資産運用事業をスタートします

○○年○○月をもちまして、天無神人個人の活動「地球創生」を「株式会社 生きがい創造倶楽部」と「宗教法人 地球創生」に移管しましたことをご報告いたします。

「宗教法人 地球創生」に移行した理由は、皆さんの現預金や土地や建物(個人・法人を問わず)、有効に次の世代に資産を活用するために決断したことです。

宗教法人化したことで、今後、広い分野の事業展開ができますので、「専門スタッフ」の協力を得ながら組織運営を行いますことをご理解下さい。

●新規事業の概要

1、ご先祖及び、ご家族が心手を合わせられる「神仏道」の布教

全ての宗派に関わらず、遺骨や仏壇、お墓や納骨堂を法人所有の土地に収めることで、永続的な経費をかけずに、静かに個人の思いを収める場所を全国に作ります。

基本的には、人生の終末を過ごす「地球創生ケアハウス」の敷地内土に収めることで、個人と残された仲間の思いが鎮魂され続けます。

2、「不動産の有効活用事業」

有効活用できる家や土地や山を「宗教法人 地球創生」に寄付して頂くことで相続税や贈与税の問題が無くなり、有益な資産として貸出し、もしくは売却をさせて頂きます。

3、「個人資産・法人資産を活用したケアハウス事業」

個人が所有する現金や預金を寄付して頂くことで、人生の最後の場所となる「ケアハウス」の運営を行います。

「不動産の有効活用事業」と併せて、地域の介護ヘルパーや看護師・医師のサポートを得ながら、無駄な医療行為をせずに、静かに最後の時間まで楽しく過ごせる場所を全国に展開致します。

4、「有休不動産を活用した管理事業」

都会から地方に、また、地方から都会に「一人住まいする子供たちの住居」として、お安い価格で生活できる一軒家やマンションの管理事業を行います。

他人と共同生活をする中で、社会へ出る前に身につけるべき「マナーや心構え」が身につく世代を超えた「共有価値観」のスペースです。

5、未来の子供達をサポートする「ゆめ募金事業」

子供がいない人たちの資産や資金を寄付して頂き、老後の不安の相談に乗りながら、最後の時間を過ごす場所の提供と、未来の子供たちへ残せる資産と資金の有効活用を行います。

6、「財産管理者」の選任と老後資産の有効活用

ご両親のご家族が持っている資産や資金の管理を、家族が行うには、専門的な知識がないと税法上の問題が起きてしまい、全額没収にもなりかねません。

現在、住んでいる家の売却処分やリフォーム後、賃貸で貸出したり、介護施設に入るための認定、デイケアサービスなど、介護に関わる多くのご家族が心労で疲弊しています。

ご両親の最後の住み家は「ケアハウス事業」と協力し合い、ご家族の資産と資金、借入の状況を判断しながら、税務と法律を熟知した専門スタッフがご家族の資産を管理処分いたします。

弁護士、会計士、

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました