2017年9月1日 速開都比売 メッセージ

(午前の祈り)

ゆきはや先の思い戸惑いて、絡まりて、

やおさかに虚しき心、うつろいの谷間に落つる。

これ僅かなる心のささやきなればこそ、

思いの間に落ちること、我の身を裂く思いと思い知れ!!

うつろい給いて、光輝きもの、己の中にある魂の輝きとなればこそ、

「本来の光」とは異なる思いを持つことこそ愚かなれ。

行く末、惑う心あるならば、世をはばかるよりも、

愚かなる自らを問い正し給えと我申す。

山に来、海に来、届け賜る魂の響、共に育みたるのものの、

愚かなる学びも同じくして集うなれば、それ永遠なる戸惑いの渦に落つることになる。

我身、光給いて、天高く自らの意志を立て、また内なる光の渦を腹の底に納め給うなればこそ、

これ我が身のしんたて(芯立て・神立て)となり、心惑うことなく生きる指標となり。

やがて落ち着くことなく、揺れ動く人の心と思いと共に、弥栄(いやさか)晴給えと我申すが、

心うつむきのもの、声聞こえず。

やおさかにうつむきたる輝きの陰に、惑う自らの心の隙を問い給いて、

自らの光り輝き給われば、思いの上に乗るものはなし。

やがて幾千万年生きようとも、死のうとも、魂の記憶は消え去ることなく永遠に続くからこそ、

この世に生き咲く一輪の花のごとく、自らの花を咲かせよと我申す。

野に咲く花、多かれど、可憐なる花ばかりではなく、

草木の陰に眠る芽もあれば、種子たる形で納むるものもあり。

やがて幾千万年生まれしときにまた花咲きかやと思いきや、世も末、はかばかしく戸惑う心に落ちるならば、

光の希望さえ見出せぬもの、世に置き換え、人に置き換え、天に置き換え、神に置き換え、

自らの思いをいくら置き換えてもそれ一つの鏡とはならず。

己の鏡を磨きたもうて、これ内なる鏡の光となりて、

「世の思い全て」を内鏡で受け止めるほどの大きな心にならなければ、

これからの世は厳しく感ずるぞ!!

なぜかといえば、時はかばかしく上昇し、気の流れ、落ち込むものと登るものとに分かれ、

富も貧乏と金持ちがさらに分かれ、命乞いするものと命を助くるものとに、真っ二つに割れる世になるからこそ、

世を治めるが如く、真なる内鏡の輝き照らさねば、この世の思いのくちに惑わされ、

世を行き交うこと、人に関わること苦しみとなるなり。

自ら一心なるもの、「光の玉」となりしけり。

それその上に重なる神の思い。

またそれ内より輝きし、母なる思い。

時を超え、時空を超え、繋がりしものの魂の道を歩むものなら、

その道、惑わしく、険しく、辛くとも必ずややり通すと誓うものなり!!

世の混乱、人の混乱の渦の隙間にもがき惑うものなど、助くるものおらず。

世をうち阻むもの、強き心と意志を持ちて、もう一度、天と自らに誓いを立て給えと我申す。

これより始まる時の流れの激しさ、これ激流なればこそ、

岸辺に叩きつけられ惑うもの多しと言っておこう!!

やがてこの世の波、風、嵐が治れば、「世の光を導くものたち」の出番となり。

心おだやかに自らと共に歩むものたちの、心と生き方を示すものたちが現れる。

それが自らなのか、他が者なのかは自らのみぞ知るものなり。

己の魂の誓いを奉りて、この世に生まれしもの全て、

はばかりの中に落ちるが如く苦しみ惑うこと覚悟せよ!!

やがて行きたる先に見えるもの、見失うもの、朽ちるもの、その全ての役目が終わった後に、

「新しき魂の輝き」を持つ者たち目覚め栄えし「導きの世」となるからこそ、

今を惑うなかれと申しつけておくぞ!!

やがて幾千万年先に生まれし魂のことを
思いたがいて、育み給えて、

「この世の生き地獄」を「喜び」に変えようと我申すー!!!!

 

 <午後の祈り言葉>

我先に、我先にと常に、自らの事を考える人達には聞こえぬ言葉かもしれませんが、永遠に自分の事を考えて生きるならば、貴方の心は永遠に孤独のままでございまする。

人がなぜ分離し、肉体を持ち、家族を持たされたのか、その意味にまだ気づかずに自らを問うように人を問うのならば、自らの心を映すように世の中の出来事や人を問うならば、その想い全て、善悪全て、それが貴方そのものだと言う事を証明しております。

もし、貴方が自分の為に生きる事を今日、お辞めになれば、この瞬間から貴方は誰かの為に生きてる人となりまする。

それが喜びでないならば、誰かの為に生きる事がなぜ喜びでないかを自らに問いてみて下さいませ。

貴方がその問いを正しく理解せぬまま誰かの為に何かをしようとするならば、それは偽善であり、嘘の行いと同じでありまする。

自らの本心がやりたくてした事ならば、その結果が理解されずとも思い通りにならずとも、誰かを責める事はせぬでしょうが、もし、貴方が自分の為に生きている人ならば、永遠に誰かを責め、世の中を責め、しいては、自分さえも責める暗闇の底に落ちたままの魂となりましょう。

行く末万感、生きているという事は、年を取りまする。

確実に、日々肉体の細胞も朽ちていきまする。

なのに、貴方の心がまだ自分の方にしか向かぬ愚かな心の人ならば、世の中の人に喜ばれる事など出来ぬ愚かな戯け者と呼ばれましょう。

この世は、偽善でも成り立ちまする。

嘘も、方便で御座いまする。

皆、誰もが心から正直に生きているのならば、そんな事は通用しませんが、誰もが誰かに嘘をつき、誰もが自らを隠して生きているのですから、その闇と光が消える事はありませぬ。

もし、貴方が本心のままに素直に生きると今、決めるなら、お力をお貸し致しましょう。

貴方が幸せになる為に、何をすればいいか気づかせてあげましょう。

しかしながら、自分だけの幸せや、付け加えた様に人の為という心ならば何一つ手は貸しません。

貴方の想いの最後に何を考えているか、最終最期に自分の喜びだけしか考えられない人は、どんなに富を得ても、伴侶を得ても、子をえても、社会的に評価を得ても、幸せにはなれません。

貴方の心が輝くのは、たった一つの事で御座います。

「自らの心に素直に生きる」、と決める事から始まります。

真実を全て伝えれば、世の中はうまくいきますか?

もし、その嘘がない世ならば、とっくに皆さんはこの世から離れるか、進化している事でしょう。

出来ない言い訳、誰の為にも成りません。

出来る為の言い訳する為の宣言、「覚悟」、これは誰かの為になりましょう。

貴方が今日、ここで本当に変わりたい、変わると言う心をお決めになるならば、お力をお貸し致します。

まだ、自分の心に100%素直になれず、まだ人を100%信じる事が出来ないならば、貴方の心は黒い影を持ち続けることになるでしょう。

人を信じる事は、怖いですか?

裏切られる事は、怖いですか?

失う事が、辛いからですか?

それは本当に、貴方の想いですか?

貴方だけの、ものですか?

誰かに与えられ守られたもの、ではありませんか?

貴方が守ろうとしているものが、本当に貴方だけのものならば、どうぞ、ご自由に生きて下さいませ。

この世にあるものある想い、その全てにおいて、誰かの為だけのものというものは御座いません。

全て、父母が産み出した命、肉体、与えられた環境、守られたお陰、お友達、そして、自分のやりたい事を支えてくれている人達の共有のものではありませんか?

貴方が体験した事さえ、一人でひと世、蝕む事など出来ません。

人は誰かを信じ、誰かを裏切り、誰かに裏切られ、また信じる。

その繰り返しをいつまでやるのか、貴方次第で御座います。

今をもって、信じられるものを信じる、信じられないものを信じる。

どちらも貴方が信じた方向へ進みまする。

そのことを口にして、誰かに伝えて下さいませ。

人は誰かに認められ、支えられ、信じられてこそ、力が湧いてくるもので御座います。

それを「役目、役割」と申します。

親が子供を産むことでさえも、貴方の周りにいる人達や家族でさえも、信じるものが無ければ、誰も一緒にはおりません。

だからこそ、貴方が何を信じているかを明確にして下さいませ。

そして、どうしたかいかもハッキリ伝えましょう。

貴方が迷えば、迷う事を体験致しまする。

心を整理し、過去の想いや出来や物を捨て、ゆとりある心、そして、希望ある自分でものを考える事を、その時間を作って下さい。

寝る前に、もし宣言するならば、寝ている間に貴方の魂と意識、無意識と肉体全て、整えましょう。

寝ている時の貴方を見守る存在達が、どれほど沢山いるかを感じてみて下さいませ。

60兆個の細胞ひとつひとつが「神」とも言える意識そのものが60兆個あり、全てが一つの目的で動いております。

貴方に言われなくても、心臓も肺も血液も動いておりまする。

貴方が意識しなくても、私たちが常に貴方の肉体と魂と出来事、出会いを結びつけている事に気づいて下さいませ。

ただ、貴方がその事を気づけば、貴方が想ったように100%、本心ならば、必ずやすぐに出来事が起きまする。

どうか、今日のこの日のエネルギーの強さとその意味にを自らの魂に刻み、一刻も早く自らの魂を清めあげ奉りませと申します。

美しの世を創るのは、「美しの心」で御座いまする。

言い訳も、愚痴も、嫉妬も、愚かな人のする事であり、感謝と笑顔と喜びの心で導きかれる事を望みまする。

行く末万感、世の気づきの連鎖が無限、無限に続きます様

本日の夜の時間に、魂へお伝えさせて頂きまする。

全ての光が届く人達へ、この愛が気づきます事を心より願い致しまする。

 

<午後の祈り言葉>

我先に、我先にと常に、自らの事を考える人達には聞こえぬ言葉かもしれませんが、永遠に自分の事を考えて生きるならば、貴方の心は永遠に孤独のままでございまする。

人がなぜ分離し、肉体を持ち、家族を持たされたのか、その意味にまだ気づかずに自らを問うように人を問うのならば、自らの心を映すように世の中の出来事や人を問うならば、その想い全て、善悪全て、それが貴方そのものだと言う事を証明しております。

もし、貴方が自分の為に生きる事を今日、お辞めになれば、この瞬間から貴方は誰かの為に生きてる人となりまする。

それが喜びでないならば、誰かの為に生きる事がなぜ喜びでないかを自らに問いてみて下さいませ。

貴方がその問いを正しく理解せぬまま誰かの為に何かをしようとするならば、それは偽善であり、嘘の行いと同じでありまする。

自らの本心がやりたくてした事ならば、その結果が理解されずとも思い通りにならずとも、誰かを責める事はせぬでしょうが、もし、貴方が自分の為に生きている人ならば、永遠に誰かを責め、世の中を責め、しいては、自分さえも責める暗闇の底に落ちたままの魂となりましょう。

行く末万感、生きているという事は、年を取りまする。

確実に、日々肉体の細胞も朽ちていきまする。

なのに、貴方の心がまだ自分の方にしか向かぬ愚かな心の人ならば、世の中の人に喜ばれる事など出来ぬ愚かな戯け者と呼ばれましょう。

この世は、偽善でも成り立ちまする。

嘘も、方便で御座いまする。

皆、誰もが心から正直に生きているのならば、そんな事は通用しませんが、誰もが誰かに嘘をつき、誰もが自らを隠して生きているのですから、その闇と光が消える事はありませぬ。

もし、貴方が本心のままに素直に生きると今、決めるなら、お力をお貸し致しましょう。

貴方が幸せになる為に、何をすればいいか気づかせてあげましょう。

しかしながら、自分だけの幸せや、付け加えた様に人の為という心ならば何一つ手は貸しません。

貴方の想いの最後に何を考えているか、最終最期に自分の喜びだけしか考えられない人は、どんなに富を得ても、伴侶を得ても、子をえても、社会的に評価を得ても、幸せにはなれません。

貴方の心が輝くのは、たった一つの事で御座います。

「自らの心に素直に生きる」、と決める事から始まります。

真実を全て伝えれば、世の中はうまくいきますか?

もし、その嘘がない世ならば、とっくに皆さんはこの世から離れるか、進化している事でしょう。

出来ない言い訳、誰の為にも成りません。

出来る為の言い訳する為の宣言、「覚悟」、これは誰かの為になりましょう。

貴方が今日、ここで本当に変わりたい、変わると言う心をお決めになるならば、お力をお貸し致します。

まだ、自分の心に100%素直になれず、まだ人を100%信じる事が出来ないならば、貴方の心は黒い影を持ち続けることになるでしょう。

人を信じる事は、怖いですか?

裏切られる事は、怖いですか?

失う事が、辛いからですか?

それは本当に、貴方の想いですか?

貴方だけの、ものですか?

誰かに与えられ守られたもの、ではありませんか?

貴方が守ろうとしているものが、本当に貴方だけのものならば、どうぞ、ご自由に生きて下さいませ。

この世にあるものある想い、その全てにおいて、誰かの為だけのものというものは御座いません。

全て、父母が産み出した命、肉体、与えられた環境、守られたお陰、お友達、そして、自分のやりたい事を支えてくれている人達の共有のものではありませんか?

貴方が体験した事さえ、一人でひと世、蝕む事など出来ません。

人は誰かを信じ、誰かを裏切り、誰かに裏切られ、また信じる。

その繰り返しをいつまでやるのか、貴方次第で御座います。

今をもって、信じられるものを信じる、信じられないものを信じる。

どちらも貴方が信じた方向へ進みまする。

そのことを口にして、誰かに伝えて下さいませ。

人は誰かに認められ、支えられ、信じられてこそ、力が湧いてくるもので御座います。

それを「役目、役割」と申します。

親が子供を産むことでさえも、貴方の周りにいる人達や家族でさえも、信じるものが無ければ、誰も一緒にはおりません。

だからこそ、貴方が何を信じているかを明確にして下さいませ。

そして、どうしたかいかもハッキリ伝えましょう。

貴方が迷えば、迷う事を体験致しまする。

心を整理し、過去の想いや出来や物を捨て、ゆとりある心、そして、希望ある自分でものを考える事を、その時間を作って下さい。

寝る前に、もし宣言するならば、寝ている間に貴方の魂と意識、無意識と肉体全て、整えましょう。

寝ている時の貴方を見守る存在達が、どれほど沢山いるかを感じてみて下さいませ。

60兆個の細胞ひとつひとつが「神」とも言える意識そのものが60兆個あり、全てが一つの目的で動いております。

貴方に言われなくても、心臓も肺も血液も動いておりまする。

貴方が意識しなくても、私たちが常に貴方の肉体と魂と出来事、出会いを結びつけている事に気づいて下さいませ。

ただ、貴方がその事を気づけば、貴方が想ったように100%、本心ならば、必ずやすぐに出来事が起きまする。

どうか、今日のこの日のエネルギーの強さとその意味にを自らの魂に刻み、一刻も早く自らの魂を清めあげ奉りませと申します。

美しの世を創るのは、「美しの心」で御座いまする。

言い訳も、愚痴も、嫉妬も、愚かな人のする事であり、感謝と笑顔と喜びの心で導きかれる事を望みまする。

行く末万感、世の気づきの連鎖が無限、無限に続きます様

本日の夜の時間に、魂へお伝えさせて頂きまする。

全ての光が届く人達へ、この愛が気づきます事を心より願い致しまする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です