共有:

いいね:

いいね 読み込み中...
" />

2002北海道の取り組み

北海道の取り組み

2004年から、地球の未来を本気で考える大人たちに出会うため、スピリチュアルコンベンションに出店、スローライフ活動に協力、ガイアネットエアワーク北海道の上映会事務局を数回支援。その後、自らが描いた宇宙イラストやメッセージの高いイラスト展を各地で開催。未来を考える講演会は、札幌市・帯広市・青森県などで何度も開催。

札幌ふとみ屋珈琲店個展2004.04
札幌ふとみ屋珈琲店個展2004.04
札幌ふとみ屋珈琲店個展2004.04
北海道然別湖 講演会 200512
帯広市 個展 2004.03
帯広市 個展 2004.03
愛知ガイヤネットワークの皆さんと札幌 2005.12
ガイア4番全国初封切り 2005.12
ガイア4番全国初封切り 2005.12

未来を変えるの大人たちが集まる!

🔴自分の夢を叶えるのは他人

地域を支える草の根運動の第一歩は、女性たちの行動から始まります。

子育てを終えた女性たちは、多くの経験と愛のエネルギーを地域に生かす方法を探しています。

自分の人生を輝く生き方にしたいと願う人たちが集まると、お互いの成長を心から喜ぶ出会いが生まれます。

他人の夢を叶える喜びを知った人たちは、さらに、その喜びの輪を周りの人たちと分かち合うようになります。

男性に依存する生き方から脱却

苫小牧講演会 2005.08

🔴生きがいを見つけた女性たち

生きがいを見つけた女性たちが次に望むことは、家庭や社会において歓びを共有できる仲間を増やしたいと思うようになります。

夫や家族、また子供たちと共有できる自分の歓びがあると生きがいや、やりがいはさらに大きく変化します。

変化する事を受け入れる家族の互いの努力は、常に新しい家族が生まれるキッカケになり、他人を支える喜びが地域家族の輪となり広がります。

男性たちは、それまでに考えた事のない生きがいや歓びを得た女性たちから多くのことを学び、新しい喜びを見つけます。

互いを尊重し合う学び

然別湖温泉ホテル風水2005.11

🔴欠点を補い合う出会いと経験

人の出会いや出来事は、自らの成長の為の経験だと学んでいる人たちは、目の前で起きるトラブルやもめ事に振り回される事がありません。

互いに学びあう必要があるからこそ起きていることだからと、その人が気付くまでやさしく見守ります。

男女の争い、親子の争い、他人との争いは、自らの心の幼さだと学んでいるからこそ、一定の距離をおいて支えてくれる仲間が周りに居る事に深く感謝しあいます。

大切にする精神を学ぶ

大正生まれのお母さんから学ぶ

🔴自然分娩を広めるエンジェルネットワーク・ジャパン」をお母さんたちが設立

自然分娩を提唱する助産師の出会いから、子供がいる・いないに関わらず、孫世代の子供達の為に、苫小牧のお母さんたちが手を組み、「エンジェルネットワークジャパン」を2005年11月20日に設立。

同じ思いを大切にしたい北海道のお母さんたちが北海道内5箇所(札幌・苫小牧・浦川・女満別・北見)で支部組織を結成し、自然分娩のを伝える助産師の講演会と、親と子供の心の講演会を行いました。

自分の家族以外の若者たちが、自然分娩の素晴らしさに共感し、自然分娩で何名も出産しています。

母と子が輝くお産in釧路 2008.12.23

🔴先祖や先人・土地神に感謝する

自分たちの住む土地の歴史を学ぶことは、その土地に住んだ年長者の言葉を聞く機会を作り、次の世代へ受け継ぐべき精神を共有する事ができます。

土地の食べ物を美味しく安全に守る知恵や工夫は、命を守る為の大切な知恵として女性たちが守り継ぐべきものです。

また自分のルーツ正しく知る事は、ご先祖や年長者を大切にする心を学びますし、子供たちが受け継ぐべき大切な家族や地域の精神性の財産となります。

祈りは地域の子供達を一緒に育てる心を育む

苫小牧樽前山神事 2006.06

🔴他人のためは自分のため

一人でも一家族でも、何か起きた時には生きることすらできないと気づいた人たちは、周りの人の為にできる事をすることが自分の役割だと気づき、互いを強制しない範囲で、家族の境界線を越えて付き合う場ができます。

子供の相談にのる大人、大人の相談にのる仲間がいることで、自分一人で頑張ってきた生き方や価値観を見直し始めます。

互いの不足を補うために学び合う仲間が居てくれることの素晴らしさと感謝が溢れる経験をします。

共に支え合う仲間が見つかる

胎内記憶を持つ子供達

🔴愚痴を言わない大人たち

社会や周り人の批判をせず、影愚痴を一切、言わない大人たちが行動し続けると素敵な大人たちが集まります。

自分の喜びと他人の喜びを共有する大きな喜びを感じた人たちは、一人一人が自己責任で他人のしたいことを支えあう素敵な大人たちが集まりました。

その大人の輪には、子供たちも参加するようになり、男女や社会的立場を超えて、本音でお互いを大切にする地域の仲間のつながりが出来上がります。

輝いている大人たちは、誰もが夢を持っています。

自分の夢を叶える早道が、周りの人の夢を叶えることだと学んだからです。

苫小牧 地球交響曲上映会 2005.12

🔴2006年1月、女性の癒しと目覚めのために意識の高い女性セラピストたちを集めて「カラーフェスタ」を札幌市内で開催。23ブース出店。のべ500名のお客様が参加。3年間、毎年開催。

🔵2007年から苫小牧市では、三世代の他人同士がお互いを支えあう大切な「人の繋がり」が出来ています。

誰もが自己責任で、日本や地球の未来の為に今できることを実践している大人たちです。

新しく繋がった人たち同士で長老会や青年会も発足し、結婚式二回、お葬式一回も、多くのイベントも仲間達の手作りで行い、人の繋がりはさらに深くなっています。

2009年2月8日黄木家結婚式
2009年1月10日長老会発足
🔵2010年3月27日青年会発足

🔵自分の夢を叶えるために取り組んでいる人たち

・地域の「食の安全」を考えて自分の手で食べ物を作る人

・悩んでいる人に勇気を与える仕事を始めた人

・心身の健康に必要な実践方法を広める活動をしている人

・地域の人が集まりやすく自分の家を改修工事した人

・初めて逢う人の言葉に真剣に耳を傾けられる人

・地域の歴史や神仏を大切に学び子供達に教える人

・育った土地の歴史や住んだ人たちの思いを語れる人

・地域の為に自然エネルギーの活用や非常事態対応に家を改築する人

札幌ミッション 2006.12.01

2007年5月13日、北海道の苫小牧の地に、地域の大人のための新しく「さくらぎ笑楽好(=小学校)」が開校しました。地域の皆様のために、自分の家を大幅に改築して、心と体の健康を取り戻すためのすばらしい活動が本格的に始まったのです。

この学校の好調(=校長)である中泉好調は、小学校の教員生活の途中から自分の生き方を見つめ直し、大人たち変わらなければ子供は変われないと気付き、地域の人たちとすばらしい活動をなさっています。

ご本人が気付いたことは、まず、自分をまるごと認めることから始まることです。そして、それができたら、今、自分のできることから始めるという結論に至りました。私達大人は、もう社会に対して自分を語る立場にあると思います。

おもしろおかしく都合のいいことばかり書くマスコミとは違う、自分らしいありのままの本音の言葉で語る生き方をしなければ、あなたもそうであったように、子供達の誰もが、大人の言葉をを信じることはできないでしょう。

自分の心の内側にあるものが苦しい人は、必ず、誰かを非難したくなります。それは、自分を認めて欲しいという子供の頃からの願望からでてきています。

自分のすべてを認めることができた人は、一切、人を非難しません。相手の行動や意見も、人間全体の集合意識の不完全な心を自分も感じていることを知っているからです。

自分の心のなかでの対立が、人との対立を生み出します。

あなたのなかにあるものは、すべてが宇宙の一部であり、すべての人が持っているものだからです。だからもう、誰もあなたを責めることはしませんので、人を責めたり、自分を責めることをやめて下さい。

地球上には、自然界には、もともと、善悪も、神も悪魔もありませんでした。それを望んだのは、すべて、人間です。

この世の中に”絶対”がないように、私にも、あなたにも、”絶対”はありません。

すべてが、”相対”です。つまり、相手が、自分。自分が、相手だということです。だから自分を認めて欲しければ、まず、相手の全てを認めましょう。

自分を許して欲しければ、まず、相手の全てを許しましょう。それは、すべて自分のためであり、地球のためなのです。

この世の中には、勝者も、敗者もいません。それさえ、ある”いっとき”の経験でしかありません。

あなたがそのことを心の底から想い出すときを願っています。

🔴2019年3月にこの家は、地球創生 代表 天無神人が引き継ぎ、▶️「苫小牧オアシスハウス」として運営しています。

🔴スペース利用や陶板浴をご利用になりたい方は、こちらへ▶️メールで名前と連絡先をお知らせ下さい。スタッフが対応いたします。

苫小牧オアシスハウス 2019.03より
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。