2018年11月1日 速開都比売 メッセージ

【神言葉】ハヤアキツヒメ神言葉

(午前の祈り)

私たちは、今、皆さんがこの祈りにおいて、心を合わせている姿を見つめております。

一人一人の心の中が、本当に何を思っているのかを、まっすぐ見つめておりまする。

行く末、この世がどのように変わろうとも、天変地異が恐れることなく、あらゆることが起きましても、どのようなことが起きましても、まだ、この地球に人類が存続することができるのは、私たちがまだあなたたち人間をあきらめてはいないからでございます。

しかしながら、その時間にも期限がございます。

「2023年の審判の日」まで、残り5年となりました。

 

この時間において、人として、人類として、地球を守るもっとも気高い意識の高い生命体として何をしていくのかは、あなたたち一人一人の心の中の気づきと、そして、行動によるものではないでしょうか。

今まで多くの方たちの心の願いを聞き届け、できる限り、その人のご縁をつなぎました。

気づきや出会いや出来事から自分の視点を変え、新たな生き方ができるように導きをしてきたことをお忘れですか?

あなたは決して一人では生きてきておらず、必ず、誰かのお世話になり、また心の中で思うことさえ、すべて私たちに聞こえているということを忘れてしまってはいませんか?

「神」という名に依存の心を寄せるならば、それはあなたの心にとって都合よいだけでなく、周りの人との信頼を創り上げるうえで、はばかるもっとも邪魔な心にもなりまするよ。

「信頼」とは、依存を超える大きな愛の学びでございます。

「信頼」できぬことも、裏切られることも、悔しい思い、辛い思い、悲しい思い、震えるほど恨みを持つほどの思いさえ、時間が経てば、喉元過ぎれば、人のうわさも七十九日、いずれ必ずや、人の思いさえ変わっていくものでございます。

なのに、変わらぬのは過去の思いに縛られている、つかんだままになっている、あなた自身ではないでしょうか。

あなたがまだ過去の思いをつかみ、前に進めぬ言い訳をするならば、私たちには手を貸すことができません。

未来にもたくさんの失敗をするでしょうし、多くの人に傷をつけるかもしれません。

しかしながら、人に危害や傷を加える人と、「自分で自分を苦しめる人は同罪」でございます。

自分を愛せぬ者、自分を許せぬ者ほど、愚かな人はおりません。

心を慈しみ、自らの足りなさを反省し、心の中の奥底のそのまた奥底の中にある純粋さや素直さ、その心を誰が与えたと思っているのですか?

あなたが今ほど賢く思考を巡らせるそのずっと前から、生まれる前から、私たちがサポートし続けているからこそ、お母さんのおなかの中でいる時にも、そのつながりは感じていたはずでございます。

なのに、そのことさえ忘れてしまい、「純粋さ」を何か勘違いしているのではありませんか?

「純粋さ」や「素直さ」を主張することをし続ければ、ただのわがままでございます。

子どものように愚かな大人だと、自分で言っているようなものでございます。

だからこそ、純粋で素直で、心新たに自らを見つめ、その見つめた心で人を見、世の中を見、未来を見てはいただけませんか?

これからあなたたちがどこを見て歩いていくのかを、私たちもじっと見つめております。

どこへ行くかは、あなたたちの自由でございます。

そのゴールに答えはないからこそ、「愛」こそがゴールだと思っている人もいるかもしれませんが、愛はただの学びの一ページでございます。

その先にも無限無限の学びのテーマ、つまり、進化のためのキーワードが隠されております。

そのキーワードに気づけた者たちは、必ずや、新しい時代を牽引する大きな大きな愛の人となって、世の中のために、その言葉を行動で示すことでございましょう。

私たちの化身となって、その心を示す一点の曇りもない、そのまっすぐな心にこそ、私たちは宿っているのだと思って下さいませ。

大きな樹が天にそびえたつように立ち、その枝葉が大きく手を広げ、あなたたちを見つめている時、それが自分が進むべき道だということに気づいて下されば幸いでございます。

立ち切れ、枯れ、朽ちることもありましょう。

枝が、折られることもありましょう。

足元に、斧が刺さることもありましょう。

一度や二度、倒れることが問題ではありません。

しっかりと根を張り、根と根をつなぎ合わせ、共に、命を育む仲間たちと手と心を結び合せながら、その心においてできることを成しえることこそが、この日の祈りの意味でございましょう。

人として、一人ではできぬことを、誰かと一緒に成しえることのその喜びは、後世、永遠にこの地球を存続させるためにも最も大切な心の使いでございます。

「信頼」を、友やお金や価値観や他のものにとらえてもよいですが、そこに愛があれば信頼できあうのか、お互いにその価値観を同じくしているかを確認して下さいませ。

「お金」も、「思い」も、「物」も、あなたたちのすべては、その「思い込みの価値観」の違いによって生まれる歪みと、そして、その違いから生まれる可能性によって、これからもまた、なおさらに成長してくことでございましょう。

そのための、その気づきを得る時が、「今」なのでございます。

もう間もなく、今年のエネルギーの最高点である<11月11日11時11分>がやってきますが、その時、あなたの意識が星になれば、この地球で起きていることすべてが見えることになりましょう。

その時間を、年に一度与えているチャンスだと気づかないのならば、またもう一度、一からやり直せばよいではないでしょうか。

何度でも、いくつになっても、「やり直し」をする素直な心があればよいだけなのです。

生きている限り、何度でも、人生は「やり直し」がきくのです。

唯一、魂になった時にだけ、やり直しは無くなります。

どうか、そのことに気づいていただき、昨日までの自分から、「新しき自分」になるための気づきの日となれば幸いです。

いつも本当にありがとうございます。

 

(午後の祈り)

安らぎと思える時間をもっと取って下さいませ。

安らぎと思える時間は、すべての音が無くなる「虚空」の世界に入る事なのです。

テレビを消して、心をしずめて、呼吸をゆっくりにしながら、少しずつ、少しずつ、自分の意識の世界に、入っていく時間を作って下さいませ。

一日に一度でよいので、その時間を取る事は、あなたが本来、この地球に生まれ意味と繋がりを持つ為の、大切な時間でございます。

眠ることが出来ない程、心の思いに苛まれ、人の思いに苦しんでいるのなら、余計に静かな静かな「虚空」の世界に入って下さいませ。

何も音がしない世界をご存知でしょうか?

皆さんの五感で聴いている「音」は耳で聴いている様ですが、実はそうではなく、
心でそして、魂で音を聴いているのでございます。

魂の繋がりには、特に「音」はございません。

「虚空」の世界に入った瞬間、すべての存在と同時に繋がるからこそ、
自分が自分を探す事さえ、出来なくなる程、
大きな、大きな世界に吸い込まれて行く様な感じでございます。

外に意識を向ける事で、空に・宇宙に・海の中に・真っ暗な闇の中に、
その「虚空」の安心感を得る事が、もし出来るのなら、あなたは本当にこの「動」の世界、つまり「静」ではない、「動」の世界において、
自分がするべき事を、きっと気付く事でしょう。

「聖なる性」と言う言葉がありますが、
静かなる聖(ひじり)と書くか、静けさの中、自らの性と書くかによりまするが、
自ずと、その自分が無くなるまで、
どれほどリラックスして、そして又、集中出来るかが、
「大きな物事」をなす為に、あなたが、あなたらしく生きる為にも、
必要な時間なのでございます。

思いが無くなる事など、きっと ないかもしれません。

そんな静かな場所も、時間も取れないと、
もし 思っている方がいるのなら、どこでも良いので、
一人で目を瞑り、ゆっくり ゆっくりと呼吸をして下さいませ。

自分の呼吸にあった様にしか、心も体も動かぬと言う事が、
もし分かれば、ゆっくりな程、
大きな物事を動かす力なのだと分かるはずでございます。

話し方ひとつ、
目の動きひとつ、
心の動きひとつ、
思考の仕方、考え方ひとつでございます。

闇に光を、そうそれは、あなた自身の心の中に、
光をともす作業なのでございます。

回りが明るくても、暗くても、賑やかでも、静かでも関係ありません。
ふと自分の世界に入る事を、習慣づけて見て下さいませ。

これから又、大きなエネルギーが動きます。

肌で感じる程ではありませぬが、
高い意識の人方々においては、
とても膨大な情報が自動的に降りてくるからこそ、

ゆっくり静かに、一人でその思いを、
受け取る時間を作らなければ、
何も受け取る事など出来ません。

誰かが受け取ったメッセージから、連動して気付きを得る事もあるでしょうが、
しかしながら、あなたには、あなたしか受け取れない大切な役目とメッセージが、
いつも 与えられているのですよ! 

その事に気付かず、心のガイドブックをいくら探しても、何処にもありません。

「誰かの思いは、誰かの為」、
「自分の思いは自分の為」でございます。

だからこそ、しっかり自分の内側から溢れる思いを、受け取って下さいませ。

それがもし出来たら、どれほど時間がない人でも、
お金がない人でも、友達 知り合いがいない人でも、
すぐに、多くの意識と繋がりながら、自らが出来る事や、
やりたい事を気付く事でしょう。

それが私達との繋がり方でもあるからこそ、
あなたがあなたの中に、
しっかりと繋がる事を繋がる為の時間を、
5分でも3分でも良いですから、
もしくは、1分でもよろしいかもしれません。

ふっ~と身体の力を抜いて、
すべてを受け入れる自分を感じて下さいませ。

行末万感、何が起きようとも、
あなたの心が魂が、
しっかりこの地球・大地に繋がる事で、
大切な気付きを得られるのだと言うことを覚えておいて下さいませ。

海の底に繋がる龍宮底神(りゅうぐうすくしん)の場所も同じでございます。

山の上の頂きで瞑想すれば、
直ぐに、軽やかに世界にジャンプする事は出来まする。

あなた達が生きているこの地上世界、
そう、海より少しだけ浮き上がった陸地にしか住めぬ人間が、
何をしようとしているのか・・・。

もっと大きな「心」と「目」で世の中を見渡して下さいませ。

良いか悪いかで物事を見るのではなく、
あなたの心の目で感じるものこそ、
その心の目で見たものをどうしたいのか、
それがあなたの役目でございます。

これより、なおさらに日々、
わずかにエネルギーが動きますので、
『11月11日の11時11分』まで、
その静けさの時間を少しでも多く作って、
大切な気付きを自らの中から受け取って下さいませ。

私達は、あなた方の「外の意識」にも繋がっておりますし、
「内側の意識」つまり、「魂」にも同時に繋がっているからこそ、
その繋がりをもし感じる事ができれば、
とても大きな変化にもスムーズに対応出来ると、
お約束しておきます。

あなた達人間の進化を望むのは、
あなた達よりもっと進化し、その結果として、
大きなミスをした魂たちでございます。

二度と同じ過ちをさせたくないからと、
大きな心で焦らさず、
あなた達の、
進化を気付きを、
構造の変化を、
待っているのでございます。

どうか、内なる神と外なる神の対話から、
大切なあなた自身を見つけて下さいませ。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました