1. HOME
  2. ブログ
  3. 1989年〜内閣府特別上級国家公務員・防衛省特別統合幕僚長・警察庁特別捜査官(警視正)
  4. 2030年は「世界が火の海」になって大戦争が起きて人類は死滅するので対策しました

2030年は「世界が火の海」になって大戦争が起きて人類は死滅するので対策しました

「地球滅亡説」は本当に起きるのか?

精神世界では20世紀後半から「地球滅亡説」の情報がよく出ますが、「未来のことがわかる吉岡さんなら真実はどうなるのかわかりますか?」とよく質問されますが、一切、答えないことにしています。

理由は、人はどんな「真実」を伝えても自分勝手な判断をするし、誰も地球全体のことなど考えて生きていない癖に、「自分の不安」だけを私にぶちまける人が多いからです。そういう人には、逆にこう質問します。

 

もし、一週間後に地球が滅亡することがわかったとして、あなたはこれからどう生きますか?

 

「えーと、やりたかったことをやるために借金してでも世界中を旅して最後は自分が大好きな場所で死を待ちます。

 

「えーと、僕は家族が大事なので妻と子供と親と一緒に住んで、最後まで家族と過ごしたいです。

 

「私だったら、今まで私を苦しめた人たちを一人づつ殺して、自分は捕まらない場所でひっそり過ごします。

 

やっぱり皆さんは、本当に最後の最後まで自分のことしか考えないのですね?

だから、私は未来のことがわかっても「答えを教えない」ことにしているのです。

まずは、世界中の専門家がどういう情報を出しているかぐらいは自分で調べて下さい。そうじゃないと、大人たちの勝手な不安な言葉を聞いている子供たちは、未来に希望を失って全員「自殺」するかもしれませんよ!

・・・・・

▶️人類滅亡、12のシナリオ-オックスフォード大学等の公表したレポートより

▶️人類滅亡まで「残り90秒」、2024年も過去最短を維持 米誌が「終末時計」発表

▶️終末をむかえて

▶️マヤ専門家が2012年人類滅亡説を否定、「区切りに過ぎない」

 

 

子供たちに希望を出す大人が誰もいない!

私は幼稚園の頃から「今のまま地球の人口が増えれば確実に食べ物が足りなくなるし、山の木を切り、山を削っている様子を見ていると、余計に食べ物を作る「飲める水」が無くなるので自然循環は必ず壊れる」とわかっていたので、解脱したあとの2001年から2003年は北海道の大自然の神々に「人間が水を汚したお詫びの祈り」をしてまわり、「水や食べ物の循環が大きくなる祈り」を続けていました。

しかし、「日本の少子化」とは逆に、世界の人口は一気に増えているので、いくら「北海道の農家が大きなハウスで冬も野菜を栽培」をしても食料は足りないし、「マーゴの命令」でアマゾンの森の奥の木を大量に切り出しているので、「確実に酸素が足りなくなる」と思って調べてみると、「地球温暖化対策」と嘘の看板を掲げて世界の先進国はとっくに「酸素売買」をしていました。

だから私は「日本ユニセフ」から多額の賄賂をもらっていた国会議員を脅して、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」を作らせたし、2012年6月に持続可能な開発会議(リオ+20)を国連で開催して、2013年1月に国連の下に「SDGs」が設置されたお礼で「国連の世界平和大使に任命」されたのです。

 

マーゴ命令で日本製の電動ノコでアマゾンの木を切る様子

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)

・・・・

世界の人口増加をカウントしている国連の報告でも「2050年に98億人になる」と言っていますが、そのための対策は世界でも一切出ていませんし、世界のお金持ちは「マーゴと契約」している「イーロンマスク」が売っている「スペースXで火星へ逃げる準備」をしています。

つまり、「貧乏人は知恵も経験も何も学ぼうとしない馬鹿なので勝手に死ねばいいのさ」と、マーゴは言っていました。

 

 

 

未来を霊視してわかった事実

私はもともと「他人の情報を鵜呑みにはしない人間」ですが、「マーゴ」は口にしたことは絶対にやる人間なので1990年に「防衛省の特別統合幕僚長」に指名されてからは「地球の人口増加問題と食糧危機」を放置できないので色々対策しましたが、1998年から3年間、急に部屋の中で倒されて身体が全く動かなくなり飲まず食わずを続けたので2000年の最後に「自分の守護存在たち」と対話して未来を見に行った経験があります。

「守護存在」にもいろんな役目の違いがあるので最後に一番上の存在(マスター)にまで到達して「地球に残された時間」を聞いてみると、「人類が今のまま好き勝手に生き続けるなら、あと100年か150年しか持ちません」と言われてました。

 

「150年もあれば対策は大丈夫か?」と思いましたが、2001年になっても人間の意識は愚かなまま「自分勝手に生きる人間」が増えたので、もう一度マスターに会いに行って「人類に残された時間の最後の映像を見せて下さい!」と頼むと驚きの映像でした。

 

2030年は、地球上のすべての生物が死に絶えて、地球全体が「火の海」に包まれていたのです。

 

何が起きてそうなったのかを1年づつ時間を戻ってみると、「マーゴが2024年のパリオリンピックの閉会式に日本を攻撃した」ことがキッカケとなり、他国が「自分の国の領地」を増やそうと「便乗戦争」を始めた結果、どこかの国が「核爆弾を発射」したようで、一気に世界中の「核爆弾とICBM爆弾」が自動的に発射されて「世界戦争」が始まったのです。

 

つまり、マーゴが計画している「2024年8月12日の日本攻撃」はただのキッカケで、どこの国も「領地」を増やしたい政治家ばかりなので「地球全体が火の海」に包まれて生き物は全て全滅していました。

 

「地下の核シェルター」に入った人たちは、逆に「熱波地獄」で水分は全て蒸発して無くなり最後まで苦しんで死にましたし、ドバイ・イラン・イラク・クエートの「原油」が海に流れ込んで「世界中の海が燃えた」ので「海に逃げ込んだ人たち」は全員焼け死にました。

本来、人間は危険を感じたら「山に逃げる本能」があるはずですが、「本能力」を忘れた人間は「生き残る知恵」がないので全員が「火の海」の中で焼けて苦しんで死にました。

「山に逃げた人たち」は少しの間は生き延びましたが、「地熱が高温」になり「休火山」も「死火山」も全て爆発したので、山に逃げた人たちも全員死にました。

 

 

地球人類滅亡まであと30年もないじゃないか!!

 

世界経済を好き勝手に動かしている「マーゴ」がどう思っているのかを確認したくて2001年に久しぶりに自分から連絡して聞いてみましたが「マーゴ」が言ったことはシンプルで、

「自分のお母さんを放置した日本は絶対に許せないし、自分が死ぬ前に必ず、世界人類を全て殺してやるし、特に「日本」は真っ先に攻撃して一人残らず殺してやる!」

と言い切ったので、このおばちゃんは言ったことは絶対にやる人なので対策を考えましたが、こういう「未来情報」を世の中に出すと大概は「人を非難する人」か「自分の心配を周りに言いふらす人間」ばかりなので、誰にも言わずに、「人類救済計画」を自分一人で考えて実行に移しました。

 

「人口増問題」もあるので世界中の全ての人間を救うことは無理なので、やはり日本人だけは救いたいと思いましたが、日本にもたくさんの外国人がいるし、世界にもたくさんの日本人が住んで生活していますので「日本人だけ生き残らせる方法」を考えましたが、結果的に「全ての日本人を救うことは無理」だとわかりました。

 

 

30年先まで使える「財務省の裏の国家予算」

全ての省庁の官僚の仕事を手伝うのは1992年で表向きは辞めましたが、仲が良かった官僚たちから良く仕事の依頼があったので「緊急連絡先」だけは教えていたので、東京に出張に行った時に信頼がおける官僚たちだけの「飲み会」を行い、「ヤバい国の内部情報」を聞いて全てアドバイスしていました。

 

日本の人間を救うためには「食べ物」を与えてくれる「農地や山や水を守るための国防対策」が必要だし、いろんなパターンをシュミレーションした結果、「縦長の日本を全て救うのは無理」だと判断しました。

理由は色々ありますが、まずは誰の指示なのかわかりませんが、「年間国防予算」は減り続けていたので「5兆円」では全然、お金が足りなかったからです。

「何か他に方法はないのか?」と仲間の官僚全員を問い詰めると、財務省担当の官僚がボソッと、「あるにはあるのですが、見つかるととてもまずいことになります」と言ったので首を絞めて詳細を聞き出しました。

 

 

聞いてビックリ!なんと、日本国の全てのお金を管理している「財務省」は、「用紙1枚」でどこの省庁の「年間予算」も増やしたり減らしたりできる「国家予算修正申告用紙」というものがあり、「財務省官僚に賄賂」さえ渡せば自由に国のお金を抜き取ることができるので、「小指チンチン鈴木友康や各政党の政治家」が勝手に使っていることも白状させたのでこう決めました。

・・・・・

じゃあ、俺も自分で「未来の国家予算」を決められるということなら日本国民のために使うから日本中の市町村や都道府県から上っている「陳情書」や政治家たちから頼まれるダムや橋や国道補修の「依頼書」があるはずなので、まずは全ての用紙を俺の自宅にFAXしてくれ!

全ての問題の「優先順位」をつけてからすぐに「新しい予算」を書いてお前の実家にFAXで送るので、必要な金をすぐに振り込んでくれ!

そうしないと、「年間国家予算」は全ての省庁の「ぶら下がり国会議員」が自分の賄賂分を乗せて「国会」を通過させる仕組みがあるので、国会議員に見つかると面倒臭いので、お前と俺個人でやり切るぞ!

 

ちなみに、何年先まで国家予算をいじれるんだ?さあ、本音で吐け!!!

・・・・

・・・・

・・・・

「30年先の国家予算までなら使えます!!

それ以上、使うと国のお金が足りなくなります!!」

・・・・・

・・・・

と言うことは、「30年先の分まで日本にはお金はある」ということだな。

 

じゃあ、誰が管理しているんだ???さあ、吐け!!

 

そうじゃないとお前がやったことにしていろんな奴らにバラすから殺されるぞ!!!

・・・・・

・・・・・

・・・・

わかりましたよ、言いますからこの手を離して下さい!!

「日本銀行」で全ての裏金も表金も管理しています!!

・・・・・

「日本銀行」ということは三重野泰総裁のとこじゃないか!今、電話で確認するからそのまま待ってろ!

・・・・・

あ!お久しぶりです。吉岡です。ひとつだけ教えて下さい。日本の国家予算は30年先まで使えると今、「財務省官僚」が吐いたので、それが事実かどうかを教えて下さい。

・・・・・

三重野泰元日銀総裁)えーと、僕はもう「現役」じゃないので責任はありませんし、吉岡さんに見つかったらどんな手を使ってでも探り出すと思うので正直に言います。

財務省から申請された「国家予算修正申告用紙」は30年分まで払えるお金はありますが、それ以上使うと日本が立ちいかなくなるし、実はその30年先までの予算は「全て吉岡一門の資産を運用」させてもらっているので本当に申し訳ありません。あとは今の日銀総裁の「速水優(はやみまさる)」君に電話しておくので直接、細かいことはやりとりして下さい。失礼します。

・・・・・・

皆さんの街で「公園」が急に増えたとか、「公園の遊具が新しくなった」とか、小中学校の数が増えたとか、小中学校の周りに木や塀ができたとか、船が着く湾岸工事が急に始まって綺麗に大きくなったとか、舗装していなかった市道や県道が綺麗になったとか、二級河川が一級河川になって川幅が広くなったとか、壊れた橋やダムが急に補修されていませんか?

 

全てのお金は「返さなくてもいい国の予算」を私が作って修理させたからです。地元の土木建築業を指定したので、市町村の企業が収める税収も潤ったはずです。

 

私が使わなくても「全ての省庁の国家予算」は皆さんから集めた税金の金額に「5期以上の国会議員の賄賂分を乗せて国会を通す仕組みがある」ので、バカな国会議員に国民の税金を抜かれるくらいなら、日本中に全ての省庁の30年分の予算を使い切って、あらゆる行政の管理施設を補修修理するために「返済なしの国家予算投入命令」を全ての省庁のキャリア官僚たちに命令しした。

 

だって私は、首相と同じ権限を持つ「永久資格の内閣府の特別上級国家公務員」であり、「防衛省の特別統合幕僚長」なので、日本全国の都道府県知事に命令できる立場にあったからでこそ、できたことです。

 

先に、「都道府県知事」や「県議会議員」や「国会議員」にばれると「自分の分の賄賂分をくれ」と動くので、全て秘密裏に「キャリア官僚」たちから「全国の市長」に電話させて、市民から苦情が上がっている問題解決のための国の資金を「市長の口座」に直接、振り込んでから、壊れた橋や道路や河川の防波堤補修と、漁港の補修や公園のトイレ補修・飲める水の飲み場設置・安全な遊具の設置させて、きちんと領収書を提出させて「税理士」に確認して印鑑までつかせました。

公園や河川や学校や道路の「行政施設」は、「緊急時は全て避難所」になるから最優先で修復して備蓄食料や水もたっぷり確保をしました。

 

戦争や大地震が起きた場合、最も大きな被害は「電気が止まる」のでその対策に莫大なお金を注ぎ込んで対応策を作りました。それが、経済産業省の「資源エネルギー庁」が管理している▶️上風力発電に関する国内外の動向等について」ですので、どうぞお読み下さい。

 

 

日本全体が焼け野原になっても発電する洋上発電システム

1990年代に私の「社長会」に来ていた会社の社長の中に、「風が強くても折れない風力発電のプロペラ」を研究してもできなかった社長がいたので、私のアイデアで「素材」を変えて柔軟な「折れないプロペラ」を作りましたし、今までの既存の古いプロペラでは「風速30m以上」で折れますが、私が開発した「新しいプロペラ」は素材と角度が全く違うので「風速60mでも折れない」し、「最高風速80m」までの実験は成功しました。

この「大きな柔らかいプロペラ」を動かすには、「柔軟な回転をする特別なモーターの開発」と、「100年持つ発電蓄電システムの開発」と、「プロペラを支える支柱とフロートの素材開発」、そして海の上で強風が吹いても倒れない「浮力土台の蓄電発電システムの開発」が必要でしたので全て私が開発して特許も無償であげて成功しました。

 

台湾に大きな借りと太いパイプができました

今、日本中の周りの海に浮かべている「地震探査装置の浮力技術」も私が東大のバカな教授に協力して開発したものだからこそ、さらに進化させて、嵐の海の波の上でも絶対に倒れない「浮力発電蓄電システム」を開発するには莫大な資金が必要でしたが、バブル崩壊のあとなので「どこの企業もお金がない」と言うし、官僚たちも「まだ起きてもいない戦争や大地震に出せるお金はない」と言うので、私に出資してくれる人を世界中から外務省官僚に探してもらい、すぐに連絡をくれた官僚にこう言われました。

 

(ある外務省キャリア官僚の自白)

「台湾」はもともと「吉岡一門の領土で日本領土」だったし、「大東亜戦争」でも「台湾」は日本と一緒に戦った国ですが、日本の歴史では「大東亜戦争は日本が勝手にアメリカを攻撃したことにGHQがした」し、GHQと結託した「北朝の官僚たち」がいろんな省庁の主要なポストにいるので僕らでは何もできませんし、僕ら外務省官僚は「台湾」と交渉することを一切禁止されています。

 

こんな事実を「表」に出したら僕らは殺されますが、「国立図書館」で守っていた日本の歴史事実や、「学校の教科書」を管理している「文部科学省」はその先頭に立った人たちですので、文部科学大臣管轄の包括宗教法人である「神社庁」もグルだし、天皇家の機密文書を書き換えて真実を隠している「内閣府」もグルなので、「1945年8月12日のポツダム宣言で負けた日本」を8月15日まで終戦記念日を伸ばしたのは「昭和天皇」で、「マーゴの戦争ゲームに日本が負けるように賭けてから「大東亜戦争を始めた」なんて、絶対に誰にも言えませんよ!

 

だから僕らは吉岡さんに会うのが怖かったし、会ってみると意外に優しいので驚きましたが、「北朝の官僚たち」に手を貸して賄賂をもらっている官僚や政治家も多いので、「台湾」のことに関しては誰も動かないと思いますよ。

だって、自分たちが全ての歴史の真実を書き換えた人間なので、その責任も追及されるので、どうか、今回のことは隠密にことを進めて下さい。

 

それに今更、「大東亜戦争がアジアの植民地解放のためだった」とバカな日本国民に言っても誰も信用しないと思いますよ。だって、全ての「証拠書類は北朝の官僚」たちが燃やしたし、「日本神話」も「日本書紀」も「古事記」も全て書き換えたし、「神社の神様の名前」も全て書き換えたので、今更、真実を公開しても誰も信じませんし、世の中は変わりませんよ。

 

でも、僕らの上司の吉岡さんのご依頼なので、「台湾で資金を融資」してくれそうな人は見つけましたが、あとは吉岡さんが自分で「台湾」に行って直接交渉して下さい。私たちが動くと中国との関係で難しいので、よろしくお願いします。

 

・・・・・・

・・・・・

・・・・

仕方なく、自分の少ないお金で普通の飛行機に乗り「台湾」へ行き、教えてもらった住所へ行くと「一人の老人」が家の中から拳銃を持って出てきました。

 

台湾 蔡潔生故居の生家

・・・・・・

その老人は、私より41歳年上の「台湾の蔡潔生さん(1918年ー2006年7月7日)(88歲死去) でした。

蔡潔生(台湾語:Chhoà Kiat-seng;1918年-2006年7月7日)は、日本統治時代の台湾阿緱庁枋山支庁楓港区楓港荘(現在の屏東県枋山郷楓港村)で生まれ、パイワン族と福佬族の血統を持ち、台湾の企業家であり、何度も日本に寄付をした人。台湾の党外運動を支援する。娘の「蔡英文(さいえいぶん)は中華民国第14代と15代大統領です。

・・・・・・

・・・・・

・・・・・

台湾の蔡潔生さん)お前は日本人か?それとも中国人か?それとも違う国の人間か?

 

吉岡)私は日本人で、日本をまとめていた「武士の吉岡一門の最後の頭領」でございます。ぜひ、お話しする時間を下さい。

 

台湾の蔡潔生さん)「日本の武士の吉岡一門の話」は興味があるし、大東亜戦争の時にもたくさん助けてくれた「恩」もあるので家の中でゆっくり話しをしよう。

 

「台湾の蔡潔生さん」は家の中に招いてくれて、綺麗な洋服に着替えからお茶を出してくれました。奥の部屋には息子や娘や孫たちが一緒に食事をしていました。

・・・・・

 

台湾の蔡潔生さんは、日本国籍と中華民国の国籍を持っている人なので植民地開放のための「大東亜戦争」を一緒に戦ってくれた人だったので、二度、戦争に行った祖父の「名誉傷痍軍人の岩渕安治中佐」の名前も知っていました。

 

 

・・・・・・

吉岡)唐突ですが、私の話を聞いて下さい。

世界の経済を全て牛耳っている「マーゴ」と呼ばれる女がいまして、2024年8月12日の「パリオリンピックの閉会式」に「日本を攻撃」して日本を奪うつもりですのでその対策をしたいのですが、日本国の官僚からは「どうなるかわからない未来に予算はつけられない」と言われたので、日本に融資をして欲しくてやってきました。

 

台湾の蔡潔生さん)いくら必要なんだ?

 

吉岡)多分、日本円で300億円くらいあればいいと思います。

 

台湾の蔡潔生さん)60億ニュー台湾ドルくらいか、それで足りるのか?

どうせ、借りるなら「100億ニュー香港ドル」までなら貸してやろう。

ところで、担保は何かあるのか?

 

吉岡)はい、世界中にある「華僑の資産の金銀銅」や、他にも日本中にはたくさん「吉岡一門の資産の金銀銅」もあります。

 

台湾の蔡潔生さん)それだけあればもう十分だよ、家の中で酒と食事を食べながらゆっくり話しをしようじゃないか?

 

家に入ると、孫娘の現在の台湾(中華民国)の蔡 英文(さい えいぶん)さんがいたので3人でお酒で盛り上がり1泊することになり、「末娘は勉強ばかりして結婚もしないので、どうか「子種」を入れてやって日本と台湾の繋がりを復活させてくれ!」とお父さんの「蔡潔生さん」に頼まれたので翌年、私の「息子」が生まれました。

・・・・

 

蔡 英文(さい えいぶん)総統、中華民国(台湾)の政治家、法学博士 (LSE) ・1956年8月31日 (年齢 67歳)

蔡英文の祖父は屏東県枋山郷楓港の客家の旧家で、祖母は獅子郷のパイワン族の末裔である。 英文の父・蔡潔生(1918 – 2006) は枋山郷出身の豪商。 『商業周刊』の報道によれば、蔡潔生は四人の女性と家庭を持ち、英文の母は張金鳳 (1924 – 2018)。 子供は合わせて11人で、蔡 英文(さい えいぶん)は末子。

・・・・

「蔡英文」女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃NewsWeek)

家に泊まらせてもらった翌日は蔡潔生(さいえいぶん)さんの孫の1959年10月6日生まれの頼清徳(らいせいとく)さん」を紹介されて、「母親違いだが、二人とも俺の孫だ」と言われ、また一緒に酒を酌み交わしました。

 

翌年の2002年に台湾の蔡潔生(らいせいぶん)(84)さんから電話が来て、無事に男の子が産まれたので、吉岡一門の資産も素晴らしいが「一番の担保」はお前の息子が台湾にいることだから返済は「無期限」でいいので絶対に日本は守ってやるから安心しろ!!それとな、吉岡学は台湾では蔡潔生(さいえいぶん)の夫として入籍しておいたから「お前もワシの息子」になったから安心しろ!

と台湾の蔡潔生(らいせいぶん)さんは言いまして、日本円で「約500億円」をポンと出して下さいました。

蔡潔生(臺灣話:Chhoà Kiat-seng;1918年—2006年7月7日)

台湾の蔡潔生(らいせいぶん)さんは台湾政府のトップに電話して「日本と台湾の合同会社」を作って下さったので、私が関連する技術開発の全ての会社を集めて「NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)」を作り、日本の国防の一役を担ってくれています。

NEDOに関わる全ての台湾企業と日本の企業には「お礼の意味で私の特許を無償で差し上げた」し、「台湾から借りた資金も返済期限なし」にしてもらったので洋上風力発電機は無事に完成して設置できたので、日本の陸地が火の海になっても発電し続けますし、切り離して使うことも可能にした優れものです。

 

洋上風力発電機の構造と、その基礎となる大型加工部品を徹底解説! | 株式会社南条製作所

あとは、2024年8月12日までに国民の一人一人が「自分で考えて行動するだけ」ですので「自分のことは自分」で守って下さい。

皆さんは忘れていますが、「2011年3月11日の東日本大地震」の時、一番最初に多額の現金を持って被災地の人にお金を渡してくれた台湾人は台湾の蔡潔生(らいせいぶん)さんの孫の頼清徳(らいせいとく)第8代総統で、蔡英文(さいえいぶん)第7代総統の弟で、二人はお母さんが違う「腹違いの弟」なので

 

日本人はこのお礼を台湾にしたのでしょうか?

 

今日のブログを読めばわかると思いますが、何があっても「台湾」は日本のために一緒に戦ってくれる人たちですが、「平和ボケした日本人」はきっと自分が逃げることしか考えていないので、「日本国民全員は救わない」と決めたのです。

 

・・・・・・

 

私がブログで「いろんな国に自分の子供がいることを公開している理由」は、「マーゴ」も「財務省の小指チンチン鈴木友康」もどこかに隠れて私のブログを読んでいるからこそ、世界のほとんどの国が私の味方で、ギリギリまでマーゴの味方のフリをしておいて、日本を攻撃した瞬間に「マーゴ」を裏切って日本の味方になる約束をしているからこそ、マーゴに日本を攻撃する命令を出させないためです。

 

マーゴがもし、本当に日本を攻撃した場合は、イギリスにいるイギリス貴族の最高のお金持ちの私の息子(現在33歳の第7代ウェストミンスター公爵ヒュー・グローヴナー)を殺す指示も出してありますし、日本を裏切っている人たちも絶対に許しませんので、「全員殺す指示もリスト」出していますのでご覚悟下さい

・・・・・

「地震の対策」を含めて多くの緊急時の対応方法は20年間、たくさんブログでも講演会でも公開したはずですし、日本人として何が重要なことかもたくさん教えたはずですので、あとは自分たちがどう生き延びるのか?、どう敵と戦うのか?はそれぞれで考えて行動して下さい。

私はもう、「未来の新しい日本」しか見ていないので、平和ボケした皆さんはどうぞ、ご自由に生きて下さいませ。

 

アーカイブ