全てを失うことを知りながら存在する人間の存在理由