中国四川省地震と地球創生神事の意味

5月12日日本時間午後3:30 中国四川省でM7・8の大地震 が起きました。
この意味を他国の事と捉えている限り、日本や世界で起きるこれからの災難の意味を理解することはできないでしょう。
大陸プレートの振動(地震)は、地球の核が宇宙の意志として、地球全ての命を危うくしている責任をどうするのかと私たち人間に問いています。

さらに、地球創生に公開している今年8月の啓示の意味もわかりました。

今年の8月、神奈川県横須賀市の米海軍基地に原子力空母「ジョージ・ワシントン」が配備されることを示しているようです。

私はあえてこの場で皆さんに何をどうするべきかは明示しません。

それはあなた自身が考えて、あなた自身ができることを行動することでしか全ての責任を自分で取れないからです。

世の中で大きな出来事や問題が起きた時、どうしようかと右往左往するのではなく、あなた自身が自分の行動意識を変化させて、その新しい変化のムーブメントを仲間とひとつにすることが大切です。

社会批判や政治批判、国批判や個人批判は、愛を産み出しません。

そのすべてに属する私たち人間の全体責任ですから、まずその責任をあなた自身が取ろうとる覚悟が必要です。

地球の核は、地球に存在する全ての生命を育みながら私たちの足もとの大地へとつながり、その頂きは大きな山々となって私たちを見つめています。

私が行う神事は、その山の頂きにいる神々様や大いなる存在との対話の中から、これから人間が進むべき方向を確認するために神事を行っています。

ですから私の祈りには、今、存在させていただいている感謝の祈りしかありません。

まもなく控えている5月18日の岩木山神事へ向けて、沖縄の安須森(アスムイ)山からメッセージが届きました。山の神々の意志を受け取りさらなる覚悟をしているところです。

本日は以前より公開していた白山神事のメッセージが明確になりましたので、その情報の公開に併せて今後、地球や日本の運命を背負う白山神事へ参加を希望する方を募集致します。

参加条件は、全てにおいて自己責任と他者を想いやる気持ちで行動できる方と致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です