龍王神界

龍が守る地球

宇宙神界の中で一番地球に近い龍王神界は、宇宙全体における地球のエネルギーバランスを守るために、創造と破壊のとても強い力を与えられています。この龍たちは、”人間の目に見える天から地球の核”までをつかさどる役目として、地球が創造された太古の時代から全てのものたちを守っています。この龍王神界の頂点は「白龍」ですが、日本を守る役目の八代龍王神のほかにも色で役割をしてました12(13神・13色)の龍神たちがいますが、さらに7神が宇宙調和の役割として龍王神界に参画しています。この追加された7神のことを昔から、”絶対神”と呼び、大きな神としてあがめていた時代もありましたが、この7神を含めた20(21)神全体を「龍王神界」とよびます。

宇宙神界には、この龍王神界の20神界の上に、30神界、50神界、70神界、100神界とあり、無限宇宙をつかさどる神々たちが、無限に存在しています。龍王神界は、この地球の150年ほど前からの大きな人間意識の崩壊を気付かせるために何度も、地球へ大きな天災を起こしました。人間が今、存在しているものにばかり気をとられて、すべてが「無」から生まれたことを子供達へ感謝を伝えることなく、利や我を求めた人間への神の警告です。

この大きな天災は地球上で何度も起きていますが、2000年を越えてさらに、人間の意識の低下による問題が大きくなりました。『水の星 地球』の存在意味を忘れた人間は、もう太古からの積み重ねの知恵を持つ霊人たちの知恵を思い出さなくてはいけない時期にきています。地球は、太陽系のためだけに存在しているのではありません。ましてや、銀河系のためだけでもありません。

2007年4月現在、この地球という星の存在意味に気付いた人間が、意識や行動を変えていかないと、全宇宙すべての存在意味さえ、なくなる状況になっています。龍に守られていると感じるあなた、龍を大切にしてきたあなた、龍が気になるあなたは、過去、あなたのご先祖のなかで、この龍王神界の大切な地球サポーターとして、龍たちの意識に守られてきた霊人たちの一人なのです。

現在、地球に残された時間は、皆さんが想像するより、はるかに、短くなってきています。全宇宙すべての消滅を免れるための転換の最後の一瞬が、2009年1月10日と啓示されました。これだけは、覚えておいてください。現状のままでは全ての人間を救うことは、無理です。人間の「我欲」は、地球も全宇宙も滅ぼしかねないほどの不調和の根源意識だからです。宇宙の愛を想い出しなさい。そして、あなたの存在の意味を想い出しなさい。