「魂の封印」を完全に解き放つ!!

男は女に愚痴を言ってはダメだよ!

◯母の教え

男は女に、グチャグチャ、不満や文句や愚痴を言ってはいかんよ!

愚痴や文句を言うのは、女の役目なのさ。

バカな男でも、一緒になって一生、付いていこうと思った理由は、父さんがグチャグチャ女みたいに愚痴を言わない男だからさ。

女だって、不満や愚痴はたくさんあるのに、男が会うたびにグチャグチャ言ったら女も嫌になるよ。

そんなこともわからんバカな男は、必ず、女に振られるか、妻に逃げられるのさ。

自分に聞いてもらいたい思いや悩みがある時は、「今日は僕の話を聞いてもらえますか?」と相手に承諾を得てから話しなさい。

そして、次回、会った時は必ず、相手の言いたいことや不満や愚痴を最後まで聞いてあげて、絶対に、反論や意見は言うんじゃないよ。

男は黙って聞くのが苦手だから、聞く努力をしなさい。

「傾聴」というお勉強があるので、自分で調べて訓練しなさい。

学校の授業も、先生の話を1時間や2時間も聞くのも、実は「傾聴の訓練」なのさ。

この先生、バカだなあと思っても、黙って聞きなさい。

自分の意見を言っていいのは、社会へ出て、自分でお金を稼いで、責任を学んだ人だけだよ。

だから、お前ももうすぐ中学生だから、子供でも親の言うことに、反論なんかしちゃダメだよ。

反論なんて、しなくていいくらい自分でお金を稼いで、責任ある仕事をしなさい。

そうしたら、反論なんて誰もしないよ。

それに、反論には、意味がないのさ。

いくら自分が正しいと思っても、親が間違えていても、親は親で一生懸命なのさ。

お金も稼いでいないバカな息子や娘たちに限って、親の言うことに口答えするバカが多いね。

赤ん坊みたいに、親にゴチャゴチャ言ってる奴は、仕事もできないし、人間的にも最低さ。

家族に甘えていいのは、小学生まで。

中学生になったら、黙って人の話を聞きなさい。

男も女も関係ないからね!

世の中は、そういうものなのさ。

嫌なら、人間やめなさい!

猫や犬みたいに、時々泣いて、餌をもらいなさい。

さあ、人間やるかい?猫をやるかい?猿かい、あんたは?

私:・・・・・・・・・

例えばね、先生でも誰の言葉でも、わからん時に、わからんと言うんじゃないよ!

わからんところはチェックしておいて、全部の流れを理解してから自分で読み直すこと。

それでもわからん時は、すいませんが、どこのどれがわからんので、分かりやすく教えて下さいと、相手に聞くことさ。

わからんことを分かりやすく質問できない奴はバカなので、答える義務はないんだよ。

私:確かに・・・

昔から学問は「習う」と文字に書くけど、その意味は聞くのではなく、感じながら人の話は聞くものだからこそ、「習う」と呼ぶようになったのさ。

学校の授業も習う場だからこそ、ただボーと先生の話しを聞きなさい。

黒板の文字を一生懸命に書く奴は、大事なこと聞いてないのさ。

覚えることもせず、感じることもしなければ、いざという時に使えないよ!

会話は瞬時に感じて返答しないと、昔はビンタを食らったものさ。

今、聞いた言葉を、すぐ言い返せない奴は、さらにビンタをくらうのさ。

教えて下さい、なんていう奴は、即、ビンタさ。

まず、人の話に集中して感じながら一瞬で記憶して、返答するのが会話なのさ。

間違ってもいいから、一瞬で覚える訓練をしなさいね。

わかったかい?

会話で、3秒あけたら、ビンタだよ!

私:1、2、ええとですね、・・・。

小学生の時に母からこう教わった私は、女性に愚痴を言うことは滅多にありません。

相手に聞かれて、仕方なく言う時もありますが、言ってる自分も楽しくないので話しません。

会話はお互いの時間を使って、気づきあったり、共感し合う大事な時間だと思っているからです。

ただ、母の教えの中で、「反論するんじゃない!」は守れませんでした。

学校に先生だろうが、大人だろうが、ヤクザだろうが、「筋が通っていない場合」は、私は反論します。

私が大事にする「筋」とは、人間が生きるために最も大事な物であり、神がやご先祖が守り続けているものだと思っています。

男で言えば、「苗字・家長・家督」のことです。

いくら法律で「男女平等」になっても、結婚して誰の苗字を名乗っているのか、私は常に女性に問います。

さらに、子供が生まれた母親は、自分の思いよりも「苗字を守る責任」があるので、そのことを厳しく教えます。

息子なら、命を繋ぐ「命種」の責任があり、お金を稼いで子供たちを守らなければいけません。

娘なら、嫁に行く時に、嫁を出す家の苗字の責任がありますし、お墓を守るためにも、男の苗字の意味がわかっていない嫁を、ご先祖たちは許しません。

離婚や結婚を繰り返したり、男の子の苗字を勝手に、旧姓に戻した場合、ほとんどの男の子は、メンタルが潰れてしまいます。

それは、結婚した時の苗字の一族の男種を奪ったことになるからです。

そういうことを知らずに、子供を産み育てている人たちの価値観は、「お金と自分の思い」だけですので、とても非常識な人間として扱われますし、ご先祖はそのことを問います。

この世の中で最も大事なのは、男の苗字を頂いて子供を授かることなのです。

自分の口でこのことを教えられるお母さんたちが、増えることを願ってお伝えしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました