「魂の封印」を完全に解き放つ!!

人類に残された時間〜10月1日「速開都比売(はやあきつひめ)様の大祓祈り」

【動画】ハヤアキツヒメ神言葉
人類に残された時間〜10月1日「速開都比売(はやあきつひめ)様の大祓祈り」天無神人(アマミカムイ)
<地球の存続を託された人類へのメッセージ>毎月1日11:11に、神々と繋がる祈りをおこなっております。この時間に降ろされたメッセージは、神が今、あなたに伝えたいメッセージです。この動画で、言霊の響きと、その意味をどうぞ、あなたの心で感じてみてください。この繋がりとご縁に感謝し、神の心が、多くの方に届くことを願って...

 

2002年10月1日ハヤアキツヒメの祈り言葉

神の思いを患いて、神の思いをのたまいて、受け入れ給いて考え給いて。
わが身御給えて、この国の光と成すべき魂となりし事、それ、それぞれの魂の役目なり。

わが身御給いて、国のために身を尽くすものとなるのか、自我を持ちて、生き延びるために右往左往するのかは皆、それぞれの心根次第でございまする。

神の世、人の心、そして移りゆくこの世の流れ、全てが、あなたたちの心次第でございまする。

この地球をどうするのか、この星をどうするのか、人として、人類として、どう生きるべきかは、皆々様はもうご存知のはず。
ただし、まだそのことに気づかぬ赤子のような者たちは、身を守る術を知らず、人のつながりの大切さを知らず、神、先祖の思いに感謝もせず、我が者顔にこの世を生きることを続ける、その期限があることさえ知りません。

私たちはこの男を通して、20年以上前から、この地球の期限をお伝えしております。

人類が地球を破壊し続ければ、地球自体の生命維持装置が破壊されるからこそ、地球存続と人類存続の天秤をかけたとき、当然ながら答えは一つ。
地球存続を第一に考えるのは、この星を守る全ての存在たちの意志決定でございます。

ただし、人類がそれまでにどこまで進化をするのか、どこまでこの地球を復元するのか修復するのか、互いの思いを超えて支えあう、つながり合う、新しき喜びと希望を発信し合うその人たちが、いつ始動するのかを、私たちは待っておりまする。

これから先に起きることは、人類を問うだけの話ではなく、地球上の生命体をすべて問うかのごとくの出来事さえ、起きることになりまする。
そうなれば、今皆様たちが大切にしてる価値観、資産、財産、子に残し伝えたいと思う文化・教養・知恵でさえも、すべてが失われてしまうことでしょう。

そう、地球自体のリセットというボタンもありまする。

この地球という星がなぜできたのか、いつできたのか、どう進化してきたのかは、この男が全てを知っておりまするが、いくらそれを伝えても、我が者顔にこの星は、我々が支配すると思っている者たちの考えが変わることはなく、その結果、選択権すらない庶民には、生きることを苦しむことさえできぬほど、一瞬で人類淘汰がいるかもしれません。

しかしながら、まだ約束の期限には、1年少々ございまする。

物質的な進化を望むには時間が足りないでしょうが、意識的な進化覚醒、そして過去のカルマや、現在の価値観を超える概念に進化できれば、一瞬にして、今まで必要だと思ったものが不要になり、今まで無駄だと思ったものに価値が生まれることに気づくでしょう。

そして、新たなる、希望になる創造力を使えば、無限なる人類の創造は、可能でありまする。
だからこそ、人間にだけは創造力を与えたはずでございまする。

この創造力は、皆々様が自分勝手に生きるためではなく、子供がおもちゃの工作や絵を描くのとは違い、この地球をどうするのか、この人類をどうするのか、100年200年300年と続く生命循環・自然循環・星星との通信循環をどうするのかまでも、テーマが決まっているのに、まだ誰もそのことに気づいておりません。

まだ、まだ、過去を正しいと思っておりまするね。
皆様が信じている過去とは、人間が人間を支配した段階の過去でございましょう。

この地上に人間という種族を進化させた理由も知らず、たかが人間がこの星を支配するなど、全ての存在たちが許す訳はございません。
神の声が聞こえ、仏の声が聞こえ、あらゆる存在達と通信通話できるもの達は、もうとっくにその言葉が聞こえているはずです。

この星には期限がありまする。
そして、人類にも期限がありまする。

命と同様、始まりがあれば終わりはあるのです。
そして、どう終わらせるのか、どうそれまで生き延びるのかは、皆様次第でございまする。

夢と希望がないと、泣き喚く女子供たちと、自信をなくし、鬱になり、家にひきこもる赤子のような男たち。
皆誰かに守られているはずなのに、その人に、またそのご先祖に、またその神達に、手心合わす感謝の心もなく、永遠に自らの事ばかり考えるならば、あなたがいる場所は、この星にはありません。

死が悪いわけではありません。
死は始まりなのです。

あなたたちがこの星に生まれる前居た場所に戻るだけの話でございまする。
なのになぜ、生きる生にこだわるのですか。
尊い死を学ばず、尊い生にできない時間を過ごしているのは、あなたたちの問題です。
そう、この地球上の種族の中で、死を尊く思っていないのは、人間だけでございましょう。

動物の世界にも、植物の世界にも、死は永遠にあるからこそ、共に集合意識でつながり、死を送る。
また、送られる魂の繋がりを、永遠に受け入れ守りつないでいるからこそ、この地球上に自然界循環と、同じ種族の循環が続くのでございます。

海の中や、地球の大地の中や、空を飛ぶ鳥達の中にも、この循環はありまするし、
そのたった一部の地上での、人類の種族循環において、未だに自分たちが支配者と勘違いしているならば、支配者としての責任を取らねばなりません。

支配者は、どこでその力を得ているのか、何をもって繋がりを持っているのかが分かれば、簡単でございまする。
そう、あなたたちは、あなたたち人間は、自分から全てを生み出していない分だけ、創造主による、そしてこの星の、地球の核の核巫女から見れば、一つの動物でしかありません。

バイキンのようにこの地球の循環を壊し、水を汚し、海を汚し、生態系を変化し、その全てを破壊し続ける人間を、なぜ止めようとしないのですか。
まだあなたは見て見ぬふりをするのですか。
あなたの親も、あなたの先祖もそうしてきたように、子や孫たちがそうするのならば、その未来はないと思ってくださいませ。

あなたたち私の意識が変わらない分、人類存続の時間は、刻々と短くなっておりまする。

それが、ゼロにならぬ前に、自らの意識の覚醒とともに、真実を知り、真実を受け止めて喜びにする、心まで進化せぬならば、あなたも、あなたの大切な人たちも、ただただ、死を受け入れるしかなくなりまする。

なのにまだ、自分の世界にとどまっているのですか。
そのあなたが、何をしようとしているのですか。

あなたたちの心の中の思いは、全てこちらに聞こえておりまする。
一人で思ったことも、過去に思ったことも、全てがこちらに記録されておりまする。
だからこそ、人類がこの後、どれくらいのスピードで進化するかは、もうおおよその予測はされておりまする。

ただし残された1年間の間で、人類がもし方向を変える可能性が出るほど、意識が進化するならば、いくら現実が壊れても、いくら多くの民が亡くなっても、大災害が起きても、山々が噴火しても、希望を出す人たちは増えるはずでございまする。

その希望が人間のためだけではなく、自然界循環の淘汰に影響を与えるような、希望と喜びを出す人が増えなければいけないのでございまする。

誰もがそれを望んでおりまする。
他の動物も鳥類も、あらゆる種族がそれを待っておりまする。

愚かな赤子のような人類が、自ら気付き、今までの生き方を詫び、変え、新らしき希望を出さぬならば、あなたたち人間という種族は、絶滅危惧種となるのでしょう。
そのことさえ、歴史に記録されるぬほど、大きな淘汰が起きると思ってくださいませ。

私たちは昔から、世界のあらゆる進化系の意識の方達に、このメッセージを伝えてきておりまする。

6000年前に日本にやってきた大巫女たちも、この思いをわかる民族を、この小さな国日本に、世界の希望となる民族を生み出すために、3度やってきております。
そのたびに、多くの巫女たちが殺されました。
それは悲しみでもあり、また反対に、命を繋ぐ役目にもなっておりまする。

男たちは常に支配を考え、争いを始めまする。
永遠に終わることがない戦いを、いつまで続けるのかを、女性たちはいつも見守っておりまするが、女性たちが守るべきものは、食べ物と、新しき命のみで、ございまする。

男たちがすべて戦って殺しあっても、若き希望ある、たくましき若者の精子さえあれば、いくらでも子は産め、新しき人類は増やせまする。
その担当をどこの民族がするのか、どこの国の民がするのか、それは、もうほとんど決まっておりまする。

だからこそ、日本にまで6000年前からやってきたというのも、歴史上から全てその存在は消され、全て男たちの支配の歴史は書き換えられ、勝者の理屈という意味で、全ての価値観、文化さえ壊す行為を、いまだに止めぬその種族を、許すわけはございません。

これから多くの人が亡くなります。
何が起きるかは、それぞれの地域において、必要なことが起きると言っておきましょう。

水を汚した種族は、水によって命を奪われるかもしれません。
海を汚した種族は、海から命を奪われるかもしれません。
大地を汚した種族は、大地から命を奪われるかもしれません。
それが自然の摂理でございまする。

助けてくれと言う前に、なぜ自分から新しき行動をしなかったのかを、素直に子供に詫びて伝えなさい。
あなた達に残された時間はもうそれくらいでしょう。

あとはただ、意識進化し、人類を導けるだけの高き志と、そしてそのビジョン、そしてそのエネルギーを生み出せる者たちだけが、必要性として残されることでしょう。

今までの時代にも何度か、人類が絶滅しようか、もしくは、一部を残そうかの判断をされた結果、今回をもって、地球に人類を残すことを止める決定は、なされておりまする。

もし、その結論を変えたければ、変えれる程の、行動と意識を生み出し、そして世界の人類の方向を変えさせ、ただ戦いに明け暮れる男たちの目を覚まし、希望を皆が生み出さねば、この星に人類は存在できません。
それが決まりなのです。

あなたたちが、勝手に作ったその決まりと同じように、この決まりは変えられません。
だからどうか、自分事に捉えて、自分でどうするのかを決めて、行動してくださいませ。

元々命には限りがあります。
だからこそ、生きている時間の意味と価値を、子々孫々伝えられるような生き方考え方、そして行動をもって、我々にお示しくださいませ。

そのことをお伝えできるこの時間を、心から感謝しておりまする。

 

第2回 次回は10/23! 是非、受講下さい!

人類の存続を賭けて天無神人が全てを話切ります!!
【女性の目覚め<最終章> 「宇宙タントラセミナー」】全5回

当日受講できない方も、後で録画動画を視聴できます。ご希望の方は、事前にお申し込み下さい。

▼お申し込みはこちらからお願いします(各回毎の料金になります)

一般価格 ¥33,000
地球創生SNS会員 ¥11,000

▶︎地球創生SNS会員への申込みはこちらです。

講座の詳細はこちらをご覧下さい。

 

<天無神人ブログ[定期購読]メルマガ>
毎朝7:00に天無神人のメッセージが、あなたのお手元に届きます。

定期購読 登録料¥330
(ご登録頂いた方には100ポイントをプレゼント!)
▶︎ご登録はこちらからお願いします


未来を一緒に創造できる仲間達を募集しています!

地球創生SNSにあなたも是非ご参加下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました