2012年7月24日

2012年7月24日

大地震の啓示

地震発生時刻:
2012年7月24日(火)午後3時過ぎ 

震度6以上の直下型大地震・ 大津波注意

震源地:
・富士山東部・富士山南西部
・愛知県南部
・白山西部に起きる可能性大

(事前準備・対応策)
1、飲料水の確保(最優先項目は、飲料水の確保です)
家の中や車の中に、最低必要量の「飲料水」を常時、備蓄して下さい。
※繰り返し使えて、持ち運びが便利なキャンプ用品で販売している「つぶせるタイプ」のポリタンク2リットル、4リットルタイプがおすすめ。
※自宅付近で電気を使わずに「飲める地下水」がある場所を事前に確認して、災害時に移動する手段(自転車・徒歩)を決めておくこと。
※近くにある川の源流など、豊かに水が溢れている場所を事前に調べて、現地まで行く手段や誰が行くのかを決めておく。家族単位ではなく、地域単位で考えることが重要です。

2、水を使わない固形食料の備蓄
貴重な水を使わないで、最低限、必要なカロリーを確保できる固形食料を備蓄する(乾パン・クッキー・カロリーメイトなど)

3、自宅に居る時、車で移動している時の対応策を家族で決めること。そして、災害時の避難場所や連絡先を家族以外の友人・知人にも伝えておくこと。

4、タオル・毛布・タオルケット・包帯などの「救急セット」を車に常備しておくこと。

◎最低限の水と、食料と、安全が確保できたら、次の優先順位を決めて下さい。
6、これは、もっとも重要な事なのですが、助けるべき「命の優先順位」を家族単位・地域単位で話し合っておくこと。

7、災害時にいつ、誰が、何を具体的にするのか、また、どの人が、何をできるのかを互いに把握しておくこと。

◎命を守ってくれるのは、遠い家族ではなく、近くの人だという事を再確認して行動して下さい。