1. HOME
  2. 天無神人ブログ
  3. ◉第4章 会社員と労働組合と官僚
  4. 富士山の裾野の演習中の自衛官に特別任務を指示!

富士山の裾野の演習中の自衛官に特別任務を指示!

2023年、TBSの日曜劇場で▶️「VIVANT(ヴィヴァン)」というテレビドラマが放送されました。

こんな「特別チーム」が日本にあるとは思っていない日本国民は、ただのテレビドラマだと思って観ているでしょうが、世界のどの国も表に出さない「特別なチーム」をたくさん抱えて自国を守っているからこそ、30年前に、ロシアから帰ってきたあと、当時の私の仲間たちに全ての指示を出しました。

・・・・・・・・・

まず、日本が戦争に巻き込まれるような本当に危ない状況になっても、日本国民は最後まで「平和ボケ」しているので準備も覚悟もできないと思うからこそ、お茶の間のテレビを通して、日本の将来のことや、子供達の将来のことを考えるために、マスコミを使ってテレビか映画で「事実を公表しなさい」と私の仲間に伝えてありました。

映画制作には時間がかかるし費用が多額だから、30年前からテレビ番組の制作準備を始めて、

「日本国内で国防に関わる重要な事件が連続して3回起きた場合、製作した番組をテレビで公開しなさい」、と伝えてありました。

 

なぜ、2023年7月にこういう番組がテレビで始まったのかは、昨年からの日本国内の事件を考えればわかるはずです。

 

2022年7月8日 安倍晋三首相 暗殺

首相を守る役目の「SP」は、必ず、四方30cm以内に居て、体をつけていることが条件なのに、この時は、1メートル以上離れていたのは、「SP内部に裏切り者」がいた証拠。

 

▶️2023年1月10日 護衛艦いなづま座礁事故

通常、護衛艦のエンジンは左右2つあり、非常用のエンジンもあるのに、3つ全てが同時に止まるのはありえないので「海上自衛官内部の犯行」と考えられる。

 

▶️2023年4月6日 宮古島沖陸自ヘリ航空事故

「陸上自衛隊のヘリ」が低空で現場の様子を見るために、幹部が乗っていることを事前に知らせた人間が、通信関係か海上自衛隊の中に「裏切り者」がにいることが判明。

・・・・・・・

30年前に、必ず、日本を裏切る行為をする人間が動くと思ったので、その時は、日本の国防に関して重要な攻撃が「3回続いたら全ての真実をマスコミを使って公開しなさい」と、仲間たちに指示を出しておきました。

 

なぜ、3回まで待つのかというと、平和ボケした人間は、1回だけなら「偶然だ」と言い張りますし、重要な問題を違う問題にすり替える嘘つき上手な政治家たちがたくさんいるからこその判断でした。

 

現実を見ればわかると思いますが、「一国の首相」が殺されたのに、NHKでさえも全てのマスコミは「自国を守るための主張と、世界に犯人探しの協力依頼を発信していない」うえに、洗脳されて首相を暗殺した若者の扱いだけをテレビとネットで流して、日本が外国から攻撃に合っていることを避ける情報しか流していません。

 

もし、これがアメリカで起きたらどうなると思いますか?

すぐに、CIAが世界の諜報機関と連絡を取り合い、怪しいと思った人物はすぐにアメリカ本国に送られて、徹底的に処罰されますし、この場にいた全ての人間の家族親族の思想や犯罪歴を調べて、身柄は拘束されて徹底的に調べられ、絶対に、どこの国の命令なのかを調べ上げるのは当然ですよね?

 

なのに、なぜ、日本の首相が殺されて、1年も経っているのに、日本は、この場にいた関係者の調査報告がニュースに出ないのでしょうか?

マスコミは、お金さえ払えば、出す予定のテレビやラジオやネットニュースをすぐに書き換えますし、政治家はお金さえ渡せば、いくらでも「嘘の証言」をするのは、昔から何も変わっていません。

30年前に、そんな金に目がくらむ政治家や関係者たちと真剣に話して全ての実態を知り尽くしたので、あらゆる「自国防衛の対策」を練り、信頼がおける仲間たちを総動員して、私がいなくても自動的に計画が進められるように練り上げていました。

・・・・・・・・・

30年前、私は一度、現在のキャリア官僚と同じ「外務省の上級国家公務員」に任命されましたが、そのあとさらに、世界の多くの国々と国交を復活する働きをしたので、当時の細川総理大臣が「外務省上級国家公務員」の登録を抹消して、「防衛省の特別上級国家公務員」として再登録することを細川護煕首相から伝えられました。

細川 護煕首相

その理由は、私ほど日本と世界の国交条約を多く結んだ日本人がいなかったことと、アメリカ、中国、ロシア、イギリス、フランス、ドイツ、インド、イタリア、アジア諸国などの国王たちと個人的に繋がりが深かったからです。

特に、岸信介首相が作った「環太平洋 大東亜連合」の国々を回って、日本と一緒に外敵を守るために、武器や食糧、通信衛星などの多くの機材と技術を無償でプレゼントしたので、私個人が「日本を代表する大東亜連合のトップ」と認められていたからです。

 

岸信介首相・・・・・・

 

「特別上級国家公務員」という表向きの役職は存在しませんし、今年、総務省に電話で問い合わせても「そんな職位はありません」と答えられました。

この役職を与えられる人間は、日本と世界の国防と平和のために働く国際諜報員として世界を飛び回る人たちの役職ですが、「第二次大戦の時、以来、久しぶりだ」と、当時の細川護煕首相は教えてくれました。

羽田孜副総理外務大臣

隣にいた羽田孜副総理外務大臣は、

「私は外務省の人間ですので、あなたのご活躍は全て聞いております。ですので、あなただけの特別な職位を私から進呈させて下さい。

あなたのように、世界の国々と対等な交渉をして多くの国と安全保障条約を結んだ人間は、他にはいません。

外務省管轄の「上級国家公務員」の職位を外して、防衛省所属の「特別統合幕僚長」という表には出ない職位をあなたに進呈しますので、このバッチを受け取って下さい。

でも、私は外務省の人間なので、あなたのことは「裏」で「特別上級国家公務員」として登録しておきますし、これは首相だけの引き継ぎ事項入れておきますので、何代先の首相もあなたのことを知ることになります。

ですので、外務省の「上級国家公務員」としての給与と、防衛省の「特別統合幕僚長」の二つの給与が発生しますので、どこへ振り込みましょうか?口座番号を教えて下さい。

 

えーと、うちの嫁は、ダイエーの給与以外にお金が振り込まれると「悪いことをして稼いだお金」だと思うので、私から請求するまで貯めておいて下さい。

 

やはり、吉岡さんのお家の奥さんも怖い人なんですね。

うちの嫁も、とても怖いです。

外で、どんないい仕事をしても、彼女たちは関係ないみたいで、私の嫁は給与袋だけを持っていき、小遣いだけを私にくれます。

男は、辛い生き物ですよね(^^)

 

今、お渡しした二つの職位は、「各省庁の長官以上の権限」がある人間だし、どの省庁の長官でもこの職位にはなれないうえに、退職も有効期限もない職位なので、「一生、どこに住んでいても何をしていても日本国の国防のために働いて下さい。緊急事態になる前に、こちらから連絡します。」と細川首相が教えてくれました。

 

そして、あなたの身分はこれから、日本国内でも世界のどこにいても、人を殺しても何をしても、どの国の法律にも触れないし、誰もその事実は認めない「トップシークレットの人間」になったので、どうぞ、国防を裏からお守り下さい。

ジェームス・ボンド

それはつまり、「ジェームス・ボンド」みたいなものですか?

 

まあ、あれはイギリスの映画ですが、過去に日本にもそういう人間は複数人いましたので、自分で全てを判断して動けますし、事件や問題を起こして警察に捕まっても罪は全て消えますし、あなたが今までもこれからも人を殺した記録は一切、残りません。

それと、あなたのように一人で考えて行動できる人をコントロールできる人間は誰もいませんので、今まで通り、お一人で、国防のために、どうぞ、ご判断して日本国をお守り下さい。

それと、あなたの意思を継ぐ政治家は、いずれ首相になる安倍晋太郎さんの息子の「安倍晋三さん」ですので、お会いして下さいと、実際に、この時にお会いして話をして握手をしました。

内閣総理大臣(第90・96・97・98代)

 

それと、あなたの小学校から大学までの経歴を全て調べましたが、とんでもない「国防一家の男」なんですね。

それは、「吉岡一門」の人たちは、すべてそうなんですか?

いいえ、ほとんどの吉岡の人間は普通の人ですが、「吉岡一門の頭領」になった人間だけは、2000年以上、天皇家を支えてきた責任があるので子供の頃から日本刀を振り回して悪人を成敗するのが仕事でした。

 

私も8歳で、父に勝ったので「頭領」になり、12歳の元服の時に、正式に、全国の吉岡一門に通達文が回って、全国の「吉岡一門の統領」になりました。

でも、その重責が嫌で、普通のスーパーのダイエーの店員になったのですが、結果的に、こうして国を守るための戦うことになってしまっています。

ありがたい責務ですが、私を国がどう扱っても、私は自分の力でここまで生きてきたし、信頼していた仲間にも裏切られたので、これからの先のことが心配です。

 

あ!あの外務省や財務省をチョロチョロしている若造のことですね。

僕らも彼のことを調べていますが、お金をもらっている人間は真実を言わないので困っているんです。

もし、あなたの方で分かったことがあれば、すぐに連絡下さい。

私に出来ることがあれば、すぐにやりますよ。

 

それでは、あとから、私の信頼がおける仲間からあとで「証拠書類」をお届けします。

きっと、これからもっと悪いことをすると思うので、彼の仲間を根絶やしにして、悪い政治家たちも一気に、火の気部隊に出して、国際犯罪人として処刑しましょう。

 

それと、ちょっと頭を下げて下さい。

 

生意気だと怒られるのかと思っていると、頭に何かを当てて、バシッと電子銃の音がしました。

 

これで、あなたがどこにいても追跡できますので、「別班」があなたの安全を守ります。

 

もしかして、これは、私が「財務省官僚の鈴木◯康」の頭に打ち込んだ発信器ですか?

はい、そうです。

あなたの「国防特許」は、全てこちらで管理していますので、私と首相以外は、知ることも見ることもできません。

しかし、すごい特許の数ですね。

これだけあれば、国のひとつや二つは、簡単に買えますよ。

すごい頭脳だなあ、僕もわけてもらいたいなあ。

 

まあ、政治家ですから口は上手いとしても、半分だけ信じておき、「ある情報」を調べるようにお願いしました、

「皇族の中にも日本を裏切っている人間がいる」という確信をつく調査を依頼しました。

・・・・・・・

さあ、みなさん、これが、現実です!

つまり、20年前に「財務省官僚の鈴木◯康」にまた騙されて、旭川市で「記憶を消す薬」を飲まされて、今、全てを思い出している意味は、これからまた、「裏」で国防のために働くことになるのかと思って覚悟しています。

自分を守るための最高の方法は、今まで隠していることを全て「表」、つまり、ネットで流すことが、今の時代は最高に安全な方法なので、全ての真実をここに公開しています。

皆さんがテレビやマスコミの情報を信じているのは、「全て嘘の作り物」ですし、その嘘で商売している人間がたくさんいるからこそ、こうして真実をお伝えしているのです。

 

いずれ、必要な時は「特別チーム 別班」から私に連絡が来ると思いますが、国民の皆さんは自分で自分の家族を守る行動を始めて下さい。

確実に、もう、「第三次世界大戦」を起こそうとしている人間たちが動いていると思って、今までの価値観を変えて生きて下さい。

・・・・・・・・・・・

防衛省の「国防対応」に関しては、表には絶対に出ない特別な方法で、国防上の新しい武器の配備と資金調達をしたので、もし、世界のどの国が攻めたとしても、自動的に対処できる軍備施設 及び、レーダー探知装置と、自動攻撃システムを開発して、日本中の「隠れ軍事施設」に配備しています。

 

世界のどこの国でも、もし、日本に向けて「ICBM長距離弾道弾」のスイッチを入れた途端、自国の全てのICBM爆弾と、核弾頭を積んでいる潜水艦や船が同時に自爆する設定にしてあるので、日本に向けた攻撃は絶対にできないようにしてあります。

ICBM長距離爆弾

 

問題は、現在も「財務省にいる裏切り者の「財務省官僚の鈴木◯康」を始め、彼からお金をもらって日本国を裏切っている政治家や官僚たちや企業の社長たちが多くいたので、日本国内を自由に活動できて、どの法律にも管理されない「特別な組織」を作りましたので、当時の統合幕僚長と一緒に富士山の裾野にある軍事訓練施設に行き、私が人選した自衛隊員と話したことがあります。

※「日本版のCIA工作員 VIVANT(別班)」のことです。

 

当時の調査では、海上自衛隊員の6割以上が、中国共産主義に傾いた思想だったので、「陸上自衛隊と航空自衛隊」から特別に選ばれた人たちだけを集めて、私は挨拶をして欲しいと統合幕僚長に言われたので、こう伝えました。

・・・・・・・

(統合幕僚長より)

おい!「吉岡特別統合幕僚長」が、いらしたぞ!

耳をかっぽじって、よく聞けよ!!

・・・・・・・・・

<吉岡特別統合幕僚長の挨拶>

君たちは、これから「特別な任務」に着くことを覚悟して欲しい。

しかし、この仕事は家族にも、友達にも誰にも話してはいけない任務だから、覚悟してこれから話すことをしっかり聞いてほしい。

 

今現在、日本国を裏切っている「官僚」が、実際にいる。

彼は私の仲間だと思って海外交渉を私がサポートしたが、彼の行動におかしな点があったので、彼以外の全ての省庁のキャリア官僚と課長たち全員で、日本国を守るための裏切り行為の証拠をアメリカと日本と全ての国の証拠書類を集めた。

しかし、彼の家族、及び 彼の一族は、大東亜戦争が始まる前からアメリカと契約していた「ジョン万次郎の一族」であり、今も「日米安保条約の裏書」を書き換え続けて、日本人が不利益になる活動を続けている人間だ。

 

さらに、彼はアメリカだけでなく、中国とも手を組み、「韓国人のスパイ」を使って日本とアメリカと中国の情報を裏でさばき、多額の金儲けをしながら、「第三次世界大戦」を目論んでいる一族の人間なのだ。

 

その対策と、日本国の安全を守るために優秀な君たちを、私が選抜した。

今までの所属は「防衛省」だが、これからは国の特別防衛部隊として、「警察の管理下」に入ることになる。

 

定期的な訓練は、今までどおり自衛隊の訓練施設を使って訓練するが、これからはさらに厳しい訓練になることを覚悟してほしい。

 

ある意味、君たちは仲間の自衛隊や警察官や政治家や友達を裏切ることが仕事になると思ってくれ。

 

なぜなら、今現在、海上自衛隊の6割の自衛隊員が中国共産主義に影響されて、スパイ活動を行っている。

 

だから、君たちは陸上自衛官と、航空自衛官から選抜された特別に有能な人間ばかりである。

 

これから覚えることは、外国語は5ケ国語以上、それと、全ての銃器や爆発物を完全に一人で扱えるようにマスターし、どこにいても迷わず、日本国を裏切っている人間を抹殺することが、君たちの任務である。

 

なぜ、防衛省所属から「警察」に所属を変えるかというと、日本国内にいる多くのスパイを殺すことが任務であり、国内問題に拳銃で撃つ許可がある「警察官」として登録し、同時に、世界で裏切り行為をしている日本人を抹殺することが君たちの任務なので、君たちは「警察」に所属しながら、「特別国家公務員」として、自衛隊と警察のダブルの給与が支払われるよう私が交渉した。

 

君たちの存在自体が「国家機密」であり、ダブルで払われ給与も秘密だからこそ、自分の友人や自衛隊の仲間たちには絶対に真実を話すことを禁じる。

 

もし、この危険な任務に恐れをなす者がいるなら、ここで訓練をやめて、普通の自衛官に戻りなさい。

今なら、まだ、間に合うぞ!

・・・・・・・・

俺がもし死んでも、家族には、一生、俺の給与は支払われるんですか?

俺はまだ結婚して子供も小さいのですが、そんな俺が死んだら、嫁と子供はどうなるんですか?

・・・・・・・

大丈夫だ!

女は、男がいなくても、金さえ渡せば大丈夫な生き物だ!

それに子供だって、親が変わる人たちはたくさんいる!

お前たちが死んだら、通常は「二階級特進」だが、俺が「四階級特進」にしてやるから、安心して死にたまえ!

嫁と子供の面倒は、俺が見る!!

・・・・・・・・

それが、一番、ヤバいことになりそうですが、まあ、自分が死んだあとなので、お任せします!

・・・・・・・

ここに残るものは、「自衛隊の登録記録は全て削除する」ので、家族がある人は、家族に「配属が変わったが給与は上がる」とだけ伝えなさい。

 

私はもう二度と、君たちの前に私は顔を出さないが、これからの作戦の指示は、全て「〇〇〇〇〇」」にやってもらう。

 

これは国家機密だが、本当に、日本を戦争に巻き込む活動をしている人間が国の官僚の中にもたくさんいるので、作戦司令が出たら各自バラバラに自分の任務を遂行して目的を成し遂げなさい。

任務の途中経過は「〇〇〇〇〇」とだけ確認しあい、それ以外の人を一切、信じてはいけないぞ。

 

仲間でさえも、裏切る人間はいると思って、行動しなさい!

 

特に、韓国と日本人の夫婦に生まれた子供たちは「スパイ」として教育されているので、一見、普通の日本人に見えるが、確実に日本から情報を抜いて売っているので、対象となる人間の銀行口座と、振込先を全て調べて「〇〇〇〇〇」に報告しなさい。

これは、日銀 三重野康総裁の許可も得ているので、君たちは、どんな隠し口座でもお金の流れを調べられるので、裏切り者は自分の判断で処分しなさい。

 

なお、君たちが使える特別なパスワードは、警察と警視庁と防衛省を特別回線で繋いでいる回線なので、個人の犯罪記録や、危険思想人物の情報にも全てアクセスできるように私が設定したので、世界のどこにいても重要な情報はすぐに手に入るし、アメリカのCIAや世界の諜報機関の「国家重要機密事項」も知ることになる責任を感じて、情報の扱いには十分、気をつけて欲しい。

 

もし、誰かに捕まることがあれば、私が開発した副作用がない安全な「記憶を消す薬」を飲んで、知った記憶を全て消しなさい。

家族のことは、全てこちらで十分な対応をするので、安心するように!

 

精神的にも厳しい仕事になるので、ひとつの任務が終われば、休みを1週間、「有給」で与えることにする。

独身のものは早く結婚して子供を作り、日本の少子化対策に貢献しなさい。

出産祝い金は、1人につき100万円支払う用意がある。

2人目は、200万円、三人目は、300万円のお祝い金を家族に渡そう!

だから、日本の未来のために命をかけて、働きなさい。

 

君たちのような国防の特別チームは、表舞台には、「特殊部隊SAT(サット)」がいるので、「別班(べっぱん)」とする。

 

私は君たちのような有能な若者に出会えて嬉しい。

ぜひ、若い自衛隊員で、同じ覚悟がある人間がいたら、君たちと同じ試験を受けさせてこのチームを大きくしてほしい。

 

もし、「〇〇〇〇〇」の判断と君たちの判断でも、「国防の判断が遅い」と感じた時には、私はネット上に書くか、新聞の片隅に記事を出すか、動画で配信すると思うので、その時は一気に、裏切り者の「財務省官僚の鈴木◯康」を拉致して自白剤を飲ませて罪を告白させて抹殺しなさい。

彼はいつも洋服の内ポケットか、カバンの中に解毒剤を持っているので、先に解毒剤を処分してから自白させるように!

 

ちなみに、「財務省官僚の鈴木◯康」は、中国とアメリカの「永住資格」を持っているそうだが、もうそれは、こちらで手配しているので、もし、アメリカに永住する許可申請をした途端、「国防反逆罪」となってすぐにペンタゴンの一番地下で自白剤を飲まされ続けることになる契約をしている。

もし、中国本土に逃げたり、中国の植民地の国に永住許可を求めた段階で、政治と軍部をまとめられる鄧小平主席の娘さんに連絡が行くので、アメリカ以上に厳しい対応になることは確実である。

それ以外の国に逃げ隠れしても、私の仲間の国王や首相たちが次の代にきちんと「私との契約」を遂行するようにしているので、「財務省官僚の鈴木◯康」と、その仲間2名がどこ逃げても、必ず、見つけ出して財産を没収して始末します。

 

それと、「財務省官僚の鈴木◯康」の脳の中には、腕のいい脳外科医でも取り出せないほど小さいマイクロチップの発信機を埋め込んだので、世界のどこにいても居場所はこちらで特定できるようにしてあります。

この発信機の周波数も世界が使っていない私が開発した特別チャンネルなので、日本国内にいても世界にいても、どこでも居場所はわかるから、もし、日本から1週間以上、離れた時は、すぐに拉致して監禁し、自白させなさい。

 

君たちには、その権限が全て与えられている!

 

「財務省官僚の鈴木◯康」の行動はきっと、日本国内や世界を転々としながら、1週間に1度は、日本に戻らなければいけなくなるので、必ず、捕まえることはできます!

 

私の指示が出た途端、彼のプライベートジェット機は使えないようにしてあるので、変装をしても、整形手術をしてもわかるような「AI顔認識判読装置」も私が開発したので、すぐに見つかるはずだ!

 

「財務省官僚の鈴木◯康」は、日本人として、日本人が処罰するべき「日本の恥」の人間だし、その仲間のリストも全て把握しているので、君たちは、「私の命令文」を見つけたら、最優先で彼の身柄を拘束し、徹底的に、彼の罪を自白させて処罰しなさい。

 

第一次大戦と、第二次大戦で陸軍で戦って、右足を無くした「陸軍の岩渕安治の孫」として、私がこれからの日本の安全を陰から守るので、君たちは命をかけて日本を守るように!

では、私の話は以上とする。検討を祈る!

・・・・・・・・

というように、30年前に、私はこの特別チームにたった一度の挨拶をしただけですが、私が任命した「特別チーム」は、今も陰ながら、日本国を守るために働いてくれています。

 

さあ、これから日本を裏切っている「財務省官僚の鈴木◯康」の仲間のあぶりだし」が始まるので、「財務省官僚の鈴木◯康」からお金をもらっている人間は、1日も早く、自分から名乗り出て、鈴木◯康を裏切る行動を自分でネットに流すか、罪を公に公開して下さい。

あとで、「裏切り行為」が見つかった場合は、あなたの家族全ての資産も隠し預金も没収し、「国家反逆罪」として、死ぬまで刑務所暮らしをして頂きます。

以上

 

アーカイブ

Translate »