ダイエー元会長中内功 83歳で死去

初めて社会人になった会社の神戸で行われた大学卒だけの全国入社式に参加したときに、神戸ワールド記念館で初めて、直接、中内さんにお会いしました。

会場の席から小さく見えていた中内氏と、挨拶の最後に、全員と握手するために、階段に並んで待っていたときに見えていた中内氏のオーラのちがいは、今でも、はっきり覚えています。

あのとき私は、初めて、人のオーラに押しつぶされそうになる自分を感じながら、一歩一歩、壇上にあがる道のりを、身体全体で感じていました。

壇上に上がって、あと2人で自分の番というときには、もう、目の前がクラクラするくらいに、中内さんの周りが光に覆われていて、目の前の中内さんの姿が見えなくなるほど、強い光を放っていました。

真正面に向き合い、握手して、「ありがとうございます」とお礼を言うのが精一杯で、目の前に見えている小さな巨人は、私のすべてを飲み込んでいました。

ダイエーの歴史の中で、一番苦しい時期に入社して、再起して成長した14年間の経験は、私の人生の大きな自信の柱のひとつにもなっています。

この小さな巨人は、マスコミから、ことあるごとに、賞賛と非難の繰り返しでしたが、一歩も自分の道を譲らない彼の姿勢のことを、先輩たちは、「誰も彼の首に、鈴を付けられない」と表現していました。

世の中のほとんどのスーパースターには、必ずブレーンが付いていますが、中内さんのブレーンでさえ、一番、言わなければいけないことを言えなかったために、最後は、自分の道を方向転換することが、一番苦しい決断だったと言えます。

ダイエーグループの年間売上5兆円という数字は、1店舗の小さなスーパーから始まった企業の大躍進におよばず、社会的に影響を与えた大きさのひとつの表れです。

たとえば、今、みなさんがスーパーで使っているセルフかご」を日本で最初に導入したのが、実は、中内さんだということも知らない方がほとんどだと思います。

価格破壊・常識破壊をスローガンに、戦い続けてきた戦争体験者の壮絶な死は、大きな時代の価値観の変化と、これから消費者の意識が何を望んでいくかという、新しい選択の時代に入ったことを示していると思います。

私たちが望んで生み出した、大量消費・大量廃棄の責任は、企業が取るべき責任と、消費者のとるべき責任があると、私は、感じています。

すべては、自分の意識で、大きな会社をつぶしたり、成長させたりしてしてしまう「消費」という多きエネルギーは、これからどこへ、また、何のために向かうのでしょう。

20世紀の偉人のひとりが人生の幕を下ろしたことに心から感謝するとと共に、みなさんの新しい未来の希望にも、こころから感謝したいと思います。ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました