2003年

21世紀の光を地球へ繋ぎなさい


20世紀末、世界中の高次元意識に繋がる人たちのメッセージは、地球の未来や人間の未来に対して愛に満ち溢れた素晴らしいメッセージを発信していました。しかしそれは、メッセージを発信している本人が変わる事を意味していました。

今までの自分を守ろうとするエネルギーの戦いは、新しい時代の三年が過ぎても沈静化しようとしていませんでした。

宇宙を守る存在たちは、人間がこの地球を本当に守れるのかをいつも見ています。このままの意識レベルのスピードでは、地球が確実に崩壊するか、人間が消滅するしかない事も告げてきました。

宇宙はとてつもないスピードで生命の循環が繰り返されています。消えた過去の星と同じようになるのか、それともこの地球を私たち人間の手で存続させるかは、一人一人の決断と意識次第だと教えてくれます。

そして、

21世紀の光を地球へ繋ぎなさい


とメッセージが降りました。この啓示を周りの人へ伝えると、必要な人たちが集まり、5名で神事を行いました。全ての出来事が宇宙の愛の意図と思える連続でした。

2003年 北海道神事 21世紀の光繋ぎ