2019年5月1日11:11 令和元年の祈りに降りた神言葉

【神言葉】ハヤアキツヒメ神言葉

2019年5月1日令和元年の祈りを始めます。

神むし給いこと 始まりのこと

始まりのこと
新たに 清め給いて 光給いて 
我身 降り注ぎ

あわよくば
この世を照らし給えと 我申す

美くしの世を導びかんこと
捗(はか)ばかしきかな この世の定め

生まれし時からの役目を忘れるる者達の目覚めを促し

あわよくば
この世の星を輝かせ給えと我申す

浮き御霊(うきたま) 
沈み御霊(しずみたま)
あらゆる時 あらゆること 起こりしとも

心揺らさず 
時、先を見据えた生き方を示しなさいと我申す

国玉(くにたま) 
神玉(かみたま) 
光玉(ひかりたま)

この世を照らし給えし 輝やかせし御霊(たま)の多からんこと

これ天皇神(てんすめらがみ)のごとく
合わせ合わせの 思いの一雫なり

この世に 捗(はか)ばかしきかな
肉体を持ち 魂とも繋がり
命を持つ者全てなり

この世に生まれしこと
これ全ての役目を持つ一員となりしこと

これ清らかに 現人神(あらひとがみ)と共に
この世を育む心を育て給えと我申す

美くしの世を創るは 特別なことではなく
我身の心根に嘘なく生きること

そして 人を気付かい賜りたまえば
その恩返しを心を 行動を持って示すこと

ありきたりのことながら

このこと出来ず
朽ちてゆく者多しと 聞き及ぶからこそ

この世を導くには
個々 子々孫々の見本となる
生き方や考え方を 
示せと我申す

(口笛)

令和の光 降り注ぎ給いて
身心 禊給えと申します

(口笛)

地・天・空 
繋がりますれば
これ 一心 給いて 自づの魂の光になりけり

天・地・空
この三位一体を持ってこそ
この地の繋がり全てを見守るものの意識なり

空なるは
あるもの無いもの
見えるもの見えないもの

失うもの得るもの
その全てが空の中にある 
ただの思いなり

思いひとつ掴めば
その両側に 光鏡を立て給えて
その内なる真実を見極め給えと我申す

人の口 人の思いを変えられずとも
変わらないものに悩むではなく
自らが何を思い 何を考え直すのか

そのたったひとつの気付きこそが
未来をも 育む光となりにけり

我身の思い 一心不乱に突き進めば
その先にあるもの 
その先 みな

地・天・空の一重(ひとえ)の重なり

一重(ひとえ)二重(ふたえ)三重(みえ)と重なり
十二単(ひとえ) 重なれば

それ 七色七世(なないろななよ) この世のこの話

その時にこそ 鳳凰神界 真実に動き輝きまする

この世 見守りし 陰陽の力
また これまで同様
地球を見守りし
龍王神界の龍達全て

この日の祈りと共に 天皇神(てんすめらがみ)の大和(やまと)の光

日の元 日本の光が輝きますると申します

それゆえに
皆々様の魂も 輝き給えと申します

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました