ありがたやの心

時 さめやらぬ風が吹く

美しの世の風  嵐が吹き荒れる

見えぬ世界の美しさを知らぬ者

見える世界だけの美しさしか知らぬ者

おろかなり

時 うつろいて全ては消える

何故 今 眼の前にあるのか  

何故 今 そう感じるのか

その理由も分らぬまま 見過ごす風

あると思うな いつまでも  

無くなると思うな 心の平安

自らの心の中から産み出す光が

見えぬ世の美しさを創りだす

心清らかに 「ありがたやの心」忘れず

いつの世も 信じるものは

己の心の中にしか あらず

戸惑うな 惑うな  

信じる者は 救われる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です