世界の神話から神心を知る

「人間の心」の不思議さは古代から研究されていますが、心を形成する大きな要因に「神話」が強く影響していることをご存知でしょうか?
 
「生きる意味や価値基準」が、国民性・民族性・宗教観の違いがよって生まれるのはご存じだと思いますが、物事の善悪を裁く倫理観や法律・マナーに至るまで、実は「神話」による影響がとても大きく影響しています。
今まで日本中で神事をして感じたことは、土地の人の言葉や神々の神言葉の中に、隠された多くの思いと知恵が隠されているからこそ、神と対話しながら真意を聞き届け、神々が望む世の中を作る為に神事を続けたことで、神々が本当に思っていることを理解できるまようになりました。
実際に、国が崩壊した時に立て直す学問を教えている東大の教授の言葉には、思想や宗教で国を建て直す方法がある事も教えてもらいました。
日本人に生まれた人は、何度も生まれ変わった魂の記憶が多いからこそ、過去の記憶に縛られている無意識の呪縛(カルマ)を外す為に、古い時代の神話から順番に手を付けて多くの神話に隠された意味を理解し、愛と調和の心を共に育みあいたいと思っています。

第一回目は、1月28日の午後7時から行う関東勉強会を皮切りに行いますが、毎回、シリーズでお伝えしようと思っているテーマをご紹介しておきます。

◎世界の神話から神の心を知るテーマ ※事前勉強は各自で行って下さいね!

1、古代ギリシャ神話に込められた意志と意味(1/28)
2、イエス・キリストの誕生とその意味(3/3)
3、お釈迦様の教えとインド仏教誕生の意味(3/31予定)
4、日本神道の神話と本当の意味(4月末予定)
5、北海道アイヌに残る人間誕生の神話(5月末予定)
6、沖縄の琉球神話に秘められた神と人の思い(6月末予定)
7、宇宙大戦争や前世記憶を思いだす人が増えている神意(未定)
 
なお、私は宗教学者でも歴史学者でもありませんので、何が正しいとか、何かにこう書いてあるとかを問う時間ではありませんので、どうぞ、そこのところを御理解して参加して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です