「魂の封印」を完全に解き放つ!!

子育て・働く女性たちの皆さんへ!

◯個人相談実例

先日、私のブログを愛読してくれている40代の奥様からこういうメールが届きました。

天無神人(アマミカムイ)さんのブログを読んでいると、自分の足りないところがたくさん出てきて落ち込みますが、自分なりに解釈してできることからひとつひとつ取り組んでいこうと思っています。

アドバイスのお陰様で、子供との付き合い方も変わり、子供も自分で考えるようになってきているので、本当にありがたいと思っています。

親との関係も色々、ありましたが、自分の立ち位置を変えることで少しづつ良い関係になってきました。ありがとうございます。

でも、ひとつお願いがあります。

今の時代は、女性が子供を産んでも外で働かなければいけない女性たちが多いと思いますので、どうか、そういう女性たちが希望を持てるようなブログを書いてもらえませんか?

 

本当に、嬉しいお言葉でした。

天無神人(アマミカムイ)は、昭和一桁の両親に生まれ、明治生まれの厳しい祖父たちが武士の家系だからこそ、男がたち守ってきた家督や家長の責任の意味と、その男を支えてきた素晴らしい女性たちの思いを代弁するつもりで、「母の教え・マトリックス(子宮)」を通して皆さんへお伝えしています。

どんなに時代が変わっても、社会の中での男と女の立ち位置は、簡単に変わるものではないからこそ、現代の働く女性たちにとっては理不尽だと感じることも多いと思いますが、世界のトップクラスの人たちは、今も、男女の在り方を明確にした「厳しい所作」に守られているのです。

実例としては、レディーファースト(英: ladies first)は、女性を尊重して優先させる欧米のマナーだと思われていますが、実際は女性が先に男性を迎える準備をしたり、先に退出して余計な会話や余計なことをしないなどの意味があり、また、女性を先に入口から入れて、前面に立たせることで、急な銃撃の予防にしていたという説もあります。

ちなみに、実際のイギリスでは夫の暴力がひどくて、下半身を蹴る男たちが多いので、長いスカートを履かせて足の傷を隠す意味と、社交場で我妻は本当に素晴らしいと言いながらも、テーブルの下で奥様の足を蹴飛ばす男たちが多いとイギリスに住む女性に聞いたこともあります。

まだまだ、日本人として先人の思いや守るべきものをどう守るのか伝えたい思いはたくさんありますが、同時に、現代の女性たちにように働きながら子育てしている女性たちへ向けて「希望になる教え」を伝えていこうと決断し、「母の教え・マトリックス(子宮)」にカテゴリーを変更しました。

女性から生まれたすべての男性たちは、男の子が母に甘えるように自分のワガママを女性にわかって欲しいと無理強いもしますが、これからどう生きたらいいのか悩んでいる女性たちも多いことを私は多くの相談者から聞いています。

結婚しない・できない女性たち、結婚はしたくないけど子供は欲しい女性たちなど、女性たちの欲求に対して現実的な「生き方の指針」を国は示していないからです。

結婚をしたけど子供に恵まれなかった女性たちや、子供には恵まれたけど夫がセックスしてくれない問題や、言葉のDVや暴力を含め、たくさんの相談を20年間、数万人の女性たちにアドバイスしてきた実績から直接、会えない女性たちの心の支えにして欲しいと思って毎日、ブログを書いています。

ときどき、私のことをガチガチな昭和の頑固男に思う人もいるでしょうが、実はその反面、女性たちが言葉にできない色んな思いを感じているからこそ、自分の体験談を通して的確なアドバイスができるのです。

世の中は常に理不尽だし、男たちは気が利かないし、「どうすれば私の人生は喜びになるの?」と多くの女性たちの心の声が聞こえているからこそ、ブログを通してメッセージを送り届けています。

私に初めて直接、お会いした女性たちには、よくこう言われます。

神様かと思っていましたが、酒、タバコ、女が好きな普通の男なんですね!と(^^)

そうですよ(^^)、解脱もしましたが、もう一度、みなさんと同じ欲望を持って生き抜くと決めたので、あなたが大嫌いな部分もたくさん持って生きている普通の男なんですとお話します。

だから、勝手にあなたの理想の神様と思わないで下さいね、とお願いしています。

子供の頃から裏表で嘘をつきながら生きている大人たちが大嫌いだった私は、時間と空間を超えてどんな人の心にも入っていける能力をもともと持っていたので、相手が今、思っている思いを読み取ることも、過去や未来を見通すこともできましたが、それはそれは辛い時間でした。

自分が知りたい楽しい情報だけならいいのですが、勝手に頭の中で喋られたり、とんでもない夢を見せられ続けて寝れなかったり、目には見えない存在が24時間、一緒にいることを感じながらここまで生ききた、ただの「普通の男」でございます。

42歳で解脱したあと、もう一度、この「嘘の現実世界」を生きると決めたとき、どんなに私を否定する人がいても、最後まで正直に素直に生きようと決めました。

誰か一人くらいアホみたいに、「大人は嘘ばっかりで裏表を使うけど、上手に生き抜けば楽しぞ!」と言い切れる大人がいないと、繊細な心の子供たちは私と同じように苦しむことがわかっているからです。

だから、決断しました。

2022年は、21世紀に生きている女性たちが希望を持って生きれるような記事をなるべく多く書こうと思っていますので、これからの記事をどうぞ、お楽しみに!

足(た)るを知り、賢くなって上手に男を扱える賢い女性が増えれば、戦いの無い平和な世界を女性たちが誘導できるのです。

女性が変われば、世の中は変わります。だから、諦めないで下さい。

コメントして下さった奥様のように私のブログを長年、ご愛読いただいている人たちは、ぜひ、多くのみなさんのためになるようなご意見をどんどんコメントして下さい。

天無神人(アマミカムイ)はただの頑固者ではないので、ちゃんとみなさんのご意見は参考にさせてもらいますのでご安心ください(^^)

多くの女性たちのご意見・ご提案をして下さった皆様のおかげで、私の「地球創生活動」もさらに希望へ進んで行くと信じております。

ホームページのタイトルにも、一言、女性たちへのメッセージを送り続けますので、今後とも、地球創生 天無神人(アマミカムイ)をどうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
◯個人相談実例
【地球創生】天無神人の活動|地球と人間の存在理由 SaveLoveEarth

コメント

タイトルとURLをコピーしました