日本人として生まれた理由と役割

日本人として生まれた理由と役割〜【一問一答】Live

天無神人のアマテラスch.、【一問一答】の5月11日のテーマは、「日本人として生まれた理由と役割について」

よくスピリチュアルなところでは、「日本は世界の縮図」ですとか、「龍体の形をしたのが日本であり、神の国である」とか、そういった事を聞かれたことがある方もいるのではないかと思います。

人類の起源は西から始まり、そして東へと文化が流れてきた歴史を見ても、この東の最果てにある「日本」という国には、とても大事な意味があるのだと、天無先生も日頃からおっしゃっておられました。

そこで今回は、この日本について、「日本の大事な役割」と、「何故私たちがその日本人として生まれてきたのか?」にスポットを当て、改めてお伺いしました。

時は、日本国建国のお話。

当時の日本には、各地に豪族がおり、小さな国がたくさんありました。

この小さな島国には、大国から侵略しようと何度も攻め立てられる危機が続いていました。

そんな時代の中、「日本国という国を創りなさい」と、神の啓示を受けて、日本という国を立ち上げたのが、神武天皇だったそうです。

当時の日本は、各諸国からやって来た人達や、先住民や、海を渡って様々な交流をしていた民達がおり、他種多様な文化や民族をまとめ、日本という一つの国を創る事は、とても大変な事でした。

そこで生まれたのが、「八百万の神」という、全ての民族や思いを同一に崇めるといった神の概念でした。

思いが違くても、お互いの思いを尊重し、大事にした上で、同じ目的に進んでいこうという「和合」という考え方が生まれたのです。

この「和合」という考え方は、この小さな国で、資源も乏しく、多くの民族からなる日本が、近隣諸国の攻撃を防御しながら、お互いを守り合い、一つにまとまる為の知恵でした。

「和合」の考え方は、日本独特のもので、他にこのような考え方を持つ国は、未だかつてないそうです。

そして、この「和合」という精神こそ、世界を平和に導き、人類の進化に繋がる「鍵」だと言います。

その日本に生まれた私達は、その「和合の心」学べる、最大のチャンスをもらって生まれてきたのだそうです。

この霊性の高い日本人として生まれたことが、とても素晴らしい事であり、日本人として生まれた全ての人が、その可能性を持って生まれてきている。

先人達が築いてきた「和合」の文化を学び、現代に生きる知恵として、お互いに教え、教わりながら学び合い、新しい「和合点を生み出す。」それができるのが日本人であり、その魂を思い出して、新しい和を創っていく事が、日本人としての役割だというお話でした。

日本人として、背負っている役目。

全ての民族や思いを一つに束ね、新たに進む為の知恵を生み出す民が日本人であるという事。

その「和合」の知恵が、この日本にはたくさんありますし、まだ私達が知り得ない、忘れさられてしまった知恵もたくさんあるのではないかと思いました。

その「和合の心」を今一度学ぶ時に、私達日本人はあるように思います。

詳しくは、是非動画をご覧下さい。

 

☆YouTube Live【一問一答】は、毎週2回、火曜、金曜に生配信しています。

次回は5月14日、明日10:00からになります。

チャンネル登録、グットボタン、コメントも是非宜しくお願いします😊

Hatsuno Yumi

地球創生運営スタッフ

コメントを残す