<新しい世界>

    1998年に「地球を救います!」と宣言したあと、三年修行の最後に「無の世界・解脱」して、戻ってきました。

2002年2月22日に、「地球創生1000年プロジェクト」の啓示が降りて、本気でやることを決めたあと、「私は何があっても頑張りますが、この活動を本気でやると地球の未来はどうなるのですか?」と天に質問したあと、降りてきたメッセージが「新しい世界」なのです。

どうぞ、YOUTUBEや絵本でご覧下さい。

▶️絵本で「新しい世界」をゆっくり読みたい方は、こちらのWEBSHOPからご購入をお願いします。

心の扉

さあ、ここで今までの自分を捨てて、新たなる自分を創造してみてください。

私は、本当はどうしたいのでしょうか?

人に幸せになってほしい × 1億人 ・・・

それは、自分が幸せになることなのです。

では、私の幸せとは何でしょうか?

人に喜んでもらえること、それで生活できること、

それでやりたいことができることです。

私は、他人にとって不都合な点がありますが、それは良くないことでしょうか?

そうとも言えないと思っています。

ただ、自分を許せない分だけ、辛いことがあります。

   は 、 横 棒 一 本 !

どこで、線を引くかだけなのです。

どこを、境界にするかだけなのです。

内面と外面、人の為と自分の為、正しいと間違い、

やりたいこととやりたくないこと、できるとできない、

うれしいと苦しい、喜びと悲しみ、愛と真、

現実と未来、過去と今、そして、今のあなたと、なりたいあなたです。

どうぞ、すべての横棒を、あなたのなかで書き換えて下さい。

 

新しい世界

私がこれから出会う世界や人々は、誰も何かを批判しない人々です。

誰も人を裁かないし、誰も人を裁けない時代です。

どんなことも許せる人々です。

 

「許す」という言葉さえ死語になるくらい、あらゆるものが存在している世界です。

誰も何かで、くくることができないくらい、大きな大きな想念の現実世界です。

 

そこにいる人は、すべての人がやりたいことをやっています。

そして、誰かがやろうとしたことをやめたり、変えたり、戻ったりしても、誰も、とがめないのです。

周りの人はいつも、そういう人を見ると、あー、今はそうしたいんだなあと、ただ眺めているだけで

何も言いません。

 

誰かが、他の人を苦しめていても、誰もその人をとがめたり止めたりしません

誰かが泣いていたとしても、ただじっと見つめています。

 

苦しんだり、もがいたりした人が、誰かに何かを求めたときだけ、周りの人は答えてくれます。さとすように、気づくように・・・

だって・・・・、それは、あなたが選んでやったことなのでしょう?

だから、それはあなたがしたかったことの一部なんですよと。

 

それがよくわかったら、次のしたいことをしてくださいね。

私もそうしますから・・・・。

 

法律もありません。

だって、罪と罰がないのですから。

警察や自衛隊もいません。

だって、捕まえる人がいないのです。  

 

戦いが好きな人は、決められたエリアの中で遊んでいます。

参加は自由です。

 

お金を儲けることに、必死になる人が減りました。

みんなが、満足しているからです。

人の欲で商売をすることが、できなくなったからです。

でも、流行っているお店もあります。

そこに行くと、どんどん自分が幸せになるからです。

そういうお店が流行って流行って、全国にたくさんできました。

すると、ある日から突然、お客さんがこなくなってしまいました。

だって、みんながあまりに幸せがあふれたので、誰かに分けてあげたくなったからです。

 

病人は本当に減りましたが、少しだけいる病人や、ケガをした人をお見舞いに行く人たちが増えています。

生き方を迷っている人の話を、聞いてあげる人が増えています。

「死」を受け入れるための、お手伝いをする人が増えてきました。

みんなが今、何が不足しているかを、全員知っています。

そして、自分の出来ることを、毎日しています。

 

野菜や果物を作る人、山に木を植えている人、お水を汚さないように工夫している人、自然の恵みをエネルギーに変える人、子供を産む人、学校を作る人・・・・・・・。

 時々、激しく荒々しく暴れたい気分になった自分が出てきた時には、同じような人を見つけてケンカをしたり、言い争ったり、暴力をふるいあったりしてみます。

でも、ひととおりその感情を経験すると、またいつもの静寂な自然な自分に戻っていきます。

(その場所は、「あらあらワールド」と呼ばれています。)

 

病院や薬屋さんは、めっきり減りました。

訪れる人が、ほとんどいないからです。

長く生きたいと願う人が、減ったんです。

だって、毎日がとても幸せなんですもん。

 

 与えられた命と肉体は、喜びを素直に感じ、全てを楽しむのが人間の本当の役割だと気づいたからです。

だから、死も楽しむんです。

最後の楽しみ「極楽」への道だからです。    

 

みんなが共通の魂の記憶を、ちゃんと持っています。

もともとはひとつで、家族で、兄弟で、自分の一部であることを知っています。

だから、すべてを楽しんでいます。

やりたい人がそうしているのだと、知っているからです。

 

「許す」という言葉は、今はありません。

「愛」は、空気のようにいつも存在していて、さわやかな愛やしっとりした愛や、冷たい愛をいつも

自分で演出して楽しみます。

 

子供は、望む人に与えられます。

子供を育てるのは、育てたい人がやります。  

子供が出来ると、与えるのが好きな人が、集まってくるんです。

だから、みんなで育てます。

 

誰も、偉くありません。

みんなが先生で、みんなが生徒だと知っているからです。

真理を求めたり、地獄を説いたり、宗教を教えるところは、

「地獄ワールド」と呼ばれています。

本当は、何も学ぶ必要は無いと、知っているからです。

すべては、感じるだけでよいことを知っているからです。

 

肉体の成長は、ゆっくりになってきます。

それに合わせて、長く生きるようになります。

100歳から200歳は、普通です。

1000歳は、昔は「仙人」と呼ばれていたのよと笑われてしまいます。

 

たくさんの人が、いなくなります。

必要なところに、必要な人数が生まれて育つからです。

みんなが最高に満足した村には、子供は生まれません。

最後の一人が死んだとき、その村は自然に還るからです。

人間の輪廻が終わった人は、自然の一部として、生まれるところを選べます。

 

山や、海や、大地にも、そして、木や、魚や、ミミズになって、何かの役に立つことを喜びとして生まれてきます。

そして、自然があふれてあふれてきた地球は、ありあまる酸素や、光や、喜びを、宇宙へ放出します。

太陽系の惑星は、地球の成長と共に成長しています。

地球の成長は、宇宙の大切な愛のエネルギーとして広がっていきます。

そして、ゆっくり宇宙には、愛が、みち溢れていきます。

 

愛の膨張は、いずれまた、大きな分裂の時期を迎えてひとつひとつが、もとの愛の大きさになるまで繰り返されます。

無限に繰り返される愛の分裂は、創造主をも驚かす喜びとなって拡大し、いずれ創造のエネルギーすらいらない無限拡大?というか、大きな大きな自然エネルギー体となって、「無」、つまり、「すべて」になっていきます。

 

それは、何億万回も繰り返されてきた宇宙の歴史であって、それが繰り返される最大の要因は、何億万分の1というごくごく小さい「不完全」なものがあるからなのです。

 

宇宙の、すべてのエネルギーは、その愛に少しだけ欠けた何億万分の1の「不完全さ」から出ているのです。

それを持って、知って、生まれた人間は、全体のスピードコントローラーの役目なのです。

 だから、どうぞ、自分の「不完全さ」を大切にしながら生きてください。

愛と感謝の存在の証である、あなたに贈ります。