1. HOME
  2. ブログ
  3. 1996年〜マーゴ・VIP〜2014年
  4. アジアのレズホモ商品が集まったディスコパーティー

アジアのレズホモ商品が集まったディスコパーティー

1996年から世界の「人身売買」を仕切っている「マーゴおばちゃん」に質問したことがあります。

 

吉岡)日本を含めたアジアにマーゴおばちゃんの「商品」は、何人くらいいるの?

 

マーゴ)じゃあ、面白いところに連れて行ってあげるわ。

 

・・・・

 

そう言うとプライベートジェット機に乗せられて、どこの国かわからないまま着いた途端に「黒いコート」を着せられて、ドクロみたいなお面をつけられて、手の指の甲に「模様」を書かれて、背中にバッテリーを背負わされてから「車に向かって歩いて!」と言われました。

 

「ハンドルは自分でつけて!」と言われ渡されたハンドルを差し込むと固定されたので「F1みたいな車」だと思いましたが、普通のBMWのエンジンだったのでたいしたことはない車でした。(BMWマーゴ特別改造車)

 

・・・・・・

 

いつも通りに、街中を飛ばして白煙を巻き上げる撮影が終わると、「面白いところへ行くわよ!」と、秘密クラブのような場所へ連れて行かれ、「背が高い大きな女」が近づいてきました。

・・・・・

・・・・・

遠くから見えると最初はいい女に見えましたが、よく見ると、首は太いし、手はでかいし、眉毛がとても濃いので、「これは男が整形した女だ!」とわかりましたが、整形の技術が凄すぎて、商品としてはとても人気だそうです。

マスクを外すと太いヒゲもありましたが、それも人気だそうで、マニアの好みがわかりません。

 

週に1度開催されている「レズ、ホモ、ゲイ、バイセクシャルの集まり」も、全て「マーゴおばちゃんの商品」なので、本人の意思とは関係なく好き勝手に男にしたり女にして売っているそうですが、毎年、このタイプの売り上げが伸びているからこそ、フィリピン、マレーシア、タイ、シンガポールには、ホモもレズもゲイも多いので、よくアジアに行く人はご注意下さい。

 

動画の最後に、私がダンスを教えた女の子が踊っていますので、可愛いですよ!

 

▶️https://music.youtube.com/watch?v=dkp1BoCvWLg&si=7sUfXVfSt8SFjDAS

 

 

・・・・・

 

「タイには男だけの特別な島」があるとマーゴおばちゃんが言うので、連れて行ってもらいましたが、「私は入れないので一人で行ってきて!」と言うので、一人で行って写真家のトム・ビアンキ(Tom Bianchi)に質問してみましたが、私はゲイではないのですぐ島を出ましたが、「女だけのレズの島もあるのよ」とマーゴおばちゃんが言うので私も女装して偵察してきました。

・・・・・・

 

ゲイとは?ホモやバイ・トランスジェンダーとの違いとLGBTとの関係を解説, https://spaceshipearth.jp/gay-transgender/

▶️“ゲイの楽園”、ファイアー・アイランド。70年代ゲイが許された夏の島、ポラロイドに写した灼けた裸体と愛

トム・ビアンキ(ホモの島 代表)

 

・・・・

もう見ているだけで、「性の概念の良し悪しが壊れる世界」なので、何が正常なのかわからなくなりますが、私は基本的に子供を産めない人同士のセックスはただの趣味として法律で人権を守れという人たちが嫌いです。

 

東京の渋谷区が最初に「夫婦別姓」を認めたので、これから若い世代でネットしか見ない人たちは異性の肌の触れ合いよりもネットの中で満足していますし、「朝立ちもしないし、女に興味はない」と言い切る20代男性にもたくさん会いましたし、今後、さらに都会を中心に一気に日本に増えることを大人は覚悟して対応しなくてはいけません。

 

▶️渋谷区・世田谷区が同性愛カップルを認めた

・・・・

・・・・

・・・・・

セックスに対してのみ言えば、誰が誰としようがどうでもいいですが、「子供を残せない男女を夫婦」として認めた場合、どちらか人になった時、自動的に資産を子供に残せる「相続」と認められないので、たっぷり「贈与税」を払うことを覚悟しないといけません。

 

このことも戦後の「日本男子の弱体化100年計画」に書かれていた計画の一部ですので、「世界の人口問題」に対しては国連決議で日本以外の国は全て「人口削減対策に賛成」しているので、どうするかは「日本人一人一人の責任」となりますので覚悟して下さい。

 

・・・・・

 

自分が住んでいる街から出て他の街に移り住んだことがない人たちは、「世界の性に対する考え方を理解することはできない」と思いますし、私の親族(団塊世代ジュニアの孫)にも同じような子供がいるので、「男支配の考え方を人する女性たち」には最も考えてほしい問題です。

・・・・・

なぜ、創造主マスターは、「女だけの世界」に男を生まれさせるために「異常遺伝子」を誕生させたのか、その意味を正しく理解した教育をしていかないと、親子3代の性の価値観が違うだけで殺し合いになっている事件も起きています。

男の子を産んだお母さんたちは、父親と夫に対する不満を抱えたまま息子を育てるので、息子は母親の男に対する厳しい扱いをしている姿を見て育っているので、女性に興味を持てない男も多いし、結婚やセックスに対して異常な概念を抱えたまま大人になっている子供たちを見てきましたが、「他人には無関心」「自分のことだけ優先してOK」「お金さえあれば人生に問題なし」という母親の概念が、今の社会を作り出しています。

孫の顔が見たい親や祖父母たちは何もできないので祈るしかありません。

「あるべき性の考え方」や「セックスで相手を喜ばせる方法」をどこかで学ばないと、母親の性の概念だけでは子供達はおかしくなりますので、「タントラセミナー」で本来の性の考え方と、自分の体が若々しく喜びを感じる体にする方法と、セックスで相手を喜ばれる方法を教えましたので、どうぞ、あなたがまず勉強して下さい。

▶️宇宙タントラセミナー

・・・・・・

宇宙タントラセミナー

 

・・・・・

今もたくさんの若者たちが「不妊治療」していますが、急速に日本に子供が生まれない理由が、これで理解できましたか?

・・・・

不妊治療の数(2017年)

 

では、あなたはこの問題をどう解決するのでしょうか?

 

自分の子供やお友達にどう対応方法を教えてあげるのでしょうか?

 

・・・・・・

 

性に関する問題は、学校でも真剣に話し合う場はないし、陰湿な「LINEいじめ」や「ネットイジメ」も多いし、さらには学生同士の強姦や、ボーイスカウトガールスカウトの宿泊研修の強姦事件も増えている実態は、世界では知られていますが日本は全くその事件を報告しません。

 

鞭を持って構えている姿が、マーゴおばちゃんの「拉致」に似ているとは思いませんか?

 

 

「正しい情報を全て公開しない」のは日本政府はお得意ですし、「中国共産党よりの学校教育+アメリカに影響を受けた自由無責任教育」を親の世代が教えている結果ですので原因は全て親にあります。

・・・・・

・・・・・

ちなみに、2023年12月の東京の歌舞伎町情報ですが、今は「男用ソープ」よりも、「女用ソープ」が人気らしく、お金持ちの奥様たちがわざわざ「東京に買い物に行く」と言って男を買っている50代以上の女性が多いと、歌舞伎町で売上NO1のホストクラブの社長が教えてくれましたので、セックスレスのご主人たちもご覚悟下さい。

・・・・・・

・・・・・

私は世界でも有名な「女好きな男」ですし、黒人以外の女性には「必ず男の子が生まれています」ので、日本の未来と世界を考えた時にどうするかは、一人一人の問題ですので、18歳以上の日本の大人たちはもう「他人事」ではすみません。

幾つになっても、子供がいない人は、親の責任として判断しますので、世界の問題を自分の問題と捉えて、子供達に正しい考え方を教えて下さい。

・・・・

アーカイブ