「2023年人類審判の年」に向けてコロナチャンスが到来!

ナチュスピ代表・今井がゲストを迎えて対談する「今井の宇宙室」。

『日本の神々と天皇家のルーツと役割』の著者である天無神人(アマミカムイ)さんとの2回目の対談をお送りします。

今回のテーマは、ズバリ2021年以降、世界はどうなっていくのか?

日本各地で様々な神事を行い、天界からの情報を伝えている天無神人(アマミカムイ)さんならではの、今後の世界の行方に関するメッセージをお聞きください。(2020年11月収録)

『日本の神々と天皇家のルーツと役割』神事によって解き明かされた「裏の歴史」。

○天皇家は、新羅と百済と沖縄の3つがルーツだった! 約6000年前、ヨーロッパから大巫女が日本にやってきた。

○天照大神は古代エジプトからもたらされた。

○中国から渡来した卑弥呼。

○出雲族とは? [詳細] https://amzn.to/368SZoS

 

天無神人(アマミ カムイ)

1959年、北海道生まれ。幼い頃から霊感が強くさまざまな霊的体験をする。

一時、霊能力を封印していたが、1998年、霊視および透視能力が復活する。

2000年に、全宇宙の創造主(マスター)と対話し、真理を悟る。 その後、さまざまな神事を行い、『地球創生SNS』『スピリチュアル大学校』な どを通して、人々に必要なメッセージを伝えている。

著書に『白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島』(ハートランド龍球)、『アカシックレコード13星団の秘密1 前世を超えた遥かなる起源へ』(ヒカルランド) など。

[地球創生公式ホームページ] https://earthtscu.jp/

#予言 #2023年 #審判 #コロナ #2021年#スピリチュアル #天皇 #神道

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。