アラシメタマヒメミコのご降臨

5月1日の速開都比売(はやあきつひめ)様の大祓い祈りにご参加下さいました皆様、ありがとうございます。

祈り合わせをした皆様は、いかがでしたでしょうか?

私は祈りの最中、地球を包み込むほど大きな速開都比売(はやあきつひめ)のイメージとともに、とても穏やかなエネルギーを感じながらたくさんの人の顔が見えていました。

あ~今、これだけ多くの方達が心を合わせているのだと感じましたし、一人一人の心と身体と魂の浄化を心から願いました。

夜の祈りでは11:11に、「アラシメタマヒメミコ」の名前で新しい神様が降りてきました。

魂を新しく再生する神様のようです!(^^)!

皆様が新しい魂のステージへ向けて進む為に、お働きになる神様(神巫女)だと思われます。

過去に起きた辛い経験や目の前で起きている問題だけを考えて苦しい人生を送るのではなく、常に、「すべてが良い方向へ行く為に起きていること」だと理解し、希望のエネルギーは自らの内側から湧き出すものだと理解し、「今、生きてること」に感謝する言霊、「ありがとうございます」を唱え続けて下さいませ。

さらに昨日は、大切な気付きもありましたのでお知らせします。

「理性は常に、正当化する!」

「理性」は常に「自己防御」を考えているという事をまず覚えておくと良いでしょう。

逆に、「本能」は常に、チャレンジ、自分勝手、歓びの共有など、無限に自分の魂が歓ぶことを選択したくなるように設定されています。

その思いが正しいかどうかではなく、大切なことは、理性と本能が戦うと心は荒れ狂うということを知っておく事です。

心が乱れると「平常心」ではない状態で物事を判断しがちですが、感情的な判断をするとあとで後悔するような大きな間違いを犯しやすいので次のことを覚えておくと良いでしょう。

(平常心を保つ心構え)

1、理屈を並べ立てたくなる「理性」の思い(感情)は一旦、受け止めますが思い込まず、掴まない事が重要です。「そういう感情が自分にある」と認識したら、横に置いておく事です。

2、「本能」は、無意識に自分勝手な楽な方へ行きたがりますが、それでは人生を歓びにする魂の階段を登る事はできませんので、その思いも横において目の前の現実をしっかりやりましょう。

3、大切なことは、「現実をしっかり生きる」ということです。お仕事、お掃除、物の整理、お金の管理、親や先祖への感謝、回りの人にありがとうございますを言い続け、普通に生活しながら、問題にはすぐに手を付けないことが大切です。

これは問題だ!と思った瞬間の判断でさえ、時が過ぎたり気分が変わると、新しいアイデアが浮かぶことで判断基準は変わります。

つまり、判断基準が変わるまで結論を出さないことが大切なのです。

期日が決まっている重要なことの場合は、自分の守護存在にこうお願いしておきましょう。

「私も、私以外の人も苦しまないような結論に至るように、○月○日までに大切な気付きをお与え下さい。」

神様や守護存在は、あらゆる方法を使ってあなたに新しい気付きを与えて下さることでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です