先祖と土地から体に受ける影響

今日は土地のエネルギーが人間の体や意識にどういう影響を与えているかについてお話ししますが、土地にへばりついたエネルギーのことを「人間の思い」と言い換えてもいいでしょう。

その前に「ご先祖祈り」の重要性についてはこれまで何度もお話ししていますが、自分という一人の人間が生まれるまでにご先祖たちがどういう経験や思いをしてきたかを知ることで、家族の因縁やカルマを知るキッカケにもなりますので心迷いをしている人はすぐに始めて下さい。

そして人間が土地の上にしか住めないからこそ、住む土地の歴史を調べる重要性も言い続けていますが、単に歴史の教科書に載っている表面的な歴史ではなく、その土地に住んだ人たちがどういう思いをしたのか、またどんな争いで亡くなった人がいたのかを正しく理解することでお詫びや感謝をしなければいけない場所を見つける事ができます。

家に住んだ人たちの染み付いた思いは家を壊して燃やせば消えますが、土地にへばりついた思いは、いくら建物を壊して新しく建て替えても簡単に消えることはありません。

だからこそ土地の浄化祈りの依頼が増えていますが、まだ「土地祈りの重要性」に気づいていない方が多いのも残念なことです。

土地に残った思いで「浮遊霊」という名前を聞いたことがあると思いますが、天へ昇天しきれない思いを残した霊たちのことをこう呼びます。

普通の「浮遊霊」は特に誰かに悪さをするつもりはないのですが、どこの家でも家の中をいつも通過しながら住んでいる人たちを見つめています。

猫や犬を飼っている方ならわかると思いますが、猫が突然、部屋の空間をじっと見つめている時や、何も無い天上をジーと目で追っている時などが「浮遊霊」を見ている時なのです。

猫の魂は霊界に通じる番人として地球に降りていますので、人間が本来するべき役目を果たすかどうかを見守りながら、霊界のエネルギーにはとても敏感に反応します。

猫がいない家は、部屋をきれいにお掃除してから玄関や部屋の四隅に「塩もり」をする事で「浮遊霊」たちを避けることも可能ですので、気なる方はすぐに行なって下さい。

最近、相談されたケースですが、数年前から家族や親戚が立て続けに変な亡くなり方をした家族の相談が続いていますが、こういう死に直接、至るケースの場合もまず「先祖と土地の因縁」から調べます。

私は名字と名前を聞いただけで、その方のご先祖の因縁をたどれるような体質になってしまいましたが、皆さんの場合は直接、自分の手で調べるという面倒な事をすることでご先祖の気持ちに近づく努力をしていると言えます。

家族の不幸な事故や災いが続く家には、必ず先祖や土地の大きな問題がのしかかっていますが、家族の誰かが本気で自分の責任だと認識して行動しない限り、どんな霊能者に頼んでも根本的な解決にはなりません。

理由は、身体か名字の一部を直接頂いている家族の誰かがその責任を果たさない限り、ご先祖たちは許してくれないからです。

他人の霊能者にお金を払って苦しみを丸投げした分、家族が謝るべき事をまだ気づいていないと、何度でも同じことが起きるものです。

全国にいる霊能者は、あくまであなたの「ガイド」としての役目だと言う事を覚えておいて下さい。

死に至らないまでも、激しい夫婦喧嘩や家族の喧嘩が続く家にも同じような事が言えます。

誰もが喧嘩をする時は感情的になりやすい為に、守護霊が守るエネルギー範囲を超えて感情的な霊たちの影響を受けやすくなりますので、突然、火が付いて狂人になる人を見た事があると思います。

女性がヒステリー状態になった時や、男性が深酒して酒乱の状態になった時も、ほとんどの場合、感情的な霊に乗られているので論理的な思考が通用しません。

霊媒体の体質の方は、常にこういう状態になりやすいので、ご先祖祈りをしっかり終えて守護霊たちの強い力で守ってもらうことが必要です。

沖縄ではこの強い守護霊の事を「チヂ神」と呼び、守護して下さる力によって心迷いをしている人が正しい道へ導かれる為の方法を教えるユタや神人(カミンチュ)がいます。

しかし、「チヂ神」は自分で選ぶ事はできませんので、どういう「チヂ神」が付くかによって歩む道が厳しくなる人もいる事は覚えておいて下さい。

目に見えない先祖の事や土地の思いについては科学では証明できませんが、ハッキリ人間は住む土地によって感情や思考が影響を受けて、気分が変わる事は皆さんもご存じのはずです。

いくら引っ越しをしても改善しない方こそ、早くご先祖に対するお詫びと感謝祈りをする必要があると言えます。

ご先祖たちの言葉を代弁しますが、誰もあなたを苦しめようと思っている先祖はいません

ただあなたに正しい事実を知って欲しいのと、その思いをあなたに和合して欲しいからこそ、エネルギーであなたに伝えているだけなのです。

全ての原因はあなたの心の状態に比例していますので、現実をしっかり見据えて自分がするべき事から逃げないことが大切ですし、果たすべき責任を全うする様心がけて下さい。

「新しい地球に生まれ変わらせなさい」という「地球創生の啓示」によって私が宣言したことは、「日本人の精神性を守る」という事ですので、これまでの8年間の神事で沖縄と北海道の神整いを終えて現在は、本州の土地のカルマに取り組んでいるところです。

本州と言う土地は、東京から大阪・京都までの間に五段階にもなる深い土地のカルマがありますが、それを外せるのは何よりもその土地に住んでいる方のお詫びと和合の心が必要です。

いずれ四国や九州の残った土地の思いも大浄化する為に動く時期がやってきますが、どうぞ皆様もご自分の住んでいる土地の歴史を調べて、どういう土地の歴史の上に自分が住んでいるかを学んでお詫びと感謝するべき先人たちの場所や神様の場所を見つけて下さい。

土地の思いは、その土地に長く住んでいる年長者たちからも学ぶ事ができますので、先人の心を伝承している人たちに頭を下げて教えを頂いて下さい。

住む土地の神様に愛される人になってこそ、自分が人間に生まれてきた使命を果たせるのです!

私たち人間はその為に何度も生まれ変わって、家族と言う縁組みをし続けているのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です