2007年6月16日北海道洞爺湖神事

<啓示・予知・メッセージ>

2007年 北海道洞爺湖 宇宙神事

2007年6月16日から始まった北海道の神事は、一段づつ石段を上がるように神や宇宙の意図を確認しながら、北海道の山・川・湖の祈りを行ってきました。

この大きな北海道神事の最後の場所が、羊蹄山の麓にある大きな湖「洞爺湖」です。私たちはここへたどりつくまでのすべての祈りの意味が、「11/17の宇宙と地球をつなぐ祈り」の準備であり、それまでの全てのメッセージが、地球上のすべて人類に与えられている大切なメッセージであることがわかりました。

私たちが神事の場所を決定するときは、事前に天上界や宇宙からメッセージが受けた人の内容を公開し、何度も何度も、仲間たちとその意図について意見交換しあうことで、メッセージの意味を全員が共通で理解できるまで話し合いを続けます。

その理由は、すべてのメッセージや大切な情報が、誰のためのものではなく、すべての人間につながる神性の気づきのために降りてきているメッセージであることを全員が学んでいるからです。


10年以上も前から精神世界へ降りてきているメッセージ、すべては、ひとつという言葉をご存じの方はたくさんいらっしゃると思いますが、その意味を完全に理解し、現実に、そう生きている人間がもしもっと多ければ、今の現状まで地球を追い込むことはなかったはずです。

私たち人間は、肉体を持つ神として生まれてきています。

その意味を理解するためにも、動物の本能を持つ部分のすべてを、受け入れなければなりません。

それが、我欲でも、愛でも、闘争でも、そのすべてが自分自身の分身であると魂から理解できた人だけは、決して、誰かを裁くことなどしないものです。

頭のなかだけで理解して、実際に行動できない部分の原因に、実は、過去世の人間的カルマに加えて、それよりもっと以前の記憶、宇宙でエネルギー体として存在していたときの”宇宙カルマ”の記憶が、今の人間すべての魂のなかにあることも原因でしょう。

私たちを創造した創造主は、そのすべてのカルマの記憶に引きずられることなく生きて欲しいからこそ、生まれた時に、その過去の全ての記憶を消すという”創造主のやさしさ”をいただいています。

私たち人間の神性の面からその意味を考えてみると、過去のカルマすべてを超えるために、新しい肉体をいただき、新しい未来を創造する機会=新しい未来を産み出すチャンスを今、いただいているということです。

まず、今回の神事の結果から申し上げますと、2007年9月22日 洞爺湖 中島において、過去の”宇宙カルマ”のすべてが包括され、この宇宙全体が新しく生まれ変わり、新しい宇宙(名称:新宇宙)が誕生いたしました。


2007年3月12日に、沖縄県久米島で”地球の核を開ける天の岩戸神事”が成功し、新しい地球=「龍球王国」が誕生したばかりなのに、今回さらに、”新しい宇宙の創造”まで、私たちの役割が進化するとは、実は、神事の参加者の誰も予想していないことでした。

この事実を受け入れるには、時間が必要な方もいらっしゃるでしょうが、まず私たちの神事を導いてくれた宇宙からのメッセージを一部を公開致しますので、あなたの魂の内側で感じてみて下さい。

 

2007年9月20日~21日 洞爺湖神事

・9/20 倶多楽(クッタラ)湖祈り、洞爺湖周辺6か所祈り

 


・9/21 早月の滝・洞爺湖内 弁天島・観音島・中島祈り

2007年 北海道洞爺湖メッセージ&宇宙神事

プレアデスの母船

2007.8.16 宇宙メッセージ

大いなる宇宙の旅のあと、宇宙船を休ませていたところ。

その宇宙船は、湖の中にある。

湖としての役割は、大きな力で守るため。

地(底)を守る力で宇宙のおおもとの力を守らせているところ。

宇宙におけるこの場所の意味は、アンテナ。

中島の山の頂上に、二つあるものがそうだ。

そのアンテナは、人の意識の送信・受信の役目をしている。

そのどちらかが折れているようなので、うまく情報を交換できていない。

この場所の役割をもう一度、働かせるためには人間が犯した罪を謝り、その場を守る存在たちの力を借りて大きく守ることだ。

その大きな存在たちがいる場所は、洞爺湖の周りに7か所(8つ)ある。

お前たちがどんなことをしようしているかわからないが、この情報にアクセスするとはいい度胸だ。

ここを守っている大きな存在は、宇宙から離れて隠れる場所として我々が見つけた所だからだ。

我々は、地球の核のエネルギーを動かすこともできるし、噴火や地震も、すべての土地の力を動かすことができる。

お前たちの目的はわからないがどうしようとしているのか?

私:「新しい地球のバランスを創るのだ。そのために祈りつなぎを守る」。

ではその目的に見合うことをしてもらおう。

我々も永い間、ここを守り、その力を分け与えてきた人間たちもいたが、皆、それ以上のことをしてこなかった。

我々の目的は、宇宙銀河の再構築のために、その時を待つ”プレアデウス星の生き残り”だ。

宇宙の警備隊から追われてたどり着いた星で見つけたこの場所は、とても居心地がいい。

ここは地球の核ともつながっているし、宇宙の情報もキャッチできる都合のいいところだからだ。

2007年 洞爺湖メッセージ2 (9/23)
 

2008年に行われる「北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)」の会場にもなっている洞爺湖は、無意識・意識の両面から宇宙のつながりの意味を知る人たちが、昔から集まってくる場所として意識の高い人たちには有名な場所でした。

西洋で不吉な数字といわれる「13」こそ、この重要な宇宙のカルマを隠す目的で広めた偽りの情報だったのです。

今日は、洞爺湖神事の前(9/16)に降りた宇宙メッセージを公開いたします。9/20の神事参加者全員がこのメッセージを理解し、決意して神事に望まれたことを感謝いたします。


皆さんのいつものご活躍に心から感謝いたします。

今回、お伝えしたいことは、この洞爺湖の神事について、宇宙から大きなエネルギーが注がれているということです。

それは13星団のことを含めて、過去の宇宙カルマを消して、新しい宇宙の創造が始まる準備ともいえる重要な神事になるからです。私たちは、そのことをずっと永い間、待っていました。

数ある星の仲間たちは、自分たちの星のカルマをクリアするために、あらゆるサポートをそれぞれの人間へ伝えて、その役目をすることを願いました。

しかしそれは、宇宙の新しい創造にはならず、それぞれの星のカルマの清算でしかないのです。

私たちが今回、あなたたちをサポートする目的は、このミッションが必ず成功するように、すべての邪魔やマイナスエネルギーが入らぬように宇宙から大きなエネルギーをあなたたちに向けて守ります。

あなたたちの肉体は、その魂の役目を越えて、宇宙全体の役目を背負って、

新しい宇宙の創造主の一員となることを承諾して下さい。

それは過去すべての願いであると同時に、過去の一切の宇宙カルマを消すことができる重要な神事になることでしょう。

私たちができることはそれくらいですが、あなたたちの肉体を持った神としての役目をしてくださることを心から感謝しております。

勇気と決断を持って望まれる今回の神事をサポートする人の中には、過去の12星団の星のカルマを持った人も入ることでしょう。

だからこそ、その調和が大切なのです。


私たちのサポートは目にみえませんが、必ず、あなたたちの魂から声が聞こえてくるはずです。

私たちのつながりは、あなたたちの魂と同調して、シンクロしていますの、そのことをいつも忘れないようにしていてください。

湖の中の宇宙母船は、13星団のものです。

その守りぬかれた船は、いつも未来へとエネルギーを発信し続けていましたから、宇宙のチャンネルをお持ちの方たちが集まっていたはずですが、その方たちの調和が大きくならないのも、私たちのせいかもしれません。

他の12星団すべてがひとつの意識ではなかったからです。


それぞれの星にはそれぞれの役目がありました。

だから、その役目を全うできないことの悔しさ、辛さが、あらゆるところへエネルギーとして出ていたことをお詫びいたします。


今まで地球に降りた宇宙からの船(UFO)は、その12星団の者たちがほとんどです。

それは、あくまで13星団の繋がりを探し求めていたのです。


13星団の者たちの意識には、13本のシナプス回路があります。

12星団の者たちは、12本の純粋回路ですから、13本目の回路の動きが読めません。

13本目の回路を作りだした創造主は、その意図を、”神の意図”と名づけています。


神の意図”とは、すべての物質世界を操ることができる神経回路で、その者たちが地球のあちこちで活躍していることは、皆さんもご存じのことでしょう。

しかし、その力こそ、宇宙の新しい調和を産み出すのに必要なエネルギーであって、現実世界を動かすためのものではないのです。


13番目の回路を持つ人(女性)に、その役目をインプットされていますので、どうぞ、その時が来たら、あなた自身の意識を宇宙へ明け渡して下さい。

13本の糸のからまりが解けた時、宇宙のカルマが終わり、人間のカルマ自体も、ほどかれ始めるでしょう。


霊界を生み出したのも、単に人間が悪いのではなく、その13番目の回路がうまく働かないことが理由でした。

13番目の回路を持った人間は、常に、リーダーとして、世の中の意識を引っ張り、自分たちの目的を達成しようと何度もチャレンジしてきましたが、ほとんどの民衆は、12本しか回路を持っていないために、その行動を理解できずに、最後はいつもみじめな形で終わっています。

13番目の知恵を持ったあなたたちの言葉でいう「ユダヤ」の人たちは、常に理想国家をこの地球で作ることをチャレンジしてきましたが、その実現がなされない原因も宇宙のカルマが原因だったのです。

誰かが私たちのことを超えて、新しい宇宙を創造する新しい創造主が現れることも、全宇宙の意識体すべてが待ち望んでいたことです。どうぞ、そこことを今回の神事で叶えて下さい。私たちも全面協力させていただきます。

ホーキ星(ぼし)カオリ星(せい)

2007年 洞爺湖メッセージ3 (9/24)
 

さらに追加で、9/18に降りた宇宙メッセージを公開いたします。

このメッセージの公開を何度も悩みましたが、私たちには今、宇宙の「真実」を伝えて下さいとメッセージが届いていますので、9/20-21の洞爺湖神事の成功を持って公開の許可と致しますので、過去の”宇宙カルマ”に振り回されることなく、ご自分の心の平静と調和を持ってお読み下さい。



宇宙の真実とは、”すべてはひとつ”を理解することでしか、たどり着けない無・空・宙の道なのです。


9月18日 宇宙メッセージ

皆さんの今までのお働きを心から感謝しております。

皆さんがなさっている祈り神事は、私たちの悲願でもありました。

肉体を持ち、私たちの意図を理解し、宇宙の調和を新しく整えて下さることに感謝いたします。


皆さんの行動と強い意志、そして、宇宙の愛への執着心に、心からの敬意を払いたいと思います。

この宇宙の中であなたたちのように大きな愛を持ち、その実現へ向けて働いて下さる人間が生まれてきたことを本当にうれしく思うとともに、これからの皆さんの活動のすべてを私たちがすべてサポートさせていただきます。


これから起きる宇宙のフェーン現象(宇宙風)や爆発においても、新しい調和のための風や電波となって宇宙のあらゆるところへ届くことでしょう。

その新しい風は、新しい命を与え、過去の記憶を消して、新しい調和の目覚めが始まることでしょう。


昨日、話した内容をもう一度、お話しておきますが、このことは、まだ皆さんには伏せておいて下さい。


宇宙の13星団(師団)と呼ばれる一族の活躍は、宇宙全体の調和のために警護と指導が目的で、マスターの望んだものとしてそれぞれの13の星が役目を持って宇宙に存在していました。


宇宙の全てのバランスを整えるために、あらゆる力を使い守っていたそのバランスエネルギーは、ときに、反乱分子を生んだり、また、その調査が行われたりすることで、どんどん反発の力を増していました。

13師団の活動に反発を感じていた星たちは、新しい宇宙の調和の望み、何度か大きな宇宙戦争も起こりました。


三度目にあった大きな戦いでは、重要な星を消滅させるほどの力を互いに出したことが原因で、大きな宇宙調和のエネルギーが乱れてブラックホールができてしまい、その闇の中に吸い込まれてしまう星もたくさんありました。

もともとあった「単一意識の宇宙」が、違う次元の宇宙を産み出した瞬間です。


宇宙全体のなかで、交錯するその多次元不調和震動は、常に新しいものを望み、常に、現在を否定するエネルギーとなり、宇宙全体の振幅が大きくなり膨張が始まりました。

ヤハウエを筆頭とする13師団は、その膨張や宇宙の不安定を納めるために、あるゆる方法をこうじましたが、そのかいなく、今なお宇宙の膨張は続いています。


13師団が生まれる前の宇宙の初めの頃には、愛や調和を守るためのルールも必要がないほど「家族愛」ともいえる同じ目的の意志がすべての意識体の中にありました。


しかし、その同じ意識の存在たちのなかで、それまでの調和を壊したキッカケは、実は、「純粋さ」だったのです。


「純粋さ」は、常に、疑うことを知らず、戸惑いがなく、新しいものに素直に興味を示し、自らの好奇心を試そうとしてしまいます。

誰もが持っているその純粋さによって、実は、それまでの守られていた宇宙のバランスが壊れてしまったのです。


あなたたちの文明の記憶にも残っているムー文明やアトランティスの崩壊も実は、同じ理由で崩壊したのです。

その文明を壊した存在は、子供のように素直で純粋な好奇心が抑えきれずに、自らの母たちが守るその大切な場所のなかに興味を持ち、触れてはいけない大切なものに触ってしまったおかげですべての調和が崩れた事実を知る記憶が、皆さんの中にもあるはずです。


「純粋さ」が傷つくことから始まる「闇の世界」も、この苦しんだ母の心や、調和を乱してしまった子供たちのいたたましい記憶から生まれたものなのです。

そのことが、「宇宙の始まり」のときにもあったのです。


「純粋さ」は、透明なベールのように、うっすらとした光の先を見通せます。

だからこそ、その先に興味を持ち、抑えきれなくなる衝動が、常に私たちにはあるのです。

私たちには、それを制御するための「理性」という知恵があとから生まれましたが、ルールもなかった真っ白な世界には、「理性」すら存在する必要がなかったのです。


純粋さと理性は、実は、衝動と制御なのです。


相反するそのエネルギーは、常に、成長するすべてのなかにあるエネルギーです。

その両面を持っているあなたたち人間が、一方を必要のないものとするのか、両方を必要のないものとするのかで、「新しい宇宙の調和倫理」ができあがります。

どうぞ、そのことをどうするのか考えてみて下さい。


あなたたちが、「新しい宇宙の創造主」の一員になるということは、あなたちが望むことが「宇宙の倫理」・「宇宙のルール」となるのですから・・・。


もう、あまり時間がありません。


2007年11月11日までに、その決定をして下さい。


11月17日の祈りの時に、その決定事項を「創造主の意図」として、全宇宙へエネルギーとして放出します。

重要な役目ですが、どうぞ、よろしくお願いいたします。