2018年11月11日 創造主マスターメッセージ

【神言葉】ハヤアキツヒメ神言葉

2018年11月11日 午前11:11と午後11:11の祈りで全宇宙の創造主マスターより、重要なメッセージが伝えられておりますので、ぜひ、ご覧下さい。

●午前の祈り


●午前の祈り

(午前11:11の祈りで降りた神言葉)

宇宙の果てからやってくる者がいる。

この遣いの者に従えば、自ずの道も開け、この地球の未来も開かれるだろう。

その者を訪ねる者は、こう答えよ。

「神の名を伝えよ」

「神の名を述べよ」

「神の名を降ろせ」

この者だけが、この思いを受け取ることが出来る。

そして受け取った者は、その力を持って、この地球をそして宇宙全体の新たなコントロールの役目をすることになる。

使命を与えるとは、生まれ持った魂の役目とは別に、このひとときの時間をおいて新たな役目が変わること。

その意味を持って新しい役目を授かることの時間でもある。

その意味が分かる者は、受け取ったもの全てに対して、YES以外の言葉はなく、魂の約束を超える大きな神との契約である。

その思いの時間、そのひとときを、この一瞬に合わせ、心祈り仕える者、また神に仕える者、また人に真っ直ぐ心を向ける素直な思いを持つ者。

その者達へ送る。

「心の中にいる神を解き放ち給え」

「心の中にいる神を解き放ち給え」

自ずの神などおらぬ、己の神などおらぬ。

己、つまりあなた達の思い一つ。

この一つの力によって、この地球に育まれ、宇宙もこの創造の一つを担っている。

しかしながらおまえ達には、一つ一つその分霊として、創造力を授けたが、いかにしても自ずの己というものを外せないのであれば、その己自体がなくなることを経験するかもしれない。

それ程、この地球には時間がない。

魂の思いを合わせ、過去のカルマを乗り越え、新たな気付きを得る者達の思いと共に、新しき道へ導く者達が生まれなければ、この時代を乗り越える事は出来ぬであろう。

新たな時代を迎えるとは、そういう事である。

生まれ持ったもの、過去のものは横において、新たな自分になる事である。その思いに対し、素直に受け取る事、その心が出来さえすれば、今目の前にある囚われでさえも意味が変わり、起きる事すら全て変わり、感じるもの全てが変わる事であろう。

誰が誰に、誰が何を、何が何を、そのいろいろな思いさえも、おまえの愚かな思考点なのであり、己というものを解き放つことが出来ぬならば、おまえの己の中に埋まってしまうことであろう。

しかしながら、そんな者達でさえも含め、全ての者達を導く者達が、これから多く動くからこそ、その思いに心合わせることが出来る者は、大きな心を持ち、「ここへ解き放ち給えよ」と申し伝えよ。

心を解き放つこと。

そして、魂を解き放つこと。

そして、その繋がりにアクセスをすること。

その繋がりをもって、この地球の新たなエネルギーを動かすことを今日ここに約束する。

その為の祈りをして下さる全ての方達に、心より感謝するとき、その気付きを共に共有し、共に愛する者達と、心手を組み生きていくこと、心から我願う。

この気付き授ける者、授かる者、その全てにおいて神の名と共に、

「神明(しんめい) 今をもって これとなし」

「神明(しんめい) 今をもって これとなし」

つまり、全ては「今である」という心で生きて下さいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。有難うございます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました