想念の原因

想念の原因

「本当に今年は、いろんなことが、変わる年になることでしょうね?」

こういう言葉を聞いた時に、あなたはまず、どんなことを思い浮かべますか?

楽しいことでしょうか?

嫌なことでしょうか?

私がよく口にする「想念」とは、この最初に思う思いの背景ことを言っています。

人間の意識はとても強いものですので、良い意識さえし続けていれば、自分を変えていくことは可能です。

●しかし、この想念だけは、気がゆるんだ時や、ふとした時、車を運転している時などに、ふと出てくる自分の「無意識の領域」にある思いなので、意識だけではなかなかコントロールすることが難しいものなのです。

自分でも気づかないうちに、「無意識の想念」にマイナスがたっぷり入っている人は、ついうっかり、「マイナス言葉」を発してしまい、周りの対人関係を壊してしまう人もいるからです。

さらに、この「マイナス想念」を何とかしようと考えている時間さえ、もうマイナス想念世界に足を踏み入れているのです。

「マイナスの想念世界」に、足を踏み入れたくないと考えているあなたのために、ひとつ、アドバイスをします。

●あなたはその「マイナス想念」が出てくる理由をここでじっくり考えてみて下さい。

まず、原因を一言で言ってしまえば、「カルマ」が原因なのですが、カルマにも2種類あると思っています。

ひとつはみなさんご存知の「過去世カルマ」。

もうひとつは、自分自身がこの世で体験して感じてきたことによる現実世界で経験したカルマ(トラウマ)です。

●「現実世界で経験したカルマ(トラウマ)」とは、たとえば、車をよくぶつけたことがある人は、運転をする度に意識するでしょうし、アル中やドラッグにおぼれたことのある人も、手を出す前に考えるはずです。

また、みなさんの異性関係のなかで、良いイメージではない経験をしたことがある人は、同じことを繰り返さないようにと意識しながら、無意識の領域では、苦しい時の経験を思い出してしまい、心の奥底で葛藤を感じます。

そして、その避けたいと思うテーマが多いほど、「無意識の領域」では、苦しい時のことを繰り返し感じてしまうので、想念全体にマイナスのイメージが溜まってしまい、普段の何気ない時に、ふと、マイナス思考が出てきてしまうのです。

あなたの「想念」は、あなたの魂のレベルによって出て来るものが違いますので、他の人とは違います。

●よく小さなこどもが大人に、神様のようなとてもすばらしい言葉を発したり、悪魔のようなびっくりする悪魔言葉を発することがありますよね。

神様のような言葉を発する時も本人には、「神様意識」は全く無いのです。

だって、生まれて間もないため、人間としても経験や価値観を知らないからです。

善悪を決めるのも、実は、大人たちの価値観や社会の裏表を知ってからなのです。

ですから、子供の言葉は、そのまま魂のおおもとから直結の言葉”と考えたほうがいいでしょう。

●反対に、大人の想念は、その人の価値観や社会通念概念がとても大きく影響しています。

普段は、普通に生活している人でも、自分の無意識にあるマイナス想念を変えない限り、何気ない時にマイナス意識が出てしまい、一番大切な人を傷つけてしまいます。

強いマイナス想念エネルギーを感じて考えている時ほど、宇宙空間にも直接、聞こえてしまい、現実化しやすい状況を創りだしてしまいます。

「自分の想念管理」をする方法として最高に良い方法は、魂が喜ぶことをたくさんすることです。

魂が喜ぶことは、今の時代の価値観で正しいかどうかではありません。

心の奥底から湧き上がる喜びの体験のことです。

部屋をきれいにすること、トイレをきれいにすること、落ちているゴミを拾うこと・・・

周りの人がして欲しいと思うことを、率先してしてあげること。

そして、大きな愛に包まれることでも、そのマイナス想念は次第に変わっていきます。

あなたが自分の想念管理ができると、必ず、人生は前向きになり、運気も上がり、人間関係も全てうまくいきますので、どうぞ、チャレンジして下さい。

●自分が体験した「マイナス想念をプラスに変えたい、人生を変えたい」と本気で思う人は、▶️スピリチュアル個人講座受講して下さい。

誰にも言えない辛い体験をした人たちがたくさん過去の思いをクリアして生きている喜びを感じています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。