2012年3月12日

光の柱の崩壊

いく千年つなぎたもうた光の柱は、もうしばらくするとその柱のエネルギーが崩壊し始めます。その理由は、もう知ってのとおり、全宇宙の「新しい始まり」の時が近づいているからです。このメッセージを受け取った者は、今までの柱を守るのではなく、新しい自らの意識エネルギーを柱として大地と天をつなぎなさい。その時をこれから示します。

2012年3月12日 午後2時12分
(グリニッジ天文台日本標準時刻)

このとき、スカイル星(イカルス星)から始ま14番目の星のエネルギーが動き始めます。このエネルギーは、今まであった全宇宙のどのエネルギーよりも、広く大きく透明な音を奏でながら、全宇宙、全意識体、全生命体へ伝わっていくことでしょう。

ゆっくり始まるこの音は、もうその準備を始めるように、皆さんの意識の中へしみこんでいっています。宇宙の外から始まるこの新しいエネルギーは、今までのすべての知識を超えて「新しい始まり」の気づきの音を奏でることでしょう。その音が聞こえる魂の方々の役目が、果たされる事を願い伝えます。

もうひとつ、伝えます。あなたが「ひとつ」「大いなるひとつ」と伝えているものが変わりつつあることを知って下さい。それは私たちの意図ではなく、人間からの送信メッセージです。その願望・創造エネルギーは「新しい始まり」のようにその意味を変えようとしています。

あなたがもともとその創造の意図(糸)をもっていたのではなく、その意図の意味を知るものとしてメッセージを伝え、道を示し、気づく光の迷路から抜け出せなくなっている人々の魂の解放を役目として与えられています。

だからあなたは、その「大いなるひとつ」の変化に恐れをなす事はありません。伝え続けた今までのメッセージもこれからなお、発信するすべての情報も、あなたのは全てのつながりを知る者としてその道を導く役目なのです。そのことを悩み苦しむことがない様、伝えておきます。

あなたがこれから選択する物事は、人間の生命、地球の生命、宇宙の生命全てがひとつの糸(意図)でつながっていることを解き明かし、その意味と役目を気づかせることにあります。

その全ての生命を守る役目としてそれぞれの担当者たちが今、あなたの周りにも、地球のあちこちにも、これから生まれる命(魂)にも準備されています。あなたはただそのひとつの「導き」という役目なのです。そのことを伝えなさい。

だから導きに「証し」は無いのです。全ての選択は全ての意志と魂に任せると決めてこられたのですから宜しくお願いします。

2008年2月25日に降りたメッセージ