正しい先祖祈りの心構え

ご先祖の家系やルーツを調べたり、先祖に対する祈りの意味がわからないという問いあわせを頂きましたので、改めてご説明したいと思います。

困惑されている方に共通する点は、仏教の宗派の違いによって説明が違いますし、各宗教に学んだ経験を持つ方は教えられた「先祖供養」の概念に影響されていると思いますが、私がお願いしている先祖祈りは、宗派に関係なく人類全てに共通する「感謝の心から生まれた祈り」です。

その原点は、「自らの存在に対する感謝の心」が基本になっています。

「個」という自分をとらえて誰かと比較して落ち込んでいる人をよく見かけますが、本来、人間と言う動物は「個」という自意識に目覚める前に学ぶべきことは、命と肉体を与えてくれた父母の存在に感謝する心なのです。

父母にも同じように父母、そしてさらに父母がいて、もの凄い確率で命が与えたれたからこそ、あなたは生まれたのですが、先祖に感謝する心の基本は、

「命を与えて下さった全ての父母に対する感謝の心」が第一にあります。

父母に感謝する心が本当の意味で正しく理解できると、自分と言う「個」を掴んで苦しむ必要が無いことにも気づきます。

ただ存在しているだけで、今日、生きているだけで感謝の心が溢れてくるのが、本当の感謝の心を知っている人なのです。

私がこれまで相談を受けた方の中には、ご先祖の因縁を背負って苦しんでいる方たちにたくさん逢いましたが、ひとつひとつ心を正しながら今、存在していること、生かされている事への感謝の気持ちを伝えてきました。

外国人に犯されて子供を宿し、妊娠を隠しながら最後は家族でひっそりと生んだ子供の出生の秘密を隠し続けて死んだ女性の家族に、もしあなたが苦しみを相談されたとしたらどう導くでしょうか?

もし、あなたのお子さんが同じような体験をしたとしたら、あなたは母親として子供をどう導きますか?

こんな話しは戦争当時だけではなく、現代社会のどこにでも、こういう形で命を頂いた方がいるということを知っておく必要がありますし、表に出ない話だからこそ年長者の女性たちは命を対して答えを出さなければいけない立場にあることを忘れてはいけません。

沖縄の人たちがどんな思いをしてこの100年間を生き抜いてきたのか、女性たちは、母親たちはどんな苦労をして命を繋いできたのか、本当の事をあなたは知らないからこそ、自分や周りの人の命を粗末にできるのです。

どんなことが起きても支えてあげられるあなたでなければ、あなたの言う「命は大切」という言葉が空虚だという事に気づいて下さい。

今、この地球の反対側では、一杯の水が無くて子供たちが死んでいますし、今日の食事を摂れなくてたくさんの人が死んでいます。

その人たちと同じ時代に地球に生まれ、豊かな国に発展した日本に生まれたあなたは、どんな形で生まれたにせよ、命を育んでくれた大切な父母に対して「感謝の心」を持てないのなら、人間の道義を知らずに人を裁く権利はあなたにありません。

あなたに命のリレーを繋いでくれた父母が現在、生きていようが亡くなっていようが、離婚して他の人と結ばれていようが、それは全く関係ないことです。

誰かの生き方を批判する前に、まず今、命があることに感謝する心をあなたは学んで下さい。

あなたがひとつの命として生まれた時に、それまでたくさんの命が消えていったことも覚えておかなければなりません。

戦争で命を落とした人もそうですが、流産をした母親も、お金が無くておろした命も、育てられない状況だからとおろした全ての命の希望が、今、あなたに、そして、地球上に生きている全ての人たちに与えられているのです。

だからこそ、私たちは「生きている」のではありません。

たくさんの失った人の命によって「今、生かされている」のです。

命のリレーを繋いでくれた全てのご先祖に感謝する心がある人は、生きている父母に祖父母の人生を学び、祖父母の親たちの人生がどう生きたかを知る事で、あなたは今、存在している意味に気づけることでしょう。

健常者で生まれようが、障害者で生まれようが、交通事故で手足を失おうが、命があるのなら、あなたは神に選ばれて先祖に守られて今、生かされているのです。

誰かに不満を言う前に、まず「自分が生かされている事を心から感謝すること」を学んで下さい。

命を守ることや地球を守ることは、きれい事だけではできません。

常に、自然界の命を奪い続ける事でしか、私たち人間は生きることができない動物だからです。

地球や自然に感謝する心がわからないあなたは、まず自分が存在している事に感謝する心を学ばなければならないと思います。

事業に失敗しようが、莫大な借金を背負おうが、誰かに攻撃を受けて辛い経験をしようが、あなたは今、生かされているのです。

何かをする為に生かされているのですが、その理由を探す前に先祖のルーツを調べて、先祖の土地に出向いて、御先祖たちが生きる為に必死に手を合わせた神仏に感謝し、それまで先祖の事を学ぼうとしなかったことへのお詫びと感謝の祈りをする必要が、全員にあるのです。

自らの心を正す為にも、一人で先祖のことを調べて下さい。
その心を先祖たちは、いつも見守っています。

私は沖縄へ通うようになってから本当の意味で「命の大切さ」を学びました。

白龍の神に導かれて、沖縄のたくさんの人たちに教えてもらいながら、生きる事の意味にも気づかされました。

日本人の全ての魂を守ってくれている場所が沖縄という母の地だからこそ、
私は愚かな人間全ての代表としてお詫びと感謝の祈りを年に二回行っています。

人間を守り続けてきてくれた自然界の神々は、いつもと厳しく気づきの言葉を下さいます。

今、できることをしなさい。

今、できることをすぐにしなさい。

明日の命が保障されている訳ではないからこそ、今を一生懸命に生きるのです。

それが今、生かされている人たち全ての人間全員の使命なのです。

吉岡学がお勧めする正しい先祖への感謝祈りの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です