●命の循環社会の実現

地球創生の目的は、地球に人類が存続し続けられる新しい生き方する人たちが増えることです。「循環社会」は一人一人が価値観を共有し、現実を変えることで未来は変わります。

●命の循環社会の実現

(インフレ)ロシア1ドル150万円、 60万円から90万円に価値が下がる

2022年5月のある日、夢の中で言われた言葉をご紹介します。 (インフレ)ロシア1ドル150万・・・、 60万円から90万円に価値が下がる 最初は全く意味がわからず、チンプンカンプンでしたが、起きてから考えると、これからロシアが...
●命の循環社会の実現

「土地の所有」から始まった支配

地球上の人間が、人を支配したり、動植物や食べ物を支配し始めた始まりは、「土地の所有」という概念から始まっています。 そのことが一番わかる場所は、先住民しか住んでいなかった日本の「北海道」の歴史と、世界ではアメリカの歴史を調べるとわかり...
●命の循環社会の実現

農薬も化学肥料も無かった時代の農業体験

私が生まれた北海道の芦別市常磐町は、芦別市の始まりの土地ですが、150年前に本州から追われるように移住した人たちが、自分達で山林を切り拓き、田畑にした結果、現在の豊かな農業ができるようになりました。 現在では、「北海道の最高の...
2022.05.13
●命の循環社会の実現

知床観光船沈没事故(2022年4月23日)

知床観光船沈没事故は、2022年4月23日に遊覧船「KAZU I」が、北海道斜里郡斜里町の知床半島西海岸沖のオホーツク海域で消息を絶ち、船内浸水後に沈没したと見られる海難事故である。 乗組員と乗客を合わせ26名が死亡。 昨日、札幌の知人に...
2022.05.13
●命の循環社会の実現

「国の経済循環システム」をご存知ですか?

国民一人一人に課せられて、誰も逃げられないものは、まず「税金」です。 「税金」は国家運営に必要なお金を徴収するシステムですので、どんな状況の人でも、生きているだけで税金は取られる仕組みになっています。 ※高額所得者で、税金が安い...
2022.05.13
●命の循環社会の実現

愛知県豊田市小原の田んぼを耕耘機で耕しました

●(動画)無農薬有機栽培の田んぼを耕運機で耕す天無神人 3月に「屋敷祈り」をした愛知県の仲間の田んぼを小雨の中、耕耘機で耕しました。 この大きな耕耘機は、素人が扱うと大怪我することもあるので取り扱い注意ですが、中学生から...
2022.05.13
●命の循環社会の実現

北海道苫小牧市の畑に「馬鈴薯」120個を植えました。

4/13、気温10度の北海道苫小牧市は、土壌が火山灰土なので、畑作には向かない土壌だからこそ、花畑を改良して黒土を2トン購入し、完全有機農法で作物を育てるために、微生物が活性化する「抗酸化洗剤えみな」を土壌に混ぜ込み、油粕も混ぜ込んで馬鈴薯...
2022.05.13
●命の循環社会の実現

「命の循環社会」を一緒に実現しましょう!

地球創生の目的は、「命の循環社会の実現」です。 これまでブログやホームページを見てくれている人たちに、わかりやすくお伝えできずに、すいませんでした。 なぜ、わかりづらい伝え方しかできなかったかというと、地球と人類を見守る神々は、...
2022.05.13
●命の循環社会の実現

<最先端情報>エネルギーと微生物の関連性

意識エネルギーは、「スピード」のことなのをご存知ですか? 詳しく説明しましょう。それと同時に、「微生物」についてもご説明しますので、保存するべき資料です。 この地球に生命体が生まれたのは、鉱物に付着した「微生物」のおかげです。 ...
2022.05.13
●命の循環社会の実現

地球を救う「微生物」のお話

この地球ができた頃、一番最初に活性化したのは、鉱物に付着していた「菌類」なのです。 私は菌類もウイルスも全ての極小細菌を総称して「微生物」と呼んでいます。 地球という星の中には、まだ発見されていない鉱物もたくさんありますが、それ...
2022.05.13
タイトルとURLをコピーしました