2020年 緊急オンラインセミナー参加者の体験談

毎月、緊急オンラインセミナー に参加されている人の体験談をまずお読み下さい。

 

平素より大変お世話になっています。

第3回の天地無人〈緊急〉オンラインセミナーを経ての感想を、自分自身の振り返りも兼ねて記載いたします。

全世界COVID-19への挑戦が始まり、不安と目に見えない恐怖、怒りや非難の集団意識と束になってのみ込まれそうになる中、これから先への模索が自分の中で始まりました。

 

先人もいなければ答えも無い中、自分なりに情報収集と方向性を頭で考える日々。

少し疲れてきた頃にこのセミナーの情報が舞い込んできました。吉岡さんなら信じられる!何か一筋の光を掴む思いで参加させて頂きました。

彼の見えている見解とビジョンを照らし合わせながらまた、受け入れながら、現状を把握しすぐ出来る事を教えて頂いた第1回は言葉の通り「認識できると覚悟ができる」という意識の変換。

 

画面を離れた後、心が軽くなり口角が上がっている自分に驚きました。

プランター栽培準備や自転車店へ下見、日課のゴミ拾いとなるべく挨拶や声掛けを行う等、先ずは出来ることを始めました。

第2回は経済とメンタルの連動を教えて頂きました。不安が増幅する今だからこそ、ノートに書き出し自己対話や決めること。

また、再備蓄に豆類と米を買い足し現金をコインに変え手元に、同時に各申請書への情報が人を通して舞い込むようになってきました。

 

躊躇していたことも手放しFBに想いを毎日綴ることも始めました

「私は輝いて生きています。その輝きは周りに愛を照らします。」

これは10年以上前に私の内側で発見したミッションです。

色々な知識や体験を経ても必ず、そこへ戻され確認するというループを長い間繰り返してきました。

 

セミナー内でおっしゃっていた「皆さんは希望を与える人なんですよ!」

その言葉が心に響き覚悟が決まりました。

グループで実験する祈りの結果が楽しみで終了しました。

参加者皆様のお顔も把握しだし、たった3回目ですが明らかに雰囲気が変わられている方もいらっしゃいました。



祈りの結果には驚きました。

疑う事はありませんが改めて数字で見ると説得力が異なります。

また、参加者の質問で多くの気付きを頂き、目頭が何度も熱くなりました。

 

〇迷っていることは出来るから、出来ないなら迷わない

〇相手が決定する事を手伝ってあげる事が人と関わる人の仕事

〇個人で出来ることを整理することが大切

 

三つのカテゴリーと割合では、流石に6割は多すぎると驚きましたがこれが世の常なのでしょうね。自分の立ち位置を確認し維持する重要性と、自分で変えて行ける域に入る覚悟が出来ました。

そうすると学生達への関わり方も変わってくると思います。逆に真剣に打つかっていく、それがそもそも私だったのにいつの間にか猫をかぶって指導していた事にも気が付きました。

 

画面を通してのオンラインセミナーですが、具体的に頭では分からなくても、明らかに高次元の波動に触れていることを強く感じます。

 

癒され愛され守られている事を思い出させてくれます。閉ざしていた感受性が少しづつ解放されていく事も感じ取っています。不謹慎かもしれませんが、時がやっときた感じと、これからの新時代を想うとワクワク胸が躍ります。

 

まだ対処することは沢山出てくると思いますが、私たちはいつも大丈夫なんです。

地上戦と戦後を生き抜いてきた強いDNAが私には流れています!!ありがとうございます。

 

引き続き宜しくお願いします。愛と感謝を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です