屋敷祈り(土地建物の霊視・検分・浄化・お祓い)3時間以内

引っ越し・新居時の地鎮祭、円滑な不動産売買、土地や部屋のお祓い

土地や家は過去に住んだ人の思いが残っているからこそ、自分が住む家の「土地神」に対して正しいご挨拶をすると、人間関係や全ての運気が変わるからこそ、「屋敷祈り(土地祈り)」は、全国各地の皆さんのところへ実際に足を運んで、家や土地を霊視してお祓いと共に、改めて土地神と契約する祈りを行います。

🟣「屋敷祈り(土地祈り)」で運気が変わる!

一切の宗教・宗派・思想の違いに関係なく、「屋敷祈り」を行うと家の空気が軽くなり、様々なこともうまく流れますので、自宅やお店、会社の敷地などで「もめごとや災い」が起きたら、まず、ご依頼下さい。出来れば、年に一度は、ご自分で実施することをお勧めします。

🟣屋敷祈りの考え方

屋敷祈りの基本的な考え方を説明します。

屋敷祈りをする場合は、基本的に、家の名字を受け継ぐ家長(家族の長)や会社の社長が同席する必要があります。家長の代理の順番は、①お父さん ②長男 ③母親 ④娘という順番です。

※一人住まいの方でも、必ず、「屋敷祈り」は行ったほうが、家の中の運気は良くなりますのでお勧めします。

マンションでも一軒家でも、駐車場を含めた「敷地全てを祈る」と覚えておいて下さい。これは、借家の場合でも同じです。

🟣用意するもの

基本的には「あら塩(天日海塩)・土地神の水・土地のお酒」ですが、新築の場合や借家で新しい人生のスタートを切る時などは、土地の野菜や果物・魚や海藻などの海や山の恵みを供物としてお盆に載せて家の外へ並べて下さい。

🟣基本的な手順

🟡一番最初に、氏神様で「屋敷祈り」をする宣言と共に、住所・ご家族の名前・生年月日を神様の前で心の中で読み上げて「登録」いたします。

🟡自宅に戻り、道路から運気や人の「ご縁」が入りますので、出入りする場所が「門」だと考えて塩・水・酒・供物を台に載せて置きます。心から土地神様にお詫びの土下座をしたほうがいいと思う場合は、地面に置いても結構です。

🟡最初に、土地神に「屋敷祈り」をする事を心の中で宣言したら、時計回りで順番に、塩・水・酒を撒く作業を続けます。※入り口の門を含め6箇所

※角は、魔や邪気が集まり易いので、「光の供物」で魔を払う目的で行います。

下の写真をクリックして、実際の祈りをご覧下さい。

🟡屋敷の土地をぐるりと時計回りで回ったあと、入り口に正座し、土地や建物の下にいる神様に感謝の祈りを唱えて下さい。※お勧めは、「土下座」

※借家でも、自分所有であっても、私たち人間は土地を所有できない事が理解できたら「今年もこの土地を使わせて頂けることに感謝いたします」と唱えて、心からの祈りを行って下さい。

🟡土地神の許可を頂く祈りが終わったら次に、玄関でもう一度、祈ってから、屋敷(建物)の中に入り、神仏を祀っている場所へ塩水酒を置いて、「この建物と空間を使わせて頂きます事に感謝いたします」と唱えます。

※常に、行動する順番は神役目の家長が一番最初ですので、家族はその後に続いて頭を下げるようにして下さい。

全ての「屋敷祈り」が終わったら、一番近い神社(氏神様)にも、ご報告に行きましょう。いつも、この土地を守ってくれている氏神様には、月に一度は、お礼に行きたいものです。

自分でやっても改善が無い場合などは、「土地の相談・お祓い」を天無神人(アマミカムイ)にお申込み下さい。

🔴基本料金220,000円(税込) ▶️お申し込みはこちらです。

※移動にかかる経費は「実費払い」でお願いします。

▶️お祓いに効果的な「高波動 天日海塩」は、地球創生WEBSHOPで販売しております。

※なお、いかなる理由がありましても、セッション終了後のご返金は致しかねますことをご了承下さい。

◉お問い合わせ 地球創生事務局 初野
oasisinfo@earthtscu.jp  050-5319-6707

 

タイトルとURLをコピーしました