日本のひな型「沖縄」

やっと昨夜、4/1-4/3で行われた沖縄の比嘉吉丸さんの神事から戻りました。
母の地 沖縄で重要な神事の祭祀を務める意味は、「日本の北軸=父神の役」として依頼されたからですが、ハードな神事よりも、素晴らしい人たちと出会いが多かったので、互いの気づきの為の話し合いで毎日、睡眠時間は1~2時間しかありませんでした。
それでなくても神事が毎日続く時は、身体に神様が入りメッセージを伝えてくるので、自分の身体の疲れはわからないまま過ごせましたが、沖縄の土地を離れた瞬間に身体から神様が抜けて疲れが一気に溢れました。
この4日間、メールもブログもほとんど書けないほどたくさんの人と話し合いが続きましたので、頭の中はいつも何人もの守護存在から同時に語り続けられているような状態でした。
女性(母神)が産んでくれた男性(父神)の役目を果たす私と比嘉吉丸さんの生まれ干支役目は、私が亥年なので「全てをまとめ上げる役目」です。
ひとつ下の比嘉吉丸さんは、「新しい始まり」の子年生まれですから、母の地沖縄で行う神エネルギーは、全て比嘉さんご夫妻の守護存在に繋ぎ渡す事が、生まれる前から決まっていた事を今回、気づきました。
二人が受け取るビジョンや啓示は似たものもありますし、意識チャンネル(担当領域)が違うからこそ、互いの情報を全て与えあう信頼関係が私たちにはあります。
今回、もっとも比嘉吉丸さんが素晴らしいと思った点は、これまで常に一人で神事を続けてきた男性が、先輩たちに頭を下げてたくさんの人に集まってもらう努力をした事だと思います。
誰一人、経済的に余裕があって祈りをしている人はいませんが、自分の思いよりも、母神の願いならばと、今回、全国から集まってくれた人たちばかりでした。
自分にどれほど素晴らしい能力があっても、その役目を果たす為には支えてくれる人たち次第ですから、「地球を守る魂の約束」を果たす覚悟を行動で示す人たちが集まりました。
とんでもない大きさの地震が日本にやってくる事は、20年前から何度も私たちはビジョンで見ていたからこそ、神に誓いを立てた人間としてあらゆる神に向き合う神事をしたり、皆様にメッセージを伝える努力を続けていますが、誰にも信じてもらえない事を言葉にする怖さも十分、知っています。
ほとんどの方は、目に見える目の前の事しか信じない人たちだからこそ、私たちの様な体質の人間は常に未来の最悪なシーンを見せられる役目をしなければいけないのですが、今回の東日本大地震の映像をテレビで見て自分の生き方を変えよう!」と決断したした方はどれくらいいるのでしょうか?
比嘉吉丸さんは、今回の3月に起きた地震のあと、6月、9月にも大きな問題が起きることを啓示で受け取っています。
それを回避できるかどうかも、これからの人間の意識と行動次第なのです。
まだ、その事に気づかない人がいるのなら、あなたは「自分の事しか考えていない人間」だと自覚したほうがいいでしょう。
どれだけ現実がうまくいっても、どれだけ人の為に良い事をしたとしても、日本人全ての方向性が間違っている事は知っているはずですから、「一人一人がその責任を問われている事」に気づかないのなら、もっと大きな大惨事がこの日本に必ず起きると私も断言できます。
私たち日本人は、地球や宇宙を守っている存在たちに
「変わりなさい!」 
と迫られているのですよ。
気づいている人は、これまでの自分を悔い改めて、「具体的に○○○に変わります」と宣言をする場として与えられた地球創生SNSの中で1000人の宣言エネルギーが集まれば、大神も私たちの願いを聞いてくれると思います。
どうぞ、地球の未来を真剣に考えて自分の生き方を変える決断をして下さる方は、まず、地球創生SNSにご参加下さい。
多くの仲間たちの意見を読んだり、コメントを残して意見交換し合う中で、一日も早く、自分の進むべき道を見つけて下さい。
現実的に考えれば、北海道の私が、なぜ沖縄の比嘉吉丸さんの神事に協力するのかという疑問が出る方もいると思いますが、もう全てのリーダーたちは手を組み協力しなければいけない時代に入ったからです。
日本中の、そして、世界中の精神世界、宗教のリーダーたちが、手を組み合って動かなければいけない時代になったのです!

そして、「日本が世界のひな型であり、沖縄が日本のひな型」であるという事も、よく覚えておいて下さい。
この意味がわからない方は、まず 赤椀の世直し をお読みになって下さい。
比嘉吉丸さんとは2006年にお会いしてから何度も本音の話し合いを続けてきましたが、やはり、この日本を守れなった最悪の場合、地球が消滅する事は確認し合っています。
私たちのように未来の辛い出来事を予知してしまう体質を持って生まれた人たちは他にもたくさんいますが、自分が望まないビジョンや啓示を受け取り続ける体質の方は、共通して幼い頃から本音を人に言えない苦しい時間を過ごした為に、本音を語る事がとても苦手です。
でも私が今、こうして本音を語れるようになったのも、多くの人たちの愛に支えられたおかげですから、そのお返しの為に魂の母の地 沖縄に毎年お礼祈りに行っているのです。
最近は、沖縄ブームでたくさんの人が足を運んでいますが、沖縄の土地や人に逢うとなぜか癒されると思いますが、それは私たちの魂の故郷であり、母の子宮の中にもどったような感覚になるからです。
3月11日の東日本大地震が起きた今だからこそ、比嘉吉丸さんは「日本のひな型」である沖縄の地に東西南北の日本中の神代表を集めて、「日本のひな型を整える東祈りの神事」を行いました。
今回、沖縄神事で出会った72歳の神人(カミンチュ)は、霊力も、判断も、神導きも、人導きも、私が出逢った沖縄の人の中で一番バランスの良いオバーでした。
4月3日の夜は、そのオバーの家に呼ばれて仲間とたくさん勉強させてもらいました。
沖縄が日本のひな型」と言う意味を理解している沖縄の神人(カミンチュ)や神子(カミングワ)の方たちは、何度も何度も沖縄の神々を整える祈りを続けている事はよく知っていますが、それでもこれだけ大きな震災が起きた理由はあるのです。
信頼している沖縄の神守りの皆さんにお伝えしますが、沖縄の人たちは、「母神としてのあり方を問われている」ことに気づくべきだと思います。
自分のチヂ神(守護神)のメッセージを絶対だと思って他人と対立したり、先祖神(人格神)だけを神だと祀っている人にはわからないかもしれませんが、人間を守っている自然神や宇宙神は、私たち人間の、神人・神子としてのあり方を問われている事に気づいて下さい。
だからこそ今回の神事は、日本の「東」で起きた震災ですから東西の自然神の陰陽和合によって沖縄の中軸を立てる神事を行いました。
昨年、私の仲間の神人(カミンチュ)からも、「日本の東が立っていない」と言われていましたが、比嘉さんが地震の原発事故を予知して日本全国を祈り回って安全祈願の祈りを続けていたのを知っていたからこそ、震災は日本を産みだした母の苦しみだと感じたのでボランティアで協力させて頂きました。
72歳の神人(カミンチュ)オバーは、こう私たちに教えてくれました。
私たち人間はねー、宇宙の道理に従って、自然界の道理から学んで、先祖や守護存在たちの思いを整える事が何よりも大切なんだよー。
「アマテラス」も「ヒヌカン(火の神)」も、全く同じ意味の神様だから、私は「太陽神」信仰をしているの。
4年間、毎朝、日の出に太鼓を持って主人と一緒に祈りをしたものだよー。
そんなオバーの家に入ると、玄関の正面から見える床の間に祀られたヒヌカン(火の神)に手を合わせる許可も下さいました。

「神様にまっすぐ向き合う事が出来る人はねー、自分の神様にもまっすぐ向き合える人だから、必要な人には、手を合わせる事を拒みはしないものだよー」と教えてくれました。
話しを聞けば聞くほど、比嘉吉丸さんが日本を代表するグランドマザーとして推薦したオバーだと紹介してくれた意味がよくわかりました。
つい、この前も、地球の軸がずれていると神様に言われたので、南米ペルーとヨーロッパに行って、地軸を調整する祈りをしてきたばかりさー、と。
自分から求めない出会いは全て神様の導きだからこそ、このご縁に心から感謝して「沖縄の為にできることはさせて頂きます」と伝えて、またお会いする事も決めました。
今回の神事で「今」を守る神々の整いはできましたが、「未来」を守る神々の意思を動かすのは、私たち人間の行動次第なのです。
私自身にも、沖縄で行うべき「アガリマイ」の啓示が降りてしまいました。
本州神事の最大の山場である、関西神事が続いていますので、一日も早く成し遂げる為の気づきを得ながら計画的に動かなければ経費も身体も持ちません。
変わらなければいけない事がわかっているのに、苦しんでいる人たちにメッセージを送りますね。
あなたが変われない理由は、小さなプライドです。
そのプライドは、あなたの大切な人や地球を守れますか?

本当に守りたい物は、何ですか?
本当に大切な物は、何ですか?
あなたは何をしなければいけないと思いますか?
どうぞ、自分一人でできることからすぐに始めて下さい。

 

 

大神様からこの日本を、そして、地球を救う為には「1000人の宣言エネルギーが必要だ!」と言われましたので、今後の地球の未来を希望の星へ変えたい皆様はどうぞ趣旨をご理解頂きまして「地球創生メルマガ(無料)」へご登録下さい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です