1. HOME
  2. ブログ
  3. 1989年〜内閣府特別上級国家公務員・防衛省特別統合幕僚長・警察庁特別捜査官(警視正)
  4. 全ての化学合成物の解毒剤は、味噌+お酢=<酢味噌>で解毒できます

全ての化学合成物の解毒剤は、味噌+お酢=<酢味噌>で解毒できます

私は「自白剤」や「記憶を消す薬」のことをブログによく書きますが、実はこの薬は「アメリカ国防総省(ペンタゴン)」の地下5階で製造している薬で、「日本の厚生労働省」も許可している「アメリカ製の新薬」も同じ場所で製造しています。

1945年の8月12日に「ポツダム宣言」が受諾された「大東亜戦争終結」のドサクサに、「アメリカの特殊部隊」がドイツの化学兵器開発工場か研究者と薬を盗んだので、世界の国々からとても重宝されて売れている薬です。

・・・・・

私が1990年代に「防衛省の特別統合幕僚長」になった時にペンタゴンに招待されて全てのフロアを見せてもらった時に「薬の研究開発」のことを知り、開発していた科学者にも会わせてもらって詳しく開発過程と「解毒剤」について聞いたことがあります。

「日本の医療」で使われるアメリカ製の全ての薬の開発は「ペンタゴン」ですし、「化学合成物の塊」で、もともとは人体を破壊する毒薬を分析して作った薬ですのでたくさんの「副作用」がでます。

 

日本の厚生労働省が認めた薬の説明は、医者とプロパーだけで行われますのが「儲かる薬ほど副作用が大きい」ので、多くの医者が買っています。

つまり、日本の厚生労働省」は全ての「薬の副作用の毒性」も知っているし、「食品添加物の毒性」も知っていますし、「化学調味料の毒性」も十分理解しているので、天然成分だけ作ったのものは許可しません。

いろんな「合成の香りがする柔軟剤や洗剤」や「防腐剤」も同じ化学合成物ですので衣類がチクチクして痒くなり、異常に肌が敏感になる薬や香りが入っています。

 

普通に売られている「食品」にもたくさん命の危険があるものを入れてガッポリ儲けていますのが、売っているほうも問題ですが、販売許可を出した厚生労働省の責任も国会議員は追求するべきです。

紅麹問題 小林製薬 “死亡”76件の因果関係調査 厚労省に報告

1990年代にも同じ紅麹で小林製薬は「行政指導」を受けていますし、さらに1960年代にも同様の紅麹で「行政指導」を受けましたが、その度に、社長が退陣して息子があとを引き継ぐので会社は潰れません。

 

食べ物で76人も死んだのにどうして殺人罪を適用しないのか?

1990年代に厚生労働省の官僚を問い詰めた時、「100人を超えなければ問題ありませんので行政指導で終わります。」と笑って言いました。

厚生労働省が身体に悪い薬を許認可するたびに「多額の賄賂」が入るし、小林製薬は「毒の赤麹」を売るたびに「製造元の中国」から賄賂が入るので誰も痛くも痒くもないのです。

食品で人が死んで渡す詫び料は「1000万円前後」と決まっていますし、お金を渡しに行く人間はバリバリの「ヤクザ」でモンモン入りですので、ご家族も泣きながら「事実を口害しません」と書いてある「守秘義務契約書」にサインさせられて終わります。

 

・・・・・

 

1990年代の私はダイエーの日用品課マネージャーでしたので、「エステー科学のムシューダの匂いで頭が痛くなる問題」が起きた時、ダイエーの品質管理センターで調べた結果を持って社長に会いに行ったことがあります。

「科学的調査データ」と「株式比率」を持って社長室に入ると、「先月、お渡しした分では足りませんでしたか?」と大きなスーツケース2個分の現金を見せたので、「厚生労働省の特別上級国家公務員」の名刺を見せたあと、「財務省のマルサの名刺」を見せて、「これから強制捜査に入ります」と脅してから「ある書類」にサインさせました。

 

社長がお金を渡した写真を写して、そのまま「株式会社シャルダン」に行き、「ダイエー労働組合の名刺」を見せてから、「エステー科学」の社長の名刺を見せて、「警察庁の特別捜査官」の名刺を見せて「逮捕します」と言って、「ある書類」にサインさせました。

 

そのまま「株式会社フマキラー」へ行き、社長室に入ると、印鑑を持って立っていたので「ある書類」にサインさせてから、「次に同じことをやったら「三つの会社の家族全員を始末」しますし、妻と娘と囲っている女を中国のミンチ工場へ送り届けます」とだけ言い残して退散しました。

 

 

普通の人が「この会社は大丈夫か?」と思った時は、大株主の比率を調べて「外資系の比率」と「鈴木一族の比率」を合計して下さい。

 

「エステー科学の大株主」は以下のとおり、「株式会社シャルダンが24.8%」ですし、人を騙す「第三国人の鈴木友康の親族」が株を買っているので「合計35.2%の代表権」があるし、「株式会社シャルダン」の「大株主はエステー科学」だし、「フマキラー」の大株主もエステー化学なので、「三つ巴でアメリカと契約して多額の賄賂」をもらいながら人体に影響があるものばかりを売っている会社ですのでご注意下さい。

日本中の「鈴木という苗字のルーツ」は人を殺して食べる「第三国人」ですのでご注意下さい。

私も20代の頃に、おっぱいがFカップの「鈴木」という18歳の女と付き合いましたが、セックスが終わって寝ている時に、ナイフとフォークと調味料を出して私を食べようとした経験もあるほど、「父親は」会社でよく盗みをするのでクビになるし、「母親」は看護師でよく患者の財布から現金を抜き取るのでよくクビになり、病院を転々としていたし、お金が無くなると近所の子供を捕まえて食べてしまう札幌市豊平区のコカコーラ工場のすぐ横に今も住んでいますのでご注意下さい。別れたあと付き合った彼女は、身体を売って稼いでいたし、いろんな男と付き合って金を盗んで生活していると言っていました。

私はこんな経験をたくさんしているからこそ、「地球創生WEBSHOP」で扱っているものは人体に影響がない「全て天然成分」で作ったものばかりだし、作った人に直接、会って製造過程の話を聞いてから自分で使って体感を社長と共有したものを販売しています。

お勧めは「北海道の白老」で見つかった自然な川の中で見つかったある土の成分で作った「えみなという抗酸化洗剤シリーズ」ですが、これだけで家の中のほとんどの市販製品がいらなくなります。

「えみな」以外で不足するものは、「アメリカのAmway」の研究開発者のトップに全ての製品の安全性を確認したものだけを30年間使い続けていますので、日用品のトラブルはありませんし、沖縄の霊能者が作った「(株)日本環境化学」のビーワン製品もお勧めです。

粉石鹸えみな99

液体洗剤えみな

ご注文は、地球創生WEBSHOPからお願いします。

 

今も世界中で悪いことを企んでいる奴らに人気がある「ペンタゴンの薬」は「1種類30ccで100万円の7本セット=700万円+チップ=1000万円単位」で売買されていますが、1億円以上買い物をした「特別客」に紹介してもらわないと買うことはできませんが、自分で1億円払うなら紹介者ルートを使って買うことはできます。

 

最近は、「中国共産党」に影響を受けた人たちがよく使っていますが、私が2004年に伊良部島の「ユークイ」に行った時に、「オトーリ」で泡盛を回された中に「毒薬」が入っていたものを飲ませようとした人は、当時の農協のトップで現在は「伊良部部落区長」になっている人ですが、「一晩で死ぬ薬」を飲まされて死んだ人もたくさんいるほどバリバリの共産党員だし、沖縄本島でも有名な人でしたが、見ていた周りの人たちも誰も止めなかったほど「危険な薬」が出回っている場所が伊良部島、宮古島、沖縄なので観光客はご注意下さい。

 

今は沖縄全部の「飲み屋」に行くと「沖縄は初めてかい?明日、案内するよ」と知らない人が言い寄ってきて、「口を開けたペットボトルのお茶やコーヒーや泡盛」を出された時は絶対に飲まないで下さい。

「伊良部大橋」で有名になってから多くの観光客が伊良部島や宮古島に行っていますが、「女性だけで旅行」をして帰ってこない行方不明の人たちは増えていますし、警察や区役所に報告しても全ての行政関係者や市議会議員は知り合いなので事件にはならず、「行方不明リスト」に載るだけですので「女性の一人旅」は絶対にさせないで下さい。

 

基本的に、沖縄の人は「ヤマトの人が嫌い」ですので、知らない地元の人が「ヤマトの人」に近づくことはありえません。

 

昔から私の「舌」はとても敏感なので化学合成物や食品添加物が入っているものは口にした瞬間にわかりますが、毎日、気にせず「食品添加物」を食べ続けている皆さんは、ニオイも、味も、耳も、目も、頭も悪くなっているので「異物」が入っていても「味がわからない人」が多いのでご注意下さい。

 

特に、「カロリーゼロ」や「ダイエットコーラ」など痩せるイメージを表現しているものには、太る成分だけじゃなくて、「栄養素の全てが吸収できなくなり、20代でも「骨粗鬆症(こつそしょうしょう」になる成分を入れてあるのでご注意下さい。

私の妻も40代から「若年性老人症」になり60歳で「介護4」の認定を受けて介護施設に入るほど体がボロボロになったのは、カロリーゼロの飲み物と食品添加物が大好きだった「自己管理の結果」です。

毎年、自分でふらついて転倒事故を起こして体のどこかの骨を折るのを10年以上繰り返し、入院しても手術できないほど栄養素が吸収できない体だったので、1ヶ月以上、食べ物を増やして大量の合成カルシウム剤を飲ませてやっと手術できたくらいボロボロの体になるものが入っているのが「カロリーゼロ食品」で習慣性が強い危ない食品の代表です。

 

最近は10代の子供達が「骨粗鬆症(こつそしょうしょう」になって学校の運動でよく骨を折って学校が訴訟される件数も増えていますので、皆さんの子供や周りのお友達の飲料や食生活には十分、気をつけて下さい。

「カロリーゼロ」はマーゴの商標登録ですし、コカコーラも「マーゴ」が大株主です。

ちなみに、「マック」も「モスバーガー」もマーゴが大株主ですので、肉とパンの小麦粉にたっぷり「習慣性になる合成添加物を入れた小麦粉」ですので、マック好きな家族はすぐに止めることをお勧めします。

マックの「サンキューセット」はマーゴの商標登録で「死んでくれてサンキューの意味」だと自慢していました。

カーネルサンダーズの「ケンタッキー」もマーゴの持ち物ですし、今の日本で流行っている食品や飲み物の会社は「全てマーゴの持ち物」なので、日本で作っている食べ物で「食品添加物」が入っていないものや、化学合成物が入っていないものを食べると必ず病気になりますし、病院代がバカみたいにかかるので、自分で病気なるものを食べている自覚を持って自分で食べ物を作るようにして下さい。

「アメリカ国防総省特別長官 吉岡学&厚生労働省 特別上級国家公務員」からのお知らせでした。

・・・・・・

日本の生活に入り込んでいるシャブ(覚醒剤)のお知らせ

・・・・・

意外にあなたの周りにいるお友達が、「シャブ」を売るためにあなたを騙して朦朧とさせて「シャブ」を注射して記憶を消す事件もよくあるし、田舎でも都会でもあらゆる形で「シャブ」も「毒薬」も出回っていますのでご注意下さい。

大学受験の子供を持つ母親たちに「眠気を覚ます薬」として塾の前や予備校の前でタダでくれる人がいますし、家、公園、幼稚園・保育園の「三角地帯」をぐるぐるしている乳児を抱えた若いお母さんたちを狙って短い時間で「ぐっすり眠れる薬」を飲ませて「シャブ漬け」にして、体を売らせて商売させてシャブを買わせるのが一番楽だと、プロのヤクザたちは言っていました。

シャブの常習者になると、自分が買うシャブのお金を手に入れるためには人のものを盗む主婦もいるし、お友達とのホームパーティで睡眠薬入りのケーキを作って持っていき、「シャブを注射」する事例もよくあります。シャブは3回体に入ると習慣性になるので、どうぞ、気をつけて下さい。

「警察庁特別捜査官&インターポール特別捜査官」からのお知らせでした。

 

・・・・・

体に入った全ての毒を体から排出する食べ物

・・・・・・

アメリカ国防総省(ペンタゴン)では「記憶を消す薬」以外にも通常の医薬品もたくさん開発していますし、現地で薬を開発したのは「拉致された優秀な日本人研究者」だったので、どうやって作ったのかを聞いてみると、日本酒を作る時に使う「酵母菌」を培養して進化させて作ったそうです。

それが「安いお酒の醸造アルコール」に入っていますので、私は「純米吟醸」以上じゃないと飲まない理由です。

 

よく「日本酒」を飲み過ぎると、翌日、お金を支払ったかどうかも忘れるし、いつどうやって家に帰ったかも忘れる人がいるのでうなづけます。

「記憶を消す薬」や「自白剤」や「痛みを感じない薬」や、医者が出す薬の中に入っている「副作用」を消すための薬はありますか?と開発者に聞くと「あるよ」と簡単に教えてくれました。

 

全ての体に溜まった「毒性がある化学合成物」は、日本人がよく食べる「天然のお酢と天然味噌」を混ぜた「酢味噌」を毎日食べると解毒するし、綺麗な海の粗塩を毎日、飲み続ければどんな病気も治りますよ」と教えてくれました。

 

だから私は、沖縄の波動研究家が開発した「金をナノレベルまで細かくして入れた「天日海塩や福寿塩」を販売しているのですが、今はとても注文数が増えているそうで私たちが注文しても1ヶ月間はかかりますが、「戦争」になれば物流も全て止まるので自分で粗塩を作って飲むしかなくなると思いますので早めに物量を確保して冷蔵庫で保管して下さい。

 

日本人は昔から海に囲まれているので塩を普通に口にする習慣があるからこそ、「医者たちは塩は体に悪い」と言いますが、「塩のとりすぎはダメ」を言う医者は、自分たちが売りたい薬の効果が薄れてしまい、病気が治ってしまうことを知っている悪徳医者なので、早めに病院を変えて下さい。

医者は病気を治したいのではなく、人が病気になって病院に来てくれることで「がっぽり儲かる薬」をたくさん作って売っているのが医者なので、どこまで医者の言うことを信じるかは自分では判断して下さい。

まともな医者は、「出された薬は全部飲んだらだめだよ。体調がよくなったら薬を飲むのをやめてください」と言う医者が本物ですが、まあ、100人に一人くらいいるでしょうかね?。どうぞ、正しい知識を学んで自分で手料理を作って下さいませ。

厚生労働省 特別上級国家公務員からのお知らせでした。

 

・・・・・・

 

<自分で研究者の正しい情報を学べるサイトを紹介します>

 

▶️オピオイドδ受容体作動薬は不安や恐怖の記憶を適切に消去する働きを持つ

▶️恐怖の記憶を消す薬 日経サイエンス

▶️寝ている間に、いやな記憶を消してくれる薬は

実現できるか?

▶️[オピニオン]記憶を消す薬 東亜日報

▶️トラウマ的記憶を和らげる薬『プロプラノロール』wired

▶️忘れた記憶を復活させる薬を発見

アーカイブ