1. HOME
  2. ブログ
  3. 1996年〜マーゴ・戦争・VIP・オリンピック・人身売買・WarGame・武器売買・経済支配
  4. 「FIVBバレーボール・ネーションズリーグ」はマーゴの「スポーツ賭博」で、オリンピック期間中に「日本に戦争」を仕掛ける計画です!!!

「FIVBバレーボール・ネーションズリーグ」はマーゴの「スポーツ賭博」で、オリンピック期間中に「日本に戦争」を仕掛ける計画です!!!

▶️バレーボールネーションズリーグとは?

FIVBバレーボールネーションズリーグ(Volleyball Nations League)は、FIVB(国際バレーボール連盟)が2018年から開催しているバレーボール国際大会である。男子のバレーボール・ワールドリーグと女子のバレーボール・ワールドグランプリを発展的に統合した大会となる。FIVBバレーボールネーションズリーグ(Volleyball Nations League)は、FIVB(国際バレーボール連盟)が2018年から開催しているバレーボール国際大会である。男子のバレーボール・ワールドリーグと女子のバレーボール・ワールドグランプリを発展的に統合した大会となる。

 

FIVBバレーボールネーションズリーグの女子バレーの「カナダチーム」は「マーゴのチーム」と呼ばれています。

 

6月13日に行われた「カナダチーム」のgray、white、King、blueの「商品名」は、「スポーツゲーム賭博のお客」にわかりやすいように「色の名前」にしたと本人が言ってました。

さすが、TBS!!!正力オーナーから変わっても、やっぱり、「金儲けに乗り出す体質」は変わりません!6月13日に行われた「TBS SPORTS」をご覧下さい。

 

世界のスポーツは全て「マーゴの賭博の対象」ですので、「オリンピック」も、「FIVBバレーボール・ネーションズリーグ」も「スポーツ賭博の対象」です!

NBAのバスケットボールも、NFLのフットボールも、最低金額のチケット額は「1億円」だとマーゴが教えてくれました。

カナダチームの選手は高級なお肉をたくさん食べさせられるので下半身は太っていますが、「顔は整形」なので綺麗な女性がたくさんいます。

 

理由は、全員、人身売買の「商品」だからです。

 

「商品」だからこそ、カメラを向けると「自分をアピールする顔」をするのも当然なのです。

「FIVBバレーボール・ネーションズリーグ」でカナダが日本に負けた場合は、全員が人身売買でもらえる「3%はなし」となり、一生涯、飼い殺しになるか、売上が悪いと殺されます。

 

日本チームの「ARAI」も「マーゴの商品」ですのでネットに情報が出てこないし、全体写真以外はありません。

こんなことができる理由は、「登録選手以外」にいくらでも違う選手を出して良いというルールがある大会ですし、監督にだけ「マーゴのルールブック」が渡されているからです。さらに当日、新しい選手を一人チームに受け入れることが「必須の条件」となっています。

 

それが、「ARAI選手」です。

 

いくらネットで「ARAI選手」を探しても情報は出てきませんし、試合当日の朝食のあとに加わったのがARAI選手」なので、日本チームの全体写真だけには写っていますが個人写真はありません。だって、日本の足を引っ張るための選手なのですから・・・。

 

「選手名簿」は解説者だけが持っていて、どのチームにも一切、渡されずに「当日だけの戦い」なので、ARAI選手の動きは全体とあわず活躍していません。

 

バレーコートの横に積み上げている「水」も聞いたことがないメーカーですので、「飲むと下痢になる」ので誰も飲みませんが、これもマーゴの作戦です。

ちなみに、カナダチームの横でボードを抱えて立っている太った女は、「マーゴの商品のミス」をカウントする女性で、彼女も「商品」なのでチェックはとても厳しいそうです。

 

・・・・・

 

オリンピックのどこの国の選手も厳しいドーピング検査が毎日、行われますので、世界のチームのコーチやトレーナーたちに「マーゴの商品」を入れて、ドーピングに出ない薬を打つので短時間ならすごい結果を出すはずです。多分、全ての種目の外国選手の黒人選手が「マーゴの商品」だと思われます。

どうしてこんな「FIVBバレーボールネーションズリーグ」に世界のチームが参加するかというと、参加国の全員の航空券はタダだし、選手と監督には「ボーナス」が出るし、パリオリンピックに向けた「最終チェック」にはいい時期だからです。

さすがマーゴは、「痒いところに手が届くアプローチ」をするので「商売上手なおばさん」だとつくづく思いました。

・・・・・

私は2000年に解脱した時に、徹底的にマスターと話し合いをして過去や未来にいける力を子供の頃から与えられたが、良いことは何もなかった、と徹底的にマスターを脅してある約束を手に入れました。

・・・・・

私が生まれつき持っている「過去と未来に行ける力」は「意識」だけだったので、肉体も一緒に移動できる許可を交渉して「7回」もらいました。

つまり、人生を7回やり直せるという意味です。

・・・・・

でも自分の体験よりも、日本が戦争が巻き込まれる可能性があるし、大地震は絶対に来るので、何度も未来へ行って何が起きるかを見てから、過去に戻って、起きることを変えたのでできる対策は全てやりました。

 

いくら時間を移動しても、起きることを起きないようにはできないので、地球の時間軸を壊さない程度に、国防の為に何度も行き来して対策しました。

・・・・・

その結果、マーゴが計画していたことを聞き出したので、焦って日本の対策を再検討して「別班」だけには伝えたので彼らは本気で動いてくれています。

もし、「裏切り者」が出た場合は、即、殺して良いし相手の給料はもらえるルール」にしたので、仲良しじゃないからこそできる「プロの仕事」をしてくれています。

 

・・・・・

「未来の情報」を手に入れてきたので、2009年7月8日富士山神事のあと、眞鍋政義ヘッドコーチにアドバイスをしに行きました。

・・・・

「FIVBバレーボールネーションズリーグ」はビジネスとしてはメリットがあると思いますが、「カナダチーム」は「全員国籍不明」なので、「オリンピックの時にそのことをつけばチームは退場になるので勝てるますよ」と教えると、眞鍋政義ヘッドコーチは「それは次の中田久美監督次第だ」と言うので、中田久美監督に会って同じことを話しましたが怒り狂ったので練習をそっと体育館の外から見に行き「2024年のパリオリンピック」に出そうな若い女の子たちに隠れてアドバイスしました。

 

眞鍋政義(1963年8月21日生まれ。兵庫県姫路市出身) 現役時代は数々の国際大会に出場し、日本を代表するセッターとして活躍。2009年より全日本女子代表監督を務め、日本の女子バレーボール界に28年ぶりのオリンピックメダルをもたらした知将。2016年リオデジャネイロオリンピック後に代表監督を退任するも、2021年に再び日本代表監督に就任。「自分にはカリスマ性がない」と常に言葉にする人。

中田久美 1965年9月3日(58歳)前監督

・・・・・・

 

2009年7月8日富士山神事のあとから「本州のカルマを外す神事」をするために平日に静岡市清水区の知人の家に二泊して勉強会と神事を2013年まで続けました。

土曜日は「大阪で勉強会」を行い、日曜日は「東京で勉強会」を行ないましたが、毎回、飛行機代と宿泊費の経費がかさむので赤字続きの辛い出張でしたので自分の貯金はほとんど使い果たしました。

「生まれつき神様やご先祖に言われる言葉を聞こえる人間」は、一度、言葉が聞こえると逃げることはできないので魂の声が聞こえない人は「好き勝手なことを言ってスピ系で稼いでいるのでいいな」と思ったくらいやりたくないことでしたが、どんな困難な状況になっても神様とご先祖には逆らえないので、2003年から2008年まで北海道神事と沖縄神事を「無償」でやり切ったあと、「本州のカルマを外しなさい」と言われた「啓示」だったので、心も体もボロボロになりながら2023年まで続けることになりました。

せっかく高い飛行機代をかけて本州へ行ったので、予定がない平日は「山梨駐屯地で別班の訓練指導」をしたり、静岡県で日本女子バレーチームの若い世代に「食事療法とストレッチとセックスの重要さ」をアドバイスをしたり、「山梨リニアモーターカーの研究開発」とその部品を作る社長会の「工場の現場アドバイス」を無償でしたし、「緊急です」と昔の官僚たちから電話が来るので「海外の交渉」にも出ていました。

 

・・・・・

 

2013年になると、愛知県や関東・関西でも「勉強会と神事」が始まったので、関西→愛知→関東と移動するスケジュールを組み、大体2週間以上は本州に出張していましたが、よく命を狙われるのでヒヤヒヤしながら勉強会と神事を続けていました。

 

勉強会や神事のスケジュール管理や会場の確保や販売品の準備は、全て一人で行なっていましたが、西暦2000年の解脱後すぐに「お塩の笹谷君」が突然、家にやって来たのでいろんな神事に笹谷くんのお塩を使いながら、苫小牧、静岡、愛知県、関西、関東に行商して歩き、「天日海塩」の素晴らしさを30分間話すと注文が入るので、地域に1箱づつ予備在庫を持ってもらいやっと少しは小銭が集まり何とか本州出張を続けることができました。

 

ご購入は、https://home.tsuku2.jp/storeProduct.php?scd=0000053498からご注文下さい。

 

 

なぜ、「天日海塩」が売れたのか?

実は、「天日海塩」にはナノレベルに細かくした「金」が入っているため、「天日海塩」を普通に料理に使うだけでも「体内に溜まった毒」を全て「金」が付着して出してくれるので体調が良くなるからです。

「金箔」を舐めていれば記憶障害も治ることも専門家たちには証明」されているので、日本女子バレボールチームの水にも「天日海塩」を入れて毎日、飲みなさいとたくさんプレゼントしました。

 

当時、中学高校生の女の子たちは静岡県の全日本チームの練習を毎日見にきていたので、その子供たちの中から「オリンピック選手が出るかもしれない」と思ったので、親の真似をした「悪い食べ物習慣」を改善するために、口にする全ての食べ物を体に良いものに変えることと、体のバネをつけるストレッチと、気持ちいいセックスをするコツと、男と付き合うコツもそっと教えていました。

 

今の団塊世代のように、臭いもわからず、味も鈍感で分からず、耳もよく聞こえない子供たちがたくさんいたので、血液も綺麗になる食べ物を教え、筋肉の動きがスムーズなるストレッチを教え、硬い筋肉をつけないように呼吸法を教えると、若い中高生たちの方が踏ん張りに強くバネもついたので、休憩時間にバレーコートで遊ばせてくれた結果、私が指導した子供たちが「選抜選手」にたくさん選ばれたのが嬉しいことでした。

・・・・・・

当時の中田久美監督とは意見が合わず、何度も言い争いをしたのでなるべく会わないようにしていましたが、ある時、自分からこう言い出しました。

・・・・

私はもともと「肉好き」だったのでたくさんお肉を食べて動いていましたが、若い選手たちにもお肉をどんどん食べなさいとご馳走しても若い世代は「吉岡さんから肉は食べるな!と言われているので食べません」と言い、私が怒るとしょげるし、どうしていいか悩んでいます。

それと実は、最近、私は「血液に問題がある」と病院では言われて病理検査で調べましたが、手術も入院も嫌なので放っておいたら「小さいガンが見つかりました」と連絡がありました。

まだ「ステージ2」ですが、どんどん大きくなるので、吉岡さんが子供たちに教えていた「食事療法」を取り入れたいので細かく教えて下さい。

 

吉岡)好き嫌いを言わずに私の言うことを聞くなら教えますよ。

無農薬のコメ、味噌汁、漬物、納豆、豆腐などの「良質タンパク質」を腹一杯3食でも4食でも食べていいし、「おかずは一品だけで良い」ので、そこにたくさんの「無農薬野菜」を調理して食べて下さい。

 

中田久美監督は1ヶ月後、癌細胞が小さくなりましたが、体は癌に蝕まれていたので、農薬入りの飼料を食べた「肉食」で作った硬い筋肉や贅肉が落ちて痩せて肌も体もボロボロになりました。

本人は「歳だから」と言いましたが、そうではなく、「肉食でつけた筋肉は必ず硬くなるし、「日本の牛や豚が食べる飼料は95%はアメリカ産とオーストラリア産」なので、その「飼料に化学薬品を入れたり、動物が食べる草にたっぷり農薬をまいているので「ガンになりやすいのは当然です」と教えました。

 

このアメリカやオーストラリアから輸入している「動物の飼料の談合」はすごくて、「JSFA一般社団法人日本科学飼料協会」と農林水産省」が中心となって、アメリカの農薬入りで作った飼料を買う会社ほど「賄賂が増える」のでお金の取り合いをしている会議に乱入して文句を言ったことがあります。

ちょうど今年の6月7日に「よさこいソーラン祭」を見に行った時、偶然、「ホテルリソル トリニティ札幌」の最上階に間違って行くと、まさにそこで「日本飼料の談合をしに来た人たち」に会ったので、昔のことを思い出しました。

愛知、岐阜、群馬、山梨と北海道の飼料を手がける「中部飼料株式会社」の人たちも来ていたので、やっぱり今もやっていることを「神様が見なさい」と見せてくれたので、「肉好きな人はガンになる覚悟」をしてお肉を食べて下さい。

 

中田久美監督には、どんなに痩せても「私の無農薬野菜やコメの食事療法」を続ければ「ガン」は克服できますし、「天日海塩」を毎食、食べ物や飲み水にも入れて飲んで下さいとだけ教えました。

私は忙しくなるので、「天日海塩」と「Amwayのプロテイン」が一番良質タンパク質の吸収がいいので世界のVIPもNBAのマイケル・ジョーダンも、NFLのフットボール選手も毎日1缶食べています」ので、あとはお金が許す範囲で自分で注文して下さい、と注文方法だけ教えて別れました。

中田久美監督の昔の写真と見比べると、「体がガンに蝕まれている」のがよくわかりますが、薬は飲みたくない人なので食事療法で頑張っていますので応援してあげて下さい。

眞鍋政義ヘッドコーチには、「特別なオリンピック対策」をアドバイスしたので、多分、日本は勝てると思いますのでどうぞ、バレーボールファンは応援してあげて下さい。

 

・・・・・

 

最後に、とても重要なことをお伝えします。

 

マーゴは「パリオリンピックの期間中」に「日本潰しの計画」を実行に移します。つまり、「日本に戦争」を仕掛けてくるのです。

 

前回の「大東亜戦争のWar Game」で負けた習近平主席はマーゴに多額の借金があるので、必ず、日本を攻撃してくるでしょう。

 

 

パリオリンピックの2024年7月26日金曜日 – 2024年8月11日に、もし「戦争」を仕掛けられて、そのあとすぐに9月17日(旧暦8月15日)に「大地震」が来たら皆さんはどうしますか?

 

 

平和ボケしたみなさんは、あちこちに移動せずに「今の住んでいる場所」で静かに大事な人と最後の時間をお過ごし下さい。

防衛上の対策は全てしてありますが、日本全体を救うことは無理だったので、「日本領土の一部」だけは守ります。

あとは、生き残ったみなさんと一緒に「新しい日本を建国」して未来を希望にしていきましょう!

 

 

 

アーカイブ