陸と繋がっており、宮古島の発見された「次元上昇ノブ」の話は大変興味深いです。与那国周辺の海底遺跡はその遺跡であろうとの事。ムー文明は、自然と共生しながらゆっくり自然節理を使っての文明。偉大なる知恵を持ち、生命の起源の係わる遺伝子組み換えや細胞組み換えなどで、多くの動物・植物を作りだしていた文明だとの事。物質世界には見えない波動を感じて使う能力の高い文明であり、物質を構成している意識と無意識を大切にして進化した文明であったとの事。力による支配による民衆意識を管理していたムー大陸だが、個体が増えると食料が足りなくなり、「命のコントロール」を決議しようとすると、女性たちが反対し食料をコントロールするか、少ない食料でも生きていける細胞進化を議会に提案した。その後、「弱者は殺せ」という動きも出て来て、王は決断に迷い、知恵のある最高神官に相談することになる。神官は、「私達の進化のスピードを速める事」を提案し、それが行われた。大本から教えられていた次元上昇の仕組みが隠されてあって、そのシステムを作動させた。ところが、ほんの少し動かせばよかったこの次元上昇のノブを、初めて扱う部下が扱いを誤り物質も空間も全て消滅し、海の底に沈んだとの事。これが事実というのは衝撃的です。ほんの些細なミスである。ムーでの学びは、「決して、急速に意識を上昇させてはいけない」という事。二つの大陸の叡智から学ぶことにより、またこの叡智と崩壊理由を知る事になった事により、私達は魂の覚醒する準備が出来た合図である。全てはあの世から「魂の約束」で出会い仲間となったのであるから、これからの愛の世界が確立するように皆で協力し合って行く覚悟が出来ました。よろしくお願いします。吉岡さんが見たというムー人は、爬虫類?の様な顔との事。正倉院に貯蔵されている宝物に爬虫類?恐竜?の様な顔で狩衣を来た肖像彫刻があるそうだ。何らかの関係があるのかな?面白いと思った。男性社会の前に存在していた文明の英知と女性社会、男性社会の時代という部分も、勿論興味深く学ばせて頂いた。生物の生態を考えれば女性が優位の時代があったという事は十分理解出来る。また、男性優位の時代に移り徐々に移り変わって行った事も良く判ります。吉岡さんが言うように、これからも、女性がどのような社会システムになって行くか?は、女性が男性を望んで作りだした様に、何を望んでこれからの世を造って行くかがカギであると思います。全知能を超える愛と創造の力とは?という事で、気づきは過去からの魂記憶からの同じ過ちを犯さない為の自動発信されている。葛藤や不安や迷いは、これまでの生き方や考え方を変えなさいという意味という事。私のような20世紀と21世紀の両方を経験している人は、重要な役目がある。善と悪、無い時代とある時代を知っている人が、この21世紀をどうするか?何を望むのか?がカギである。肉体を持ち、喜びを感じ、継承する為に!過去を超える。その為に必要な事は、自分の過去の辛くて苦しい人生は、愛の経験だったと断言することが出来るようになる事で、それが素直に言える事だと思います。自分は意識で沢山の人と繋がっています。個という概念を外し、他人や仲間を信じる事が出来るようになれば、集合意識に働き掛けをする事で、世界中の人類は大きな気づきの連鎖が起こり、飛躍的に進化して行くはずです。自分が変われば世界が変わるという事でしょう。「今自分に出来る事をするだけで、周りの人達に喜ばれる自分がいる!」という事を知っている人達と出会うだけで、私達は新しい未来の価値観を創造することが出来ると学んだ。 ◉読み取り学
自分の肉体は先祖の思いの結果である。だから、体調不良や霊障への対策は先祖ラインが一番強い。「この血と体を頂きありがとうございます」「御先祖様ありがとうございます」との感謝の気持ちを込めて祈ると、すぐに先祖に繋がり守られる力が強くなる。特に寝る前にその先祖への感謝の気持ちを伝えると、先祖へのラインがしっかり繋がる。先祖を使う事が一番強い。霊障の意味(先祖の伝える事など)全ては気づかせる為。気づきである。基本は右が神からの通達、左は先祖の通達。霊気、悪寒霊が近づいた。寂しい悲しい 体に感じる冷たさはマイナス感情。頭痛。場所によって違う。左、先祖系のお知らせ。右、守護の神からのお知らせ、前頭葉、その思考をやめなさい、中央、天の神からのメッセージ、後ろ、過去の自分の思いを問われる。肩、背負っている思いをやめなさいなど、これも左が先祖、右が神。首、支えている思い。感じる所に手を添えて自分に聞いてみる「何を気づけばいいのですか?」と聞く。腰、思い、思いが腰に乗る。耳鳴り、ぼわ~んとあったかい耳鳴りは先祖の通達。キーンとなるのは宇宙からのメッセージ。平地で突然飛行機で耳なる様な圧力が掛った場合は、土地の事を聞きなさいというメッセージ。足元から冷たい場合、土地の思い。冷たい時は危ない。下から入られるのは結構強い。病気の前兆の場合がある。目の痙攣、先祖の水の事に関する事。関節、機能、皿は守っている者の思いや気づき。周りの人を大切にしなさい。思いの気づき、第一段階、自分への気づき、マイナス思考をやめる事。宣言する事が大事。第二段階、先祖の代表であるという事を認識する。そして宣言。「御先祖様、気づかせて頂きありがとうございます。必ず乗り越えますので、どうぞ、見守って下さい」と心で唱える。第三段階、第二段階で改善しない場合は、「土地祈りと先祖祈り」 先祖祈りは戸籍抄本を取り寄せ挨拶をしに行く。(引越した時など、大家は勿論、向こう三軒両隣に挨拶するのは、神に挨拶をしに行くのと同じ。マンションなどは上下も挨拶すると空間を守って頂ける事にもなり、トラブルが起こりにくい)土地に対しても祈りを行う。この二つを行えば、守護存在が先祖だけではなく、土地神や強い先祖が守って頂ける。生まれつき敏感なタイプや、後発的に目に見えない思いを拾ってしまう人は、自分の分だけではなく、 親族と係わる思いや、地域の土地に残った思いを良い方向へ導く為の役目を持って生まれたと思って、自分に出来る事から取り組む。塩、海の恵み。大いなる母神の命の生みだす恵みの意味。水、山神、天地の雫。酒、五穀豊穣の恵み、食べ物を得る知恵へ感謝。食べ物を置くと先祖への供物と同じになるので、置かない方が良い。祈り場は、我が家には神棚も仏壇もあり、いつもこの場で祈っています。ありがとうございます。これらを教えて頂きありがとうございます。その他、方角の意味や干支の意味、その他、これらが印象に残った教えでありました。先祖供養について。男の名字は過去の色々な先祖の思いが詰まっている。家族になる人は、過去に関わり合った魂同士なので、良くも悪くも連動が起き、過去の思いを解消する為に組まされる事もある。肉体を作った両親の細胞にも多くの過去の記憶があるから、魂レベルの意識同調と肉体意識同調がある。魂レベルの同調とは、パートナーを変えても自分の囚われている思いが達成するまで繰り返させられる。肉体レベルの同調とは、親子兄弟姉妹の関係性の中で、家族カルマを乗り越える事が家族の目的である。男女の血の繋がりで、肉体細胞命を繋ぐ精子の思い、過去の思いを全て記憶をしている子宮のよって命が作られるので、正しい先祖祈りの理解をすると、災い、災難、病気、のほとんどを「先祖祈り」で治す事が出来る。それ程の力がある事。肉体を作ってくれた全ての先祖の血液の記憶と思いに対して、感謝の気持ちが正しい先祖祈りの心である。結局のところ、先祖の思い、先祖が出来なかった事をする為に家族と生まれ「名字」も頂いたのである。先祖祈りは、本来女性が行うのが筋なのである。生命を生み出す事が出来る子宮を持つのは女性であり、その命を産み出す責任があるのも女性なので、子宮を通して「自分の存在に感謝」「家族の存在に感謝」「周りの人達に関する心」を持って先祖供養祈りを行う。男性は、「過去の争いの償いとお詫びの意味」ですので、やみくもに頭を下げてはいけない。特に長男は頭をやみくもに下げる事はいけない。名字に先祖全ての家長が並んでいるので、もしも下げれば、先祖一族が下げる意味となるのでいけない。下げる必要があれば二男以降が下げる。神棚や仏壇の清掃や詫び事等は女がやり、最後に名字の男分として家長が先祖祈りをすると、天に駈けのぼるが如く繋がる。先祖祈りは男性社会の上下関係を含め序列がありますので、 現在の男女の価値観は一切通用しませんとの事。男の祈りは「命の種を授かる願いと先祖の思いを立てる祈り」が基本。先祖からの家長の思いを背負っているという意味になる。女の祈りは、「命を生みだす願いや辛い思いを受け止める祈り」が基本。願いをした場合は、必ずお礼参りをしなければならない。現実の辛さや苦しみや病気をなんとかしたいと願う場合は、「命のルール」を超えた願いは通じない。「命のルール」とは、その人の生まれ持った母のお腹に宿った時から死までの命の寿命であり、このルールを曲げる願いは出来ない。曲げた場合は家族に負のエネルギーが家族へ降りかかる。これらの事は大変興味があり、教えて下さりありがとうございます。特に、家の解体工事業者の話は大変興味深かったです。近所の家の解体時の業者の話と同じだな!と思いました。土地と神仏の因縁修復法は、土地の思いと残留思念がある事は、神事の時や勉強会で教えてもらいました。そして、その土地には気の流れがあり、その流れを体感する方法として、風水や陰陽五行説、四柱推命ですが、風水や木火土金水の事は自分なりに独学で学んでいましたので、十分判っていましたが、神的検地から知る吉岡さんの話は、気学という人が作った法則より、神側からの知識が入っていて、とっても参考になりました。特に、川の流れがくねくねと曲がっている意味は、その曲がりで砂利が溜まる所、石が溜まる所、そういう所で命が生まれ循環が出来る。川は真っ直ぐにすると命の循環が出来ず川が死ぬ。木火土金水で足りないものは風。エネルギーで繋ぐとその循環は修復できる。魚や獣が行きき出来なくとも、風=鳥、または水の粒子などで修復できる。例えば、鳥が種を運び命の循環が再開するとか、人間意識により動かす水の粒子でも循環が起こる。この事は驚愕でした。空間にある水蒸気に祈りに気が入ると、その場の気が変わる。本当に目から鱗でした。北は命を生みだす方角の気で男軸、南は全ての思いを受け止める女軸(地軸)。北東のラインが天地の流れと考えて感謝の祈りをする。東は命を育てる太陽の方角、西は全ての命が収まる方角。これらそれぞれの方角に祈りをささげる事により命の循環と自然節理の修復が出来る。(四方拝)また、北東(鬼門)~南西(裏鬼門)の流れは四方に入る精気なので、そこを守って下さるものがあれば感謝し、 命の循環を守って下さる存在に感謝を捧げる。東西南北と鬼門・裏鬼門の六ヶ所を祈ると、体感的に気を感じやすくなり、マイナスのイメージが伝わってくる方角が感じられたならば、その方角の昔からある祈りと対象物(神社仏閣石碑等)を探し、塩・水・酒 でお詫びをしてから自分の本気の心、完全な愛の心で修復する。自分の言葉で宣言する。そうすれば、風や日輪や虹や音なので合図が来る。人間の思いが強い場合は体に痛みが出てお知らせがある。自分でその意味が判らない場合は、信頼できる仲間に読みとって貰うなどの対処をする必要がある。神達の自然循環の気と、人が願う気を、自分の心の中でひとつにして祈る事がポイントである。一生懸命やって、それが達成できたか?の確認は体感しかありません。体が温まるだとか、体が冷たくなるとか、自分の体感で確かめる。神は私達の体の水分を使って表現してくださるから。山は父、海は母と思い対面するとよい。山と相対して祈りをすると、沢山の情報を下さる事がある。一度やった方が良いとの事。これらの事を教えて頂きありがとうございます。性格と思考の改善方法として、人は思いこみ(親等からすり込み)と、自分の価値観で物事を判断しがちである。相手の一面だけ見て判断するのではなく、多方面から考えて判断する事を心掛けるのが大切である。今より他人に喜ばれて、自分も喜びを感じる自分になる事が必要である。気の合わない人、自分を非難する人、自分の嫌いの人、それはどんな状況でも環境でも現れる。それは、自分のテーマである事に気づく事。そして、それをクリアする事が大切である。状況を正しく判断する心を育てるには、1. 犠牲者意識から物事を判断しない。2. 加害者生き意識から物事を判断しない。過去の記憶が消されているのは、余計な記憶を思いださせない為であるので、過去の思いを超える為に、今あるテーマを乗り越える為のチャンスがそこにあると理解する。その為今生まれてきたのである。感情的になるような事柄は、そこがチャンスである。過去を乗り越える為の思考とは、もしかすると、過去に自分を正当化することで、私は人を傷つけたかも?自分は犠牲者だと思っていたけれど、本当は加害者かも?正しいと思ってやった行動や言動は、この考え方で振り返り考え直してみる必要がある。そして、過去の失敗から感謝と恩返しの心で接する事により、 自分の体験した過去の意味さえ変える事ができるのである。自分が素直に相手の思いを受け止める用意が出来た時、能力には関係なく、自然に自分に聞いて貰いたいという思いのある存在が寄って来る。神も霊的なものも。此処で大切なのは、自分に見合う存在しかやってこない。自分の波動と同じレベルのものが寄ってくるという事。しかるに、マイナス思考の人はその存在。プラス思考の人はその存在である。これは、自分の心の状態に見合った存在が集まり、その中で自分の思いを達成して行くしかないという事。だから、いつもポジティブな思考であるよう心がける事が必要である。そして、自分が今どの位置にいるのかを確認する事。幸せ度を測り、テキストに書かれている表を見て確認し、より幸せになるように、また、大いなる愛の人生に変えて行く為にも自分の魂が抱えている性質(たち)の形成理由を知り成長して行くべきである。インナーチャイルドについては、他の講座で学び実践していました。吉岡氏の言うここでのインナーチャイルドの癒し方とほぼ同じであり、改めて復習する事が出来ました。ただ違う所は、読み取り学全般の教えと知識が上乗せとなり、より深く理解する事が出来ました。読み取り学を学んで本当にありがたく思います。ありがとうございます。これからも、この教えを何度も復習して、本当に理解できるように努力をして行きたい。カシオペア神事の事。私の詫びも多々入っていた為、個人的な事があり大変申し訳なく存じます。しかし、皆様のお陰で私は過去世の大きなカルマを解消する事が出来、また、あのような大きな神事が待ち構えていて、体験し、達成し、それを計画していた神に感謝です。今でも忘れません。命の玉を天の戸の隙間に入れ込むと、その戸が大きく開き、見えた六次元の気の素晴らしさ!光輝き風ではない気の神々しさ!そして、お礼の祈りの時に見えた御殿!この事はSNSの掲示板に書かせて頂いたので詳しくは書きませんが、本当に素晴らしい体験でした。実は、もう一度あの天の戸が開いたシーンを見させて頂いた事がありました。それは、愛知の会議後、寝ようと布団に入ると、なぜかあのシーンがありありと見せられました。これは、多分、この事を忘れず今後に向かへという意味と思っています。SNSの仲間を信じて、今後もお役に立てるように精進してまいりたいと存じます。 ありがとうございます。

image
40代女性(北海道出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 いま、まさにオーナー会員を募集したり、他のイベントで立ち振る舞い、関わり方の中で、指導者養成学の学びにつながることがありすぎて自分の中に落とし込み続けている最中です。わからないことはすぐ聞く。言ったことの責任。勘違いと思い込みで失敗することが多々ありましたが(ありますが)、少しずつですが、だんだんましになってはいるように感じます。
◉人類進化学 なんといってもアトランティスとムーの話。最初の録画が全部消えてしまってそれも衝撃でしたが、どんどんいろんなことが起こりました。過去を超えて今後どうするのか?リアルに考えました。いま、この先の方向性が少し見えてきたような気がして、どのようにそこに向かうか?次々と浮かびます。これを忘れないようにこのまま進もうと思います。
◉読み取り学 今回、学んだ先祖や土地のことを、実際に辿った先祖祈りで実践できたことがたくさんありました。先祖祈りを全て終え、自分もこれまでにないやりきった感が大きいのですが、父自身も自分で辿ったことで以前と少し違う安定感が出てきたような気がしています。これが見えない世界と現実の繋がりなのだな。と感じました。陰陽五行と四柱推命、土地の修復についてがまだぼんやりとしかわかっているようで理解できていないかもしれません。カシオペア神事の映像を見ているだけで、その場の空気感がどんどん変わっていくように見え右耳キーンが止まりませんでした。

image
50代女性(愛知県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 2回 目的別のコミュニケーション方法の違い。目的を明確にしないから結果は生まれない。相手との立場の違いを尊重しながら目的を明確にして話す。
◉人類進化学 6回目の新時代の叡智。元は皆一体だと無意識では知っている、分離感があるから繋がりたい。
◉読み取り学 読み取り学4 性格と思考の改善方法。幸せ度 今のあなたはどこですか? 中心という位置と相対が存在することを教えた頂いた事です。

image
40代女性(愛知県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 リーダーでもサブリーダーでもそれぞれの立ち位置があります。同じ場でもメンバーが違うだけでも変わります。結局、人との関わり方として、他者の環境・背景を踏まえ、社会性として大きな組織の意識を持ちながらコミュニケーションをとっていきたいと思います。
◉人類進化学 多くの思いがあり、ここに在る人として、点と点の繋がりあえることで、自身の面を増やし、ピラミットの五つの点が繋げて5の変革をし、和を持って、今後、意識をしていきたいと思います。過去の思いを理解することが難しいのですが、喜びになるこれからの創造と人という新しい視点と繋がる事が悦びでしかない事を確信しました。深いお話に、軽い答えですみません。
◉読み取り学 今の自分の位置がこれまでの自分の視点の思考であり、足りない自分と向き合えて、人の立場からの視点を感じる事の喜びが、自分・先祖・神の喜びとなり、それが本来自分が感じていることなんだと思いました。これまでしてきたこと全てが自分だけの事だけではなく、家族・人全ての思いのクリーニングだという事。本来持つ、本能の創造力の及ぼす影響が人を創り、進化していくのかを多くの視点で和合していくことが私の魂の目的だと今感じています。これまで体験し、判断を変換し続けた経験と情報収集に心を向けたいと思います。ありがとうございます。

image
50代女性(神奈川県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 3回目が今の仕事にも深く関わっている内容だったで大変参考になりました。いずれにしても将来的にもっとしっかり復習して勉強する必要があると感じましたが、時間がなく4回目と5回目はさっと流してしまう学習になってしまいました。
◉人類進化学 全体的にとにかく前のめりで聴いてしまうくらいどの回も面白かったです。部分的には何回も何回も聞き直したりしたところもあります。今の自分が直面している問題、抱えている課題とちょうどシンクロしているので、本当に有り難い講義でした。3回目・4回目・6回目はぶっ飛びそうでした。私は100%です!私は愛そのものです!ありがとうございました。
◉読み取り学「先祖が自分を思う思いに気づく」ということ、そして「心を込めてまっすぐ感謝の思いを向けているかどうかだけを先祖たちが見ている」ということを肝に銘じます。カシオペア神事では、「祈りは時空をこえる」と信じて手を合わせていましたら、サイレンが鳴り終わるころ冷たかった手が温かくなっていました。インナーチャイルドを癒します!!コースや回を問わず何度も繰り返される言葉がありましたが、それがかえって印象に残りすうっと頭(心)に入っていきました。また、とりかかるまでは 2時間かぁ・・・と思うのですが、一旦見始めるとやはりどのコースのどの回も興味深く面白い内容でした。ありがとうございました!!

image
40代女性(長野県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 親子のカルマの学びとして、騙されたんだということ、兄弟が生まれる順番も他人も、社会も、意味があって合わされているんだということ。
◉人類進化学 アトランティス大陸とムー大陸は、そこに居たのかとゆう位に涙があふれてきて、もう、今回が最後だから、失敗出来ないんだみたいな感情。純粋さが時として、大変な事態を起こしてしまうんだという学びです。
◉読み取り学 自然と一体になると、思考できなく、気持ちがわかり、天と地のわかりました。

image
50代女性(愛知県出身)
中級クラス受講者

◉指導者養成学 指導者養成学第一回の、人を指導する時の方法(O・J・TとOFF・J・T)は、一番印象に残りました。職場の大きな問題点がこれだと思えました。現場教育が優先で、なかなか困難な状況を目の当たりにしており、事前学習の重要性を学んだ時、本来、これが必要なことだと解りました。事前学習がしっかり出来ておらず、曖昧にしたまま現場にでてうまく行くわけがありませんが、現実は基本中の基本で、あたりまえのはずのことが置き去りになっていることに気づき驚きでした。指導者の立場の人が(O・J・TとOFF・J・T)を学んだとき、希望が観えてくるように思います。もちろん、その前に家庭教育の重要性の学びも必要だと思っています。指導者養成学の一回目からどれも必要なことばかりで、学べたことに感謝です。学んだことを、自分の縁ある環境の中で相手が理解できるように伝える実践をして行きます。
◉人類進化学 人類進化学は、一番おもしろく、講義を心地よく聞いた感じでした。どの内容も、今に存在することが、宇宙のいろいろな英知の恩恵をどれ程受けているのかを改めて感じ、感謝の心が深くなれました。日本人に生まれたことに感謝し、新しい価値観で和合・和平の心を大切に人との繋がりを創っていく。自分・他人・神 三位一体。 相手を喜ばせることを考えると出てくるものがある。残りの人生、楽しく生きて行ける内容満載でした。ありがとうございます。
◉読み取り学 土地祈りと先祖祈りに関しては、家族や知人等と話すことも多くなり、より大切さを実感しています。読み取りの実践で、ふっと思わされたことを受け取ってそのままで、その先に必要な聞くということが出来ていないことを知り、対話することの大切さを学びました。これまで、・なんで?・どうして?と問う意識が低かったことに気づき、聞く(問う)こと対話することが少しずつ掴めてきたので、これからも楽しく実践して行きます。

image
30代女性(大阪出身)
中級クラス受講者

◉人類進化学 全部がいま生きていること、これから進むために必要な意味を提示してるところに感動しました。

上級クラスは2018年5月から開講している最新の講座です。
現在、上級クラスは、初級クラスや中級クラスを受講していない方でも受講可能です。この機会にぜひ受講してみてください!