命を育てようプロジェクト


2019年春から地球創生の仲間たちとスタートした「命を育てようプロジェクト」は、生き物や食べ物を自分で育てることで「地球と共生」・「地域で共生」・「仲間たちと共生」を一緒に学ぶ人の輪が広がっています。

2020年春からコロナ禍になり、急速に、家庭菜園を始める人が増えています。

現代社会の問題は、「自分一人で命を育てたことが無い人たち」が、とても増えていることなのです。

これは、とても危険なことで自分の命を自分で守ることもできません。

植物の命を育てた経験が無い人や、小動物を生まれてから死ぬまで関わったことがない人たちは、小動物や食べ物を無感情のまま、いとも簡単に命を捨ててしまいます。

ひとつの命が存在するためには、誰かが手をかけ、大切に見守っていることさえ忘れてしまった人が多いからこそ、自分で命を育てる体験をして下さい。

野菜をスーパーで買うより、ずっと美味しい食べ物が育ちますし、感動と感謝が溢れるこのプロジェクトに、ぜひ、あなたもご参加下さい。

●マンション・アパート・一軒家で、食べ物を育てる喜びを感じましょう。

●最初は「トマト」をオススメします(失敗しないので!)

トマトは「太陽とお水」さえ与えておけば、とても簡単に育つ植物です。そして、とても強い植物なので、次々に、新しい花が咲き、実を結び、食卓にすぐに美味しいトマトが並ぶからです。

(初めての方の準備物)・・・プランター・トマトの土、トマトの苗、立てる棒1本、ビニール手袋、長袖の服

日本全国の地球創生の仲間たちが初めてベランダや畑を借りて、無農薬の野菜や米作りにチャレンジしています。