2007年3月23日

沖縄諸島の調和を整えなさい

2006年3月末に、宮古諸島調和の祈りを終えるとすぐに

沖縄諸島の調和を整えなさい

という啓示が入りました。沖縄本島在住の知人を頼りに宇宙につながる大切な役目を持つ神人を紹介して頂き、歴史上、日本国が沖縄の地に残したカルマを清算して新しく愛と調和の祈りに参加する仲間を集うことにしました。

沖縄諸島の土地や人の心には、第二次世界大戦に代表される戦争の傷痕の前に、琉球王朝時代の繁栄と崩壊の陰で泣いたたくさんの人の思いがカルマとなって残っています。その思いを理解し受け止める対話の中で、ご先祖や神々が守る意志を現代の日本の方に繋いでほしい事が各島の神々と対話してわかりました。

ご先祖に代表される人格神たちは特にその思いが強く、

お前に沖縄の何がわかるか!

と厳しい言葉を投げかけられたことも何度もありました。火や水や風や大地を守る自然神たちは過去も今も、人間の都合で自然を破壊することについて地球のエネルギーバランスが壊れることを嘆いています。

地球を守るために降りてきた大きな宇宙神たちは、

地球の存続は
あなたたち人間の行いしだいです

と、これからを見守るだけだと伝えてきます。この神々の思いを理解し、現代の人たちに何が本当に大切なのかを伝えることこそ、神が望む宇宙意志だと感じています。

約5ヵ月間、毎月、通って聖地の神々と対話した沖縄諸島愛と調和の祈りは、2007年3月7日~3月15日の「沖縄諸島 愛と調和の五島祈り」で最終仕上げになりました。

琉球王朝時代の大きなカルマの解消は、新しい地球の名前が 

龍球王国

という呼び名が降りてきた事で、過去のカルマが終えた事を告げられました。また新しい地球「龍球王国」を守る為に、宇宙から十五の神々が降りてきたことで新しい時代の幕開けだと感じます。この愛と調和の五島祈りの中で訪れたウタキの神は、地球の底の底の底を守っている大きな神ですが、

天の岩戸を開きなさい

という神の啓示が降りました。

天の岩戸神事

2006年秋に関西・京都へ出かけた際、「天の岩戸を開きなさい」という啓示が降りました。どこの場所のことを言っているのかわかりませんでしたので、宇宙や神につながる人たちにたくさん情報をいただきました。最初に訪れた場所は、京都にある元伊勢の外宮、内宮、そして、天の岩戸神社です。神の導きで関わりのある神社にもご挨拶ができました。天照大神が祀られている場所の裏と表の意味を理解した神事です。

2007年、沖縄の聖地や本州の聖地に足を運ぶたびに、天照大神や天の岩戸を祀る場所へ手を合わせましたが、今思えば、その場所の存在意味を知るためだったと気づきます。なぜ日本のあちこちに天照大神や天の岩戸やを祀る場所があるのか、その謎も2008年の沖縄出雲伊勢神事でわかってきました。

2007年3月11日、沖縄諸島五島祈りの最後の島は久米島と決まっていましたが、地球を守る大きな神は、久米島の意味と今回の祈りの本当の目的を告げに人の体を借りて降りてきました。「地球の核を開けろ!」

地球の核に何があるかを知っていたからこそ、この神事を行うべきかを仲間と話し合いました。「地球の核を開ける」ことは地球が変わるという簡単なことではなく、宇宙における地球の存在意味が変わることと、宇宙すべてのバランスにも関わる大きな神事になるからです。宇宙全体の責任を人間が負うことができるのかを神に問うと、「お前は人間を信じられないのか!」と叱られました。

この地球を愛する人間とこの地球を崩壊させる行為をし続ける人間がいることは、皆さんも知っているはずです。地球を愛する人たちが、地球を崩壊させる人たちを超えたとき、この地球は救われますが、時間がないことも知っていました。こんな人間たちでも信じて守り続けてくれる神々がいることを思い出し、仲間と神事を行う決断をしました。

「天の岩戸」がこの地上界に無いことは、宇宙から啓示を受けていた神人も知っていました。しかし「地球の核を開ける天の岩戸神事」の怖さを知っているからこそ、その人は、啓示を拒否したと教えてくれました。私たちが今回やり遂げた「天の岩戸」神事によって大きく変わったことは、地球という星が宇宙の中心になり、宇宙全体の運命を左右する星になりました。

だからこそ、新しい地球に「龍球王国」という名前と宇宙から十五の神が降りてきたのです。この十五の宇宙神たちが地球を守る意味は、地球のためだけではく、地球と宇宙全体が運命を共にしているです。それは私たち人間の意識のことでもあります。人間の集合意識は、宇宙の存続につながる役目をもったとご理解下さい。

これまで沖縄の聖地に100か所以上足を運びましたが、この神事で訪れた場所がが重要だからこそ、地元の方が場所の公開を望んでいない情報がありますので、一部のみを公開しています。

◎沖縄諸島 愛と調和の五島祈りの日程
2006年11月11日~2007年3月16日

3/8  伊江島  3箇所祈り
3/9  伊是名島 2箇所祈り & 伊平屋島 3箇所祈り
3/10 久高島  数箇所祈り
3/11 久米島  数箇所祈り & 大島祈り
3/12 久米島  諸島祈りの感謝の日の出祈り

沖縄諸島 愛と調和の五島祈り 2007/3/8-3/12

浦崎芳子神人の生まれ故郷 伊江島 2007/3/8

新しい神との対話 2007/3/21

神様からのお礼 斎場御嶽(せいふぁうたき) 2007/3/20

龍球王国メッセージ 2007/3/16