土地の歴史

夢の中で人々の悲惨な情景を見せられて朝4時に起きた理由は、夕張神事の準備として 「石狩炭田」石狩炭田での朝鮮人労働の事実を詳しく知る必要があったからだとわかりました。

2003年から行っている北海道神事でも、北海道開拓当時にあった第三国人の強制労働の事実がいくつも判明していましたのが、今回の出てきた人数は過去にない、のべ10万人におよぶ強制労働の実態が出てきました。

私が知る範囲だけでも、北海道の開拓に関わった人たちは、刑務所の流刑者たちや非人道的な「タコ部屋」の人たちなど、たくさんの人がみじめな死に方をしています。

さらに誰もが事実としてと認めたくない事ですが、実際にあった「人柱(ひとばしら」についてもたくさんの事実が浮き彫りになってきています。

この特別とも思える北海道開拓当時の出来事は、実は、全国的にも起きている事実なの事ですが、現在、その事を子供たちに伝えられる親はいるのでしょうか?

私たちが今、知らなければいけない事は、こういうたくさんの思いを持って命を失った人たちの土地の上に住んでいるという事です。だからこそ、自分の住む土地に感謝する「土地祈り」の重要性を伝えているのです。

日本人が戦争中に侵略した土地でしてきた非人道的なことも、ほとんどは伝えられていませんし、いつの時代も隠された事実を知る人は、その口を閉ざしてるからです。

でも、実際に亡くなった御霊たちの想いやその家族の想いを感じる心は、今、生かされている感謝の心の根底に必要なものなのです。

自分の土地に感謝する心が無い人が、他人へ感謝の心を伝えたとしても愚かに思えるのは、私だけはないと思います。

生かさせて頂いている感謝の心は、失った尊い命に対する責任もあるのだという事を私たち人間は、後世に伝えていかなければいけないと思います。

地球上の自然界や動物界は「死」に対する想いが、土地に残る事はありません。

生死を含めた全ての出来事が、宇宙の循環節理の一部だと知っているからです。先住民族も同じように、こういった生死に対する心構えを長老が子供たちに伝えていました。それが、自然神に対する感謝の祈りだったのです。

現在の人間のように、土地に感謝する事を忘れ、先人や先祖に感謝する事を忘れた結果、不浄御霊たちのマイナスエネルギーが、不安定な心に影響していることをわかって下さい。

真実は、常に隠され続けて20世紀だったからこそ、この21世紀は、事実を受け止める勇気と大きな愛を皆さんにお願いします。真実の愛は、どんなく苦しくても、全てを受け入れ続ける「寛容の心」から始まります。

5月15日、夕張の地から祈る愛のエネルギーは、自分の土地を愛する人たちの祈りに繋がり、大きな愛のエネルギーとなって宇宙に繋がることでしょう。皆様の祈り合わせを宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です