2019年2月1日 速開都比売 メッセージ

【神言葉】ハヤアキツヒメ神言葉

やをすれば、光陰矢の如し。
命、はかなきかな。
夢と消えゆく物語と、なりしことになりや。

我が身の天命、差し置いて、我欲の道を生きるならば、それもよし。
我が身を削り、身をさばき、けがれなき魂の道へ進むならば、それもよし。

慈しみの世を外に求めるか、我が身の内側から発するかは、あなたたち次第なのでございます。

幾千万年この世が続き、果てることなくあると思うのは、愚かな心と言えましょう。

命が続くには、あらゆるエネルギーが要るように、あらゆる思いと共に、存続をかけて命をかける人たちが、必要なのでございます。

命は、誰が創られたのか、ご存じでございましょうか?

命は、あなたたちが創っているわけではありません。

わたくしたちが許可を出し、その道へ進む経験をさせることを許した者たちだけが、その生を受け、役目が与えられるのでございます。

望むから生まれると思っているのなら、まだまだ仕組みを知らぬ者。

望まぬとも与えられる命もありまするが、その扱いよりも、その意味において気づくべきことが、たくさんあるはずでございます。

命があること、命が続くことを、当然と思ってはなりません。

命は常に、存続に向けた新しいエネルギーが動いているからこそ、振動し続けるものですので、心が止まり、感情がなくなり、思考がなくなれば、存続の意味すらなくなります。

死にたくても死ねないという者もおれば、生きたくても生きていけぬ者もおりまする。

命における決定権が、もし自らにあると思うならば、その愚かさをぼつぼつ卒業せねば、この星の命のことなど、考えつきもしないことでしょう。

この星は、まだ生きております。

まだ、というのは、皆さんの意志が動いているからです。
存続をさせたい、命を繋ぎ残したい、継承したい、なんとか残してあげたい。

もし残すことを考えるならば、あらゆる手段を講じるよりも、新たなる創造をしなさい。

新たなる価値観を持って、希望あふれる創造力を使いながら、みながそうしたいと思うことを成し遂げなさい。

自ら一人がどれほど喚起しても、周りの人たちがそうしたいと思わぬならば、時期が違うか、方法が違うか、ただそれだけなのでございます。

すべては決まったレールの上を進むように、あなたたち人類も、地球も、存続にかけたコースがあります。

そのコースに沿う生き方の気づきを共に、分かち合うことができるならば、大切なものも守れるかもしれません。

もし、我が道だけを信じ、周りを無視し、自分の力だけでものごとを成しようとすれば、今あるものすべてを失う経験が待っております。

今、与えられたすべての物、人、資産、心、思考、そのすべてが、誰かに与えられたことに感謝できぬ人など、この世のクズともいえるほど、存続の価値を許されません。

人間はまだ、擁護と加護、保護を間違えておりまする。

人間以外の動植物の生々流転を見ればわかるとおり、生き抜くためには、いくつかの条件があり、その条件を壊されれば、存続すらできません。

(人間が)絶滅危惧種となるのかならぬのかは、皆さん次第でございます。

この星に人類が誕生し、命と知識と知性を与え、ここまでの進化を幼稚だと気づかぬならば、残り時間は短くなりますよ。

まだまだ、幼稚なレベルの意識でございます。

互いを活かし合う、分かち合う、共鳴し存続し合う、そして助け合う。
その上において、何が最も大切なことかを、今一度考え直して下さいませ。

今、あなたが望むことすべてが叶ったならば、あなたは次、何を望むのか?
その次の望みを、今、ここで、行いを成すべき時期が来たと、お伝えしておきます。

「時すでに遅し」と言われるものたちよりも、希望を発する者たちが、無限無限に増えますことを、心の底から祈り祀り上げまする。

皆々さまの、心からの祝いの日となる日が来ますことを願いまして、本日の午前の祈り言葉とさせていただきます。ありがとうございます。

<龍球王国を支える神の役目>
アマミキヨ 南を守る神 発祥の地を守る神
クニトコタチ 東北を守る神 宇天と地球を結ぶ神
スクナヒコノミコト 東を守る神 海と水を守る神
オキクルミカムイ 北を守る神 山と底を守る神
ウハルズの神 西を守る神 生類全てを守る神
ウエノキヨメの姫 天上界を清める役目
アガリキヨメの姫 全ての御霊を清め上げる役目
ミタマミガキの神 人間の御霊を磨き上げる役目
タチクルメの姫 すべての和合調和の役目
スサノオウ 全ての底を救い上げる神
ニレハレの神 太陽と月を守る神
コレカナメの神 創造主とのつながりを守る神
ウメノカナメの神 すべてに希望を与える役目
コノハナサクヤ姫 全てを喜びに変える役目
龍王神 龍王神界と王を守る神
いつもありがとうございます 真栄王

 

 

(午後の祈り)

我流 千万の如く走り抜ける風の如く、波打つ鼓動に揺さぶられる魂の様に、これから起きる事に、皆々様の心は、 大きく揺れ動くかもしれませぬが、何が起きても、どのような事が突然起こっても、心揺らさず、未来を見据え、子供達に希望を与える大人となって下さいませ。

世における、常なる不安とは、目に見えるものえの恐れよりも、目の前の事が大きく変わった時に、不安が起きるものでございます。

愚かな人々は、常に、その心の準備をせずに、大我慢心に甘え、生きる事、生活が出来る事、食事が出来る事、息が吸える事さえも、当然の事と思ってしまいます。

しかしながら、この世に、あなた達人間だけが、自由に生きる事など許される訳もなく、大いなる生命流転の中における、ひとつの役目をはたす事、その為に生まれた、種族であると言う事、気付いて下さいませ。

生き延びる事だけを考えるならば、人間だけの我欲と判断されてしまいまする。

人間だけが、生き残っても、自然循環や生命流転が続かなければ、あらえる者の生き途絶える姿を見る事になりまする。

お金がある者がもっとも権力を持ち、この世を動かしていると思うならば、愚かでございまする。

お金はあなた達の命に代わるものかもしれませぬが、お金で買えぬものがある事を忘れてはいけませぬ。

人の心を買う事など出来ません。

誰もが食べ物がない時に、お金だけでは食べ物は手に入りません。

正しき事を選ぶ心がなければ、お金はただの紙くずとなるか、また自らの命を焼け焦がすものにもなりかねません。

お金がない、喜びがない、楽しみがない、生きる価値がない、その意味が分からぬと、もし思う人がいるならば、今ある「お金も資産も地位も名誉も家族も恋人も子供も親も」捨ててごらんなさい。

たった一人のあなたが、生きているのか、生かされているのか直ぐに分かります。

命がある時にこそ、お金も、思いも、物も、使い方次第で無限な変化をする様に出来ておりまするが、人は皆、思いで苦しみ、また気付きによって目覚めまする。

ならば、新しき気付きをする時期だとは思いませぬか?

もう、21世紀も早18年を終えまして、その区切りとなる、新たなステージとして、2019年が始まっておりまする。

その意味を、ただの一日・ただの一年と思って生きるならば、生きる意味も、価値も、過去の地位も、名誉も囚われだったと気付く事でございましょう。

これからの世に大切なものは、新しき価値、新しき価値観、その心で人も、物も、未来も全てが変わると告げておきまする。

あなたが今、心の中に無限なる可能性と希望と喜びに溢れて、未来を描いているのなら、これから沢山の人達が、その為に力を貸して下さる事でしょう。

まだ、この時を迎えても、自らの幸せ探しをするならば、あなたは苦しみのどん底まで落ちるかもしれませぬ。

今、気付くべき事は、人が生きる上でもっとも大切なものは、何かと言う事でございまする。

今あるもの、出来る事、いる人が全て失い、いなくなっても、あなたの心の中に魂の喜びが震えるならば、無限なる可能性と感じて、人々に喜びと希望を発する人となる事でしょう。

もう、自分だけの幸せを、求めるのはおやめなさい。

掴んだものは、指の間からこぼれ落ち、持っているものは、身から出た錆の様に流れ落ちまするよ!

持てぬほどの希望と喜びを創造し続ける人達だけが、これからの時代を導くのでございまする。

その為の18年間を無駄に過ごした方と、確実に階段を昇った方との差は、これから明確に出てくる事でございましょう。

時はいっとき、皆、平等に与えられておりまする。

その時をどう過ごすか、たった月の一度の短い時間、意識を合わせて祈る事さえ出来ぬ人が、何を思えば叶うのかと、私があなたに問いてみたくなりまする。

※人に心を合わせる事

※人の言葉を心から受け止める事

※人の思いを導く力を付ける事

それが大人としての、役目でございましょう。

それが出来ぬのなら、いくつであっても、まだ幼き子供と同じでございまする。

人を導く人になる為にも、自らの何が人に喜ばれるかを見つけなさい。

今一つ、心を磨いて素直に生きる事です。

これからが本番でございまする。

「揺るがなき心と強き魂の繋がり」を持ちて、共にこの地球を救う仲間となる人達へ、心からこの言葉をお届けさせて頂きまする。

皆々様の目覚めと共に、この地球人類は、無限無限に発展し続ける事が出来るのです。どうか、あなたの想いを理解し会える人と出会って下さいませ。

共に手を組み心を合わせ、家族よりも、もっと大切な人との繋がりを持ちて、
この世を、新しき世に導かれん事を心から、祈り申し上げ奉り申す。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました