1. HOME
  2. ブログ
  3. 1996年〜マーゴ・戦争・VIP・オリンピック・人身売買・WarGame・武器売買・経済支配
  4. 宗教を使ってシャブ(合成麻薬)を世界中に広めているマーゴ

宗教を使ってシャブ(合成麻薬)を世界中に広めているマーゴ

マーゴ)ねえ、吉岡学さん、日本に「モルモン教」って広まっているの?

 

吉岡)「モルモン教」のことはよく知りませんが、1977年に岡山県の大学時代にカッコイイ白人男性二人が自転車に乗って道を聞かれたので、そのまま話し込んで仲良くなり、夜に安い居酒屋で一緒に飲みに行った経験があります。

さらに、1982年にも札幌市内のダイエーに就職した休みの日に、街中で「モルモン教」の男二人に誘われて部屋で「モルモン教のビデオ」を見て話し込んだので、4名の男と隠してあったお酒を飲んで仲良くなりましたし、みんな「タバコが吸いたい」と言ったので私のタバコを吸わせると「白い粉」を付けて吸うし、俺の体を触ってきたので「ホモ」だと分かったので付き合いはやめました。

そのあとも「一緒に酒を飲もうよ」と何度もしつこく電話がきて大家さんに迷惑だと怒られたので「警察を呼ぶぞ」と言うと、連絡は来なくなりました。

 

マーゴ)あら、そうなの?「モルモン教」は「禁酒・禁煙」の指示を出しているはずなのにダメな奴らね、殺してやろうかしら?

 

吉岡)え!もしかして、「モルモン教」もマーゴの商品の組織なの?

 

マーゴ)当然よ!世界の総人口73億人のうち23億人(人口比で32%)は「キリスト教」でしょ!

「宗教」ってね、一度ハマると抜けられなくする方法があるの。

 

それが、「シャブ(合成麻薬)」なのよ!

 

しっかりハメたら、女も男も体を売ってでも献金する理由は「シャブ」が買えるからなの。

 

アメリカ ユタ州 モルモン教

ユタ州は人口223万人のうち約70%が「モルモン教徒」である。2000年の国勢調査では、ユタ州人口の68%がモルモン教徒であると答えていた(現在ニューヨークから西海岸にかけて全米約800の宗教がある)。モルモンの正式名は”CHURCH OF JESUS CHRIST LATERDAYS SAINT(末日聖徒キリスト教会)”で、モルモンはニックネーム。キリスト教会でありながら変わっていると言われる所以は、最近まで「一歩多妻制」を奨励していた事、お茶、コーヒーなどの刺激物は一切摂取しない、起きている間は原則的に働き、収入の十分の一を教会に納める…などの厳しい教えからきている。

 

マーゴ)ユタ州はね、面白い法律で「嗜好用大麻は違法」だけど、「医療用大麻は合法」なの。

 

だから、よくスピリチュアルな日本人が観光で「ユタ州」によく来るけど、「ユタ州の病院」行って「風邪をひいた」と言うだけで、「医療用大麻(シャブ)が買える」特別な州なの。

 

アメリカ人はそういう事情を知っているので「ユタ州」には近づかないわよ。

だって、ユタ州のほとんどの人が「シャブ中毒」なので、一度、ハマったら帰れなくなるほど「シャブ浸け」にされるので、死ぬか、売人になるかしかない場所が「ユタ州」なの。

昔は「アメリカンマフィア」がシャブを売ってくれたけど、吉岡学さんのお友達のせいで「マフィア」が取引をしなくなったので、「モルモン教」のいい男だけを選んで世界中に送り込んで「シャブ」を広めてくれているの。

 

マーゴ)ついでに教えるけど、遊牧民族みたいな格好をした「アーミッシュ」って知ってる?

 

「アーミッシュ」は、アメリカやカナダに20万人ほどいると言われるドイツ系移民を主とした宗教集団なんだけど、「私の商品」で「シャブを広める特別な組織」なの。

 

なぜ、いつも「黒い服」を着ているかと言うと、彷徨える人間たちを「シャブ漬け」にしてあの世に送り込んでいるからなのよ!

 

よく馬で「ホロ馬車」を引いて移動する写真があるでしょ。

あの「ホロ馬車」はね、捕まえた人間に「シャブを注射するための場所」だし、抵抗した奴は「犯してから殺して食べる場所」なので、いつも中は血だらけなので覗いちゃダメよ!

 

「アーミッシュ」が「無農薬野菜」しか食べない理由は、シャブ漬けの男や女を食べるのが「毎日の食事」なので、たまには健康的な野菜を食べるよう私が指示を出したせいなの。

 

一箇所に定住しない理由は、その町の「若い子供」を食べ尽くしたら次の街へ移動するからなのよ!

 

マーゴ)日本に入っている宗教もたくさん「シャブ」を買ってくれる宗教団体があるし、世界中に広まっている理由は「シャブ」を運ぶために広めてくれているの。

 

えーと、まず、「立正佼成会」でしょ!

立正佼成会」はね、私のお父さんがね、1983年の私の「50歳の誕生日祝い」に日本に作ってくれた宗教団体なので、最高にシャブを広めるプロ集団の人たちなのよ!

 

 

統一教会」はね、「韓国」からシャブを流している「販売ルート」なのよ!!

統一教会の韓国の「合同結婚式」は、幹部が勝手にお相手を決めるんだけど、「シャブ漬け」になっている人が素人と結婚して、「シャブ漬け」にして、また「自分の子供もシャブ漬け」にして広めるのがルールなの。

だから、統一教会の会員の多くが「医者や弁護士」たちのお金持ちが多いでしょ!!

貧乏人は、「統一教会」には入れないのよ!!

「最低年収は1億円以上」と決まっているけど、私なら「統一教会の会員の医者」には絶対にかからないわよ!

だってね、薬だと言って「シャブ」を普通に患者に打つので、患者は永遠に病院に通うようになる仕組みがあるんだもの。

 

韓国の教団本部、旧統一教会の解散命令請求決定「遺憾」(日本経済新聞)

安倍晋三さんも麻生太郎さんも「シャブ」はやっていませんでしたが、安倍派閥の中にはいたので議員辞職してもらいました。

 

・・・・

 

創価学会」もたくさん「幹部はシャブ漬け」ばかりなのよ!

だから世界192ヶ国に会員がいるし、海外には約300万人の会員がいるのよ!

 

 

「仏教」のお坊さんもたくさんお金を請求する理由は、「シャブ」を買うためなの。

だから「京都」に大した信者もいないのに、たくさんの仏教のお寺が残っているでしょよ!

仏教の坊主で「シャブ」をやったことない人なんていないわよ!!

だって、仏教の修行に「飲まず食わずの修行」もあるけど、不眠不休で続けられる理由は、修行中でも「シャブはOK」なんだもの。

まあ、日本に入っている宗教で「シャブ漬け」になっていない「仏教の坊主の幹部」は絶対にいないわよ。

 

疑うなら、吉岡学さんは「日本の警察庁の特別捜査官」だし、「インターポール捜査官」なので、自分で調べて確かめてみて!!

 

アメリカにはたくさん宗教があるので嫌になったらすぐに他の宗教に行くけど、日本人はガッツリ宗教にハマる人が多いので、「最高に美味しい市場」と世界から呼ばれているのよ!

 

日本に「新興宗教」が多い理由は、「シャブ」を広める目的だから宗教にはお金がかかるのは当然なのよ。

 

「日本の国を動かしている官僚」たち全員も「シャブ漬け」なので私のいいお客さんだし、「キャリア官僚」って世界のどこの国に行っても「フリーパス」で出入りできる人たちなので、「シャブ」も「拳銃」もいろんなものを密輸して売ってくれるので最高の使用人なの。

でもね、日本の全ての省庁の官僚たちが言っていたけど、「吉岡学さんてお金を一切、受け取らないし、お礼のお金も受け取らない」のでとても困っていると言っていたわよ。

 

 

特に、世界を飛び回っている「外務省のキャリア官僚」なんて、「最高のシャブ中毒」ばかりなので得意客だから「運び屋」をやってもらっているの。

 

吉岡学さんからももっと世界に広めてって言っておいてね

 

あとね、ビートルズの「ジョン・レノン」はねえ、「シャブ抜き」にインドに行ってたの。「ポール・マッカートニー」も同じよ!

 

だって、ビートルズは、イギリスで流行った私の「最高の商品」だから、世界にシャブを広めるために世界ツアーに出したの!

 

でも、「ジョン・レノン」は「もうこれ以上、シャブを売るのは嫌だ」と言ったので、「オノ・ヨーコ」に頼んで殺してもらったの。

 

二人の子供と言われている「ショーン・レノン」は私と契約した「商品」なのよ!頑張って稼いでくれているわ!

 

「ジョン・レノン」と「オノ・ヨーコ」の二人の写真を見ればわかると思うけど、「ジョン・レノン」は嫌々、写真に写っているし、「オノ・ヨーコ」は「ジョン・レノン」のおかげで体を売って稼いでいる女なので、お金のためなら何でもする女なのよ!!

「ジョン・レノン」が死んだあとの「販売権利の印税」はものすごいけど、あの女もシャブのやりすぎなので困っているの。だから、「ショーン・レノン」には上手に売りなさいと教えたの。

 

・・・・・

 

こんな話をマーゴに聞いた私は、シャブ中毒の患者を尿検査ですぐにわかる「試薬」をたっぷり買い込んで、全ての省庁の「キャリア官僚たち」をテストすると全員が「シャブ中毒」だったし、全ての「国会議員」もテストして「中毒患者」は国会議員を辞職してもらったし、日本中の有名な宗教団体の本部に自分で行って幹部たちを集めて「試薬テスト」をすると、マーゴが言ったとおり全員が「シャブ中毒」でした。

 

だから、「国会議員」も「宗教団体のボス」たちも汚いことをしてでもシャブを買うための「裏金」が必要だから、永遠に国会議員は辞めないし、「宗教団体の幹部」も入れ替わらないとわかりました。

 

「祈り」をしたり「生き方を学ぶ」だけで多額のお金取る「宗教団体の裏の仕組み」はこれで分かったと思いますので、あとはご自分でどうするかを決めて下さい。

 

 

 

1990年代に日本の宗教に集まったお金は「6兆円も献金」されていましたが、スピリチュアルブームのせいで「1.5兆円がスピ系」に流れたし、多額のお金がかかる「仏教離れ」が進んだせいで、宗教市場は3兆円まで寄付が減り続けた結果、空き寺や食えない坊主が増えた分、スピ系やイベントをするお寺が増えましたし、「精神世界に関する本を買っている」、「イベントやセミナーに行ったことがある」、「スピ系神事の〇〇さんが大好き」という理由で通っている人も増えているので、現在は「スピ系全体で3兆円以上のお金」が落ちているので、猫も杓子もスピ系で商売していますが、ほとんどが偽物です。

 

まあ、本物と偽物がわからないからこそ、自分だけ満足するための「スピ系」が必要なのでしょうね。

 

私は2001年から「祈り」も「勉強会」も20年以上やりましたが、私の神事に参加できる条件は、まず自分の「先祖祈り」をしっかりして読み取ってから「自然神祈り」をすることが神事の参加条件だし、人間として足りないことを学ぶ「勉強会」もセットでやった理由は、本来、「思想は自由」ですが、子供たちに伝え残すものかどうかを一番考えて欲しくて20年以上も教えてきました。

 

どうか、宗教やスピ系の学びよりも、ご先祖に恥じないように自分の足りないことを「神仏心大学」で学んで新しい未来を作る子供達を育てて下さい。

アーカイブ