2008元旦祈り 全国からのご報告

明けましておめでとうございます。元旦日の出祈りにご参加いただきました皆様本当にありがとうございます。祈りの最中ずっと宇宙メッセージが降りてきてこれから始まる国改め・世改め・人改めのことを教えてくれました。私が祈った場所は北海道の西にあたる小樽の海岸より東へ向かって日の出祈りをしました。これで沖縄冬至祈りの北南、今日の東西を祈ることで四方祈りとなり、最後に中心に収めるようにというメッセージでしたので札幌発祥の地である琴似神社の土地神様へ中心の納め参拝をしました。「新しい始まり」と共に皆様の素晴らしい一年が始まりましたことを心からお祝い申し上げます。

○全国の皆様からのご報告

全国で日の出の宣言祈りに参加された方々からたくさんの写真と感動の体験報告をいただいています。新しい年の始まりに新しい気持ちで早起きして宣言祈りをされた方は、はっきり今年の時の変化を心で感じとることができることでしょう。時の流れは人の心と同じように常に変化していますが、その変化があなたの望まない結果であったとしても、人間全体の集合意識の流れに逆らうことはできません。だからこそ明日の未来を変えるのは政治家でも有名な経済界のトップでもなく、あなた自身の宣言と日々の行動なのです。

誰かのために宣言するのではなく自らの明日のために宣言することはとても重要なことです。日本人は「不言実行」を美徳する文化民族と言われていましたが、これだけ欧米的な文化を取り入れていてはその意味さえ理解できない人も今は多いことでしょう。1950年代からの西洋文化の導入で一番変化したのがこの「個人」という概念を優先した文化の導入でしょう。その結果、自己主張や有限実行を当然とする文化になりつつありますが、これも皆さんが望んだ結果です。

現在の日本は、西洋文化と東洋文化の板挟みの間で新しい日本の文化を模索している状態だと感じています。本来の日本人らしさとは何か?日本の女性らしさや男性らしさは何かを今、問われているのです。また貨幣経済のメリットと弊害についても問われています。自然破壊は、皆さんが望んだことの結果として起きていることなのです。その全ての責任を問うように私たち一人一人の価値観や願望の結果として現実に現れてきます。

私たち日本人が大切に守らなければいけない精神文化とは何なのかをもし外国の人に問われ時、あなたはどう答えるでしょう?それが私たちをが守るべきものなのかをもう一度自分に問い正してみてください。次の時代へ継承すべきものは何か?日本一人一人の精神性が今、まさに問われている時代なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です