自分が求めている結果を具体的にすること

自分が求めていることを結果にする

2021年1月になって、どう進もうかを悩んでいる時、私の守護存在からメッセージが届きました。

過去をどうにかしたいのか?

新しい未来を作るのか?

その為の大切な気づきは何か?

何が、必要か?

気づきのステップ。

行動のステップ。

連鎖のくさり。

希望。

そうだよなあ、やっぱり、過去を考えながら未来を視るのは無理だよな。

そうだ!

昔、気づいた事だった!

神様にオーダーすると時のコツは、「具体的に、わかりやすく、未来に何を現実的に望むのかを明確にすること」だった!

いくら考えて私たちの脳みそには、過去の経験の記憶しかないので、同じ失敗をしないようにとか、またあの時と同じラッキーを望んだりとか、全くバカとしか思えないようなことを考えてしまうものです。

大切なことは、自分が求めている結果を具体的にすることです。

●「目標」と「目的」は違います。

※目的とは、最終的に目指す到達点」、すなわち「終点」。

※「目標」とは、「目的を達成するために設けた手段」

目的を達成するために必要な人や物や条件を、具体的にすることで現実化しやすくなります。

そして、新しいことが起きるためには「新しい出会い」や「新しい発想」が必要ですので、何が具体的に起きれば良いかを明確にすることも必要です。

さらに取り組んだことがうまく行くためには、関わった人たちとの行動と思考の連鎖が必要ですので、「連鎖のくさり」を希望でつなぐことがポイントです。

このことを正しく理解できると、どんどん頭の中がクリアになり、どんどん新しい気づきが起きてワクワクして、新しいことに取り組んでしまいます。

●もっと詳しく聞きたい方は、月に一度、開催している▶️「天無神人のオンラインセミナー」で質問して下さい。わかりやすくご説明します。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。