故 谷浩一君一周忌を迎えて

2010年6月24日(木)に、地球を守る為に働いていた谷浩一君(47歳)が亡くなりました。

今日は、その一周忌に当たります。
ついつい忙しさに忘れてしまってて、ゴメンナサイね。
線香の一本も立てずに、涙もこらえて、一緒に伊豆神事をしたことを想い出します。
あなたの死は多くの人の心に響き、地球の大切さや生きる事の大切さに気づいた人が多いと想います。
天上界から見れば、愚かな人間の業の世界だと思いますが、こちらも必死で頑張るべき人たちが動きだしていますので、一人一人にメッセージを送ってあげて下さい。
生きて肉体を持って役目を果たす人もいれば、肉体を離れて役目を果たす人がいるのはわかっていますが、一緒に、美味しいお酒を酌み交わして、どうすれば皆が気づくのかを話した夜の事を想い出しますねー。
思いは、いつも一緒ですよ!
でも、本当にごめんね、忘れてて・・・。
僕は、君が大好きでした。
大酒飲みで、暴れるし、暴言も吐くけど、とってもとっても、気のやさしい男なのは、知っていましたよー(^^)
後から聞いたら、女性たちも皆んな知ってたみたい(^^)
いずれ一緒に空の上でお酒を飲むと思うけど、僕も最近、神様たちから体を大事にして下さいと言われます。
あなたも言われていたはずなのに、ちょっと、無理しちゃったもんねー。
あなたの代わりに生きてる事は、いつも感じています。
先日も、神様から「いのちの代償」って本を読みなさいと言われて、やっと読み終えたところでした。
本を探したらね、二冊あって、両方読んだんだけど、やっぱり、北海道の山で遭難した事件の本に、一人だけ生き残った人の実話を神様が伝えたいのだとわかりましたよ!
生きるって大変だけど、僕らはみんな亡くなった人たちの「いのちの代償」を背負って生きているから、生かされている間に払わなければいけない代償があると感じています。
そうそう、3月11日に東日本大地震が起きてね、たくさんの人が亡くなったの。
知ってると思うけど、海の中や土砂の中で死んだ人たちが、まだ死んだことをわかってない人がいるみたいなので、お空へ連れて行ってあげて下さいね。
僕たち全ての日本人の気づきの為に、亡くなった人たちだからこそ、一生懸命に生きないとね!!
こちらもがんばるから、そっちもよろしくね!
言いたい事あったら、いつでも聞くから、降りてきていいよ(^^)
愛してます! 谷浩一君!
出会わせてくれて、ありがとうね~!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました