1. HOME
  2. ブログ
  3. 1996年〜マーゴ・VIP・オリンピック〜2014年
  4. 葉加瀬太郎のストラドバリウスは私が貸したのに返してくれません!

葉加瀬太郎のストラドバリウスは私が貸したのに返してくれません!

30年前、国の仕事で世界を飛び回っていた時、世界中のお金を電話1本で全て動かせる女性に会いました。

ご主人がイギリスの「▶️イングランド銀行」を持っている人で、奥様は、アメリカの▶️「モルガン・スタンレー銀行」を持っている一族だったので、結婚することで「世界の金融の安定」を図ったそうです。

その女性に出会ったのは、マライヤキャリアーが主催してくれたニューヨークのBLUENOTEの3階を借り切って行われた「アメリカのVIPパーティの場」で500名以上が集まりました。

「アメリカのVIP」になるには、一定の資格をクリアして、年間1億円を毎年、払えばなれますが、「イギリスのVIP」は、その上のランクなので、自分がいくら望んでもなることはできませんし、メンバーが誰なのかは誰にも知らされません。

 

「アメリカVIPパーティ」にひょっこり現れた「イギリスVIPのトップの女性」は、「あなたをイギリスに連れて行きたい!」と言い出し、豪華なプライベートジェット機でイギリスに一緒に行き、ベルサイユ宮殿で豪華な食事会に参加しました。

そこに来ていたのは、イギリス女王陛下とご家族、フランス国王と首相のご家族、それに近隣諸国の侯爵、伯爵、子爵、男爵が順番に並び、私を「サー」と呼び、挨拶されました。

 

私を「サー」と呼ぶ意味を聞いてみると、

「あなたはイギシスとフランスの全ての領土を持っている吉岡一門の最後の頭領だから、私もあなたを「サー・吉岡」と呼ぶわね!

それと昨年、私の夫が死んだので、最高ランクの「公爵」が不在だから、あなたを「公爵」に任命します。今、弁護士を呼ぶからサインサインしてね!

 

「吉岡一族の頭領」は、日本全国の土地も山も国立公園も国定公園も持っているし、第一次大戦までに勝った土地(中国、ロシア、ヨーロッパ)の全て土地を持っているし、イギリスとフランスがお金を出してアメリカ大陸を見つけたので、アメリカもあなたのものなのね。

でも、どうして、タダで土地を貸すのかわからないわ、教えて!

 

私の吉岡一族のルーツは、日本の天皇家よりも古い先住民をまとめた「鹿児島の薩摩隼斗」がルーツだし、九州にいた「卑弥呼」がお母さんなので、戦いを望まない一族だからこそ、二人の子供の「神武天皇」を百済族にあげて、種を入れて、天皇家を裏から守る役目を選んだそうです。

だから、最初の男の子を産んだ女性器の意味」の天皇家の菊花紋は、内陰唇と外陰唇の意味の「三十二菊花紋」でしたが、後から日本に入った百済族は、後ろにあるお尻の穴の意味の「十六菊花紋」しか使えないのです。

三十二菊花紋・南朝

 

十六菊花紋・北朝

 

・・・・・

いろんな話をしていると食事をしている奥から綺麗な音楽が聞こえてきて、大きなオーケストラの指揮をしているのは「小澤征爾さん」だとわかり、直接、お話をさせてもらいました。

すると、「イギリスVIPおばちゃん」が「あなたに貸しているストラドバリウスを持ってきなさい。」と小澤征爾さんに言い、そのストラドバリウスを私にあげるというのです。

小澤征爾さんはショックで泣き出すし、私は困惑しましたが、「イギリスVIPおばちゃん」はこう言いました。

 

確か、だいぶ前に、あなたのお父さんの成人祝いで1本、ストラドバイリウスをプレゼントしたんだげど、大事にしてるかな?

 

確かに、家の2階に、自分で作った木の箱の中にヴァイオリンがあったけど、あれがストラドバリウスだったんですね。

知りませんでしたし、大事にしてないのでごめんなさい。

 

あのね、最初にストラドバリウスが作ったバイオリンは3本なの。

それを全部、1本100億円で買い取ったので、そのうちの1本をあなたのお父さんにあげたので、これを日本で持って帰ってあなたも練習してね。

もし、自分でヴァイオリンを弾く時間がないなら有名な音楽家に貸してあげれば喜ぶわよ!

売れば、数十億円にはなると思うけど、貸せば、1回1億円は取れるから、それがいいわよ!

・・・・・・・・・

そんなこんなで、ストラドバリウスを抱えて日本に戻ってテレビをみると、葉加瀬太郎さんが演奏していたので、大好きな「エトピリカ」に聴き惚れました。

葉加瀬太郎さんも有名な人だったので、自分でコンタクトは取れないからと、官僚の仲間に事務所を調べてもらい、喫茶店でストラドバリウスを貸してあげる約束で渡しました。

これは外で鳴らした方がいい音が出るので、あの公園で弾きましょうと、私の目の前で大好きな「エトピリカ」を引いてくれました。

・・・・・・

あとでご本人が電話をくれると、「妻の高田万由子に見せた途端、取られた!」と泣いていましたし、メンテナンスが必要だから私はイギリスに住むので、あなたは来てもこなくてもいいと言われたと電話で泣いていました。

葉加瀬太郎・高田万由子

女って、どうして男の物をうっぱらたり、奪ったりするのかわかりませんが、私の妻も母もそうだったので、男は辛いと思いました。

 

このことを思い出したので、今だに、貸したお金を払っていない「高田万由子さん」に誰か伝えて下さい。

ストラドバリウスを1回借りると、1億円だそうなので、高田万由子さんに伝えてお金を引き出してくれた人には、1割の謝礼をお渡しします。

30年間✖️1億円✖️コンサート回数と計算するそうなので、謝礼も大きいと思うので、「私のストラドバリウス」を戻してくれた人には、1%の謝礼金をお渡しします。

連絡先は、地球創生スタッフ初野へ oasisinfo@earthtscu.jp

 

 

 

 

アーカイブ