御霊上げは ゴミ拾い!!

●未来からのメッセージ

11/12は、風が強かったので一日ゆっくり海を見て過ごしてから、午後、ピカピカの太陽が美しい渡口の浜の海に足をつかって、全員が子供心に返りました。

そしてふと、あの白龍の写真を写した 木泊部落 があった浜にいってみたくなってので、龍神ツアーの皆さんをお連れしました。浜に着いてまず驚いたのは、浜のゴミの多さと、この浜にいる霊たちの悲しんだ声です。

海に向かって瞑想をしながら何ができるか考えてしました。みなさんも一人一人、それぞれがこの浜の悲しみを感じているようでした。この木泊部落があった浜は、「星の砂」が拾える場所なんです!

みなさんにそのことを教えてあげると、それぞれが砂とにらめっこしなが、星の砂を見つけて大切に拾って帰りました。

今の自分にできること・・・・、ずっとそのことを考えていると、私は、自然に、ゴミを拾いはじめったくなりました。
心の中で「ありがとうございます。すべての御霊の御上がりますことを感謝いたします」と唱え続けながら、ひとつひとつのゴミを拾わせていただきました。

するといつのまにか、全員の人が何も言わないのに、自然にゴミを拾い始めてくれていました。

用意したゴミ袋がなかったのであまり多くは拾えませんでしたが、そのゴミを拾えてことで、少しだけ霊たちの悲しみが癒えたようです。

”ありがとうございます。”ゴミを拾わせていただいた全員が、同じ気持ちを感じていたようです。

夜、久しぶりに知り合いと話をしていて、今日、にあの浜へお客さんをお連れしてゴミの多さに驚いたと言っていました。

神さまのことを大切にしている島の皆様一人一人の生活のなかの、ほんのひとにぎりの方の心ない行動が、観光客や子供たちへ何を伝えていくのでしょうか?

私たち龍神ツアーは、この島へ来るたびに、あちこちのゴミを拾わせていただいていますが、今回は、本当に未来を守り創る大切さな子供たちへ、何を伝えるべきか、ひとつだけわかった気がしています。

心のなかで理由のわからない悲しみを感じながら、明日からの祈り場所が見えてきました。明日は、来間島の神さまにご挨拶にいくことにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました