心の鏡を輝かせれば世は輝く!〜2021年8月1日午前11:11速開都比売様の大祓い祈り 

心の鏡を輝かせれば世は輝く!〜2021年8月1日午前11:11速開都比売様の大祓い祈り 

    【午前の祈りで降りた神のメッセージ】

時の虚ろい鏡の如く
おもわくば、それぞれの心の映し鏡と
なりにけり。
一人一人の心根清らかに輝かさねば
この世、荒ぶる神の世となりにけり。

光輝くが如く、
心の中を研ぎ澄まし
自らの鏡となりて
天輝かせ給え、地輝かせ給え、
現世輝かせ給えと申しまおす。

行末万感、
世に闇はびこるこの世となるか
若しくは
世の輝き、希望を発する者
増える世と成るかは
全てこれから次第となりにけり。

世におもわくば
天にありて、先祖ありて
血の繋がり、肉の繋がり、魂の繋がりを使いて、
共にそのご縁縁者の喜び高らかと為すが如く
祈り給えと申しまおす。

行く世、闇世と光輝やかせ給えと
なるならば、それ神世の光となりにけり。

やおらかに嫋やかに光輝かせし者
その魂の所存どこにあるかは
自らの見定め次第なりと申します。

世あるは天ありて
天ありて神ありて
神ありて人の世ありて
人の世ありて想いあると為す。

ならばなぜ
想いを管理せぬのか問いまする。

自らの想いひとつひとつを
解き放ち給いて、神世に拡げ給われば
それ想うこと全て
地獄の闇世の言葉となるか
人を導く神言葉となるかは
全ては己次第なりと申します。

ひとり呟きとて
心の中で想うこととて
やおらかに嫋やかに
自らの想いに責任を取るが如く
その想い本筋でなければ神には聞こえませぬ。

願いする者
これ多くの責任を問わるるが如く
得た物に対する
その責任評価が付き纏いまする。

家族、子供、親族、従業員、
一円とり給いて
心根ひとつの親となりし者
その導きの光の鏡を
どこに据えるかによりて
導きの鏡の光変わりますると申します。

世において
神世に足を運び、手を結び、
心を結ぶ者たち多かれど
この世この地において住まいする者
出会う者、関わる者、全てを神世にしようとせぬのはなぜかと問いまする。

この世ありとて
これ神世の映し鏡なればこそ、それ鏡世のこと、全て自らの映し鏡の結果となりにけり。

想い問いますれば、過去の想い
ひと時ひとたびその時に戻れば
それ過去の想いを掴む心なりと
今その想い掴むならば、
未来にそれ
同時に起きると同じことなり。
過去を掴む者、未来に興ぜず
未来を掴む者、これ過去に感謝せず
己れの一心立てまする
このひとときの時に
自らの過去未来を越え
この世に一点、自らの光の柱を
立て賜えと申しまおす。

八百剣、八剣の刃を賜えますれば
それ新しき世を切り開くか
若しくは切り刻むか、
それ己れの心次第となりにけり。

過去を疎い、人を疎い、羨む心全てが
浅ましき心なりと申します。
幾ら与えても足らん足らんと申す者多かれど、
僅かな米粒ひとつで有り難きと思えぬ心ならば
この世にあるもの
全て食べられなくなる世になったとき
人はどう変わるのか
どう生き抜くのか知恵が試されまする。

命を乞う者多かれど
食べ物粗末にすればする程
その命に関わる全てのエネルギーを
捨て去るが如く、手をかけ手間をかけ作った者達の想いとともに食する事の生命の繋がりのエネルギーを切るのと同じこと。
矢面に便利を優先すれば、それ未来不便な世になるは当然なり。

今の不便を受け入れつつ、
少しでもこの不便を無くすために知恵を使い
無駄をなくし、百を十で生き、十を一つで済ませる心になれば、それ皆同じく等しくめずらしくの如く神世の心となりにけり。

神に支配采配さるるが如く、自らが自らの心を律し制せよと申しまする。

神世の映し世ここの世ならばこそ
皆様お一人お一人の心の中が
神の想いを現すものとなりにけり。

無駄をなくし無理をせず、矢面の如く、
この世を喜びにするためにも
一人一人が心根の改めをし直しませと申しまする。

心根改めの儀としての想い
はばかりながら喜びのこと
心より心より感謝申し上げ奉りまする。

神を給いて
龍球王国を支える神の役目

アマミキヨ 南を守る神 発祥の地を守る神
クニトコタチ 東北を守る神 宇天と地球を結ぶ神
スクナヒコノミコト 東を守る神 海と水を守る神
オキクルミカムイ 北を守る神 山と底を守る神
ウハルズの神 西を守る神 生類全てを守る神
ウエノキヨメの姫 天上界を清める役目
アガリキヨメの姫 全ての御霊を清め上げる役目
ミタマミガキの神 人間の御霊を磨き上げる役目
タチクルメの姫 すべての和合調和の役目
スサノオウ 全ての底を救い上げる神
ニレハレの神 太陽と月を守る神
コレカナメの神 創造主とのつながりを守る神
ウメノカナメの神 すべてに希望を与える役目
コノハナサクヤ姫 全てを喜びに変える役目
龍王神 龍王神界と王を守る神
いつもありがとうございます 真栄王

Hatsuno Yumi

地球創生運営スタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です