1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. 【未来教育学】天無神人の神仏心大学
  4. 大きな12サイクルの山場

大きな12サイクルの山場

新年の三ヶ日を終えて、やっと昨年末から激しく動いていた意識の上昇エネルギーも落ち着いた感じになりましたね~(^^)

これからは昨年末から届けられている重要な啓示やメッセージを順番に「地球創生メルマガ」に登録している皆様へお届けしますが、メルマガで重要なメッセージをお届けする目的は、「地球を愛する意思表示」をした人たちと一緒に「共有意識の上昇」を目指しているので神意識を共有しています。


地球創生メルマガ」の登録の際に、本名・生年月日・住所を明確にされていない皆様を削除する理由も、実際にその土地でお会いできる可能性を大切にしているからです。


今後は皆さんと行う祈りの重要さが増すうえに、互いの魂記憶に触れる情報をシェアする場になりますので、より大きな愛を産みだす神巫女たちが増える事でしょう。


本気で地球に生まれ日本に生まれた目的を果たすと決断した人たちは、自分という枠を超えた愛を日々、実践してくれています。


2011年は今までよりさらに「意識と現実のバランス」が重要な年になりますので、ふと考えた事や言葉にした事に責任を持つ人たちとの繋がりが、より重要になってきます。


私にとっての2011年はもうやるべき事が山積み状態なので、ひとつひとつ出来る事から手を付けていきますが、全国各地で行う活動にたくさんの方のご協力をお願いしたいと思います。


今年のテーマのひとつは、現実生活を歓び溢れる生き方にする為に一人一人が何を気づき、何を変えればいいのかという点に着目して、各地で行う勉強会・講演会・カウンセリング・アカシックレコード・スピリチュアル能力開発講座を中心にサポートしていきます。


また、実際に地域に住む大きな愛の実現を目指す人たちをサポートしながら、同じ思いの人たちとの出会いの場を増やして周りの人たちへ愛を広げる活動も行います。


個人の学びは人生の永遠のテーマだからこそ、個人と家族の学び、そして地域の学びを同時にできる場を増やしますので、我が町にも来て欲しい!という方はどうぞお声をかけて下さい。


2003年から始まった地球創生神事も、2011年は山場を迎えています。


2012年は高次元意識に繋がる人たちから順番に、意識崩壊にも似た混乱の現象が次々と起きる事がわかっていますので、そうならない為にも土地のカルマや神々の思いを整える神事を行っていますが、このテーマについても、最終的な詰めの年になると思います。


日本人に生まれた全ての人間の「無意識」に記憶している「民族カルマの解消」と、あらゆる星の記憶を持つ人たちの「宇宙意識の統合」も大きなテーマですので、この二つのテーマはいつも意識しています。


実際に神事に参加されると、自らの魂の記憶の断片が蘇るほど大きなエネルギーを祈りで動かしますので、現実をしっかり行いながら魂の目的を果たす覚悟を持つ人たちとの出会いを楽しみにしています。


一度きりのこの人生を、何の為に生きるのか、誰の為に生きるのか?


全てあなたが選んで決めたとおりの経験と結果になりますので、出会う人たちの心のバランスを整えるお手伝いをしながら、人生の歓びを大きくする人たちにたくさん出会いたいと思っています。


生きる事が苦しいと悩んでいた人でさえ誰かに支えられる歓びを知ると、必ず誰かを支えたくなる様に人間は生まれた時にインプットされていますので、自分の為だけに生きるのではなく、自分と誰かが同時に歓ぶような目標を今年は設定して下さい。


魂の本当の歓びを感じる為には、偽善や自己犠牲からは決して生まれませんので、自らを愛し、その自分を信じられた人だけが、自分の信じる道を歩める年なのです。


それがまだできない人は、誰かに手を引かれながら生きるか、反対に誰かの手を引いて生きるしかないのですよ。


この人生は本当はそれほど難しくは出来ていませんが、誰かの思いやルールの囚われたり、過去の思いや経験に縛られて生きている人たちは、その事にも気づかずにまた青い鳥を探す旅に出てしまいます。


自分の選んだ歓びのテーマを実現させてくれるのも、新しい誰かとの出会いしかないからこそ、常に新しい人との出会いを大切にして下さいと、今日の言葉を読んだ皆さんにお伝えしておきます。


今までのあなたの成功経験も失敗の経験も全て過去の出来事なのですから、常に「今の自分がどういう状態なのかを正しく判断してくれる人」との出会いを大切にして下さい。


未来は、今のあなたが一歩足を進めた瞬間から見えてくるものなのです。


今年は、魂に正直に生きる人たちの新しい出会いを楽しみに私も頑張りますので宜しくお願いします!

 

アーカイブ

Translate »